リテールAI技術で⽇本の流通⼩売業界に⾰命を起こす︕ 店舗、メーカー、卸、物流の垣根を超えた業界初のハイブリッドプロジェクト 『リテールAIプラットフォームプロジェクト』発⾜

サントリー、トライアル、⽇本アクセス、⽇本ハム、フクシマガリレイ、ムロオ

この度、株式会社トライアルカンパニー(本社︓福岡県福岡市、代表取締役︓⽯橋 亮太 以下、トライアル)、サントリー酒類株式会社(本社︓東京都港区、代表取締役社⻑︓⼩島 孝 以下、サントリー)、株式会社⽇本アクセス(本社︓東京都品川区、代表取締役社⻑︓佐々⽊ 淳⼀ 以下、⽇本アクセス)、⽇本ハム株式会社(本社︓⼤阪市北区、代表取締役社⻑︓畑 佳秀 以下、⽇本ハム)、フクシマガリレイ株式会社(本社︓⼤阪府⼤阪市、代表取締役社⻑︓福島 裕 以下、フクシマガリレイ)、株式会社ムロオ(本社︓広島県呉市中央、代表取締役社⻑︓⼭下 俊⼀郎 以下、ムロオ)の6 社(順不同)は、⽇本におけるリテールAI技術の推進に向けた取り組みとして、共同で『リテールAI プラットフォームプロジェクト』を11⽉22⽇に発⾜いたします。
近年、⽇本国内では、少⼦⾼齢化による労働⼈⼝の減少により、多くの企業が⼈⼿不⾜や採⽤難といった社会課題を抱えています。また、⽣活者のライフスタイルも多忙になった現代は、IoT技術によって普及したスマートライフに注⽬が集まっています。

その中で、⼩売の現場においては、世界的に最先端の IT・AI 技術を導⼊する“リテールテック”が注⽬されており、店舗のマネジメントや、商品・サービスのマーケティング分野、物流などへAI 技術を活⽤することによって、リテール分野における「第四次産業⾰命」の価値創造が可能になると⾔われています。

本プロジェクトは、既存の⼩売から脱却することで⽇本が抱える社会課題の解決し、リテールAI 技術を推進させることで、世界に通⽤するスマートストアを⽇本の当たり前の⽂化として浸透させていくことを⽬的としています。

⽶国では、リテールAI技術が発展し、⼤きな話題を呼びました。⽇本での流通⼩売業界の新しい価値創出においても、リテールAI技術の成熟が必要不可⽋となっています。そこで、店舗、メーカー、卸、物流それぞれの業界の垣根を超え、⼩売に関わるさまざまな⽴場の企業が、リテールAI 技術の発展や流通⼩売業界の技術⾰新に寄与するとともに、⽣活者にとっても新しい購買体験を提供していきたいと考えています。

現参加企業6 社に加え、今後プロジェクトへの参画企業は増えていく予定です。業界全体で、リテールAI 技術を通じ、流通⼩売業界の底上げを図っていきます。

■ 『リテールAI プラットフォームプロジェクト』における各社の役割 (※50⾳順)
■サントリー︓メーカー
サントリーは、このプロジェクトに参画することにより、⼩売り流通におけるAI テクノロジーの活⽤に挑戦します。消費者の購買⾏動や⼩売りの売場等をAI で分析し、お客様の嗜好の多様化に迅速に対応できるよう、最適な売り場提案や販促プロモーション施策につなげ、新たな価値創造やイノベーションを起こすことを⽬指します。また、企業の枠を超えた異業種間の連携にも取組み、新たなビジネスエコシステムの構築を⽬指します。

■トライアル︓店舗/リテールAI技術
トライアルは「流通情報⾰命」をスローガンに、約30年間IT活⽤による流通⼩売業務の改⾰改善に取り組んできました。また、国内に約50名、中国に約300 名のエンジニアを抱え、リテールAI テクノロジーのリアル店舗への開発・導⼊を⾏っています。本プロジェクトでは、トライアルの持つ、実店舗とリテールAI カメラ、スマートレジカート、デジタルサイネージのようなIoT デバイスや独⾃のAI テクノロジーを活⽤して新しい買い物体験を追求し、スマートストアを進化させ続けます。

■⽇本アクセス︓卸
⽇本アクセスは、本プロジェクトのデイリー部⾨に、「卸」として参画。2018 年に「リテールAI 低温プラットフォームプロジェクト」を社内に発⾜。トライアルアイランドシティ店のデイリー売場にて廃棄ロスを分析、また、⽜乳売場にてAI カメラの⽋品⾃動検知機能によりチャンスロスを分析。⾷品流通にリテールAI を取り⼊れることで、新たな価値をもたらす活動を展開してまいります。

■⽇本ハム︓メーカー
⽇本ハムには、消費者の変化を捉えることで⻑く愛されてきたブランドが数多くあります。変化する消費者の探求をキーワードに、本プロジェクトを通じた新技術を活⽤し消費⾏動の解析や新カテゴリーの創造に着⼿します。また、先進的且つ⾰新的な商品開発、店頭の構築、販売促進・広告活動、物流改⾰に取り組みます。

■フクシマガリレイ︓冷凍冷蔵ショーケースメーカー
フクシマガリレイは⽣活者に不可⽋な⾷のライフラインを⽀えています。これまでの冷蔵ショーケースは、商品の鮮度管理、陳列⼿法、省エネ、省⼈化、メンテナンス、デザインを追求してきました。今後は、冷蔵ショーケースが店舗のプラットフォームとなり、売上・ロス・発注・買い物客へのリコメンドなどの機能を持ち、⽣活者がワクワクしながら安⼼して⾷材と出会える場になるよう役割を進化させていきます。これが⾷品・⾷材のサプライチェーン全体につながり、業界を超えて⾷品の廃棄ロスを無くすことに繋がると考えております。

■ムロオ︓物流
ムロオは全国にネットワークを持つ物流カンパニーです。近年、物流企業に求められるニーズが時代の流れとともに⼤きく変わってきています。AI の導⼊が当たり前になっていく世の中で、メーカーと店舗をつなぐ物流もその技術を活⽤した最適化が⽋かせません。ムロオは本プロジェクトを通じて、AI データを使い既存の受発注から、より3M(ムリ・ムダ・ムラ)を取り除く仕組みを構築することで、店舗への物流強化、地域の物流改⾰を⽬指します。

■ 企業概要
<サントリー酒類株式会社>
代表者:代表取締役社⻑ ⼩島 孝
本社所在地:東京都港区台場2-3-3
設⽴:2009年4⽉1⽇(2015年1⽉1⽇現社名に変更)
事業内容:スピリッツ・ビール類・ワインなど酒類の国内販売
URL:https://www.suntory.co.jp/

<株式会社トライアルカンパニー>
代表者:代表取締役 ⽯橋 亮太
本社所在地:福岡県福岡市東区多の津1-12-2 トライアルビル
設⽴:1981年7⽉
事業内容:⼩売、ソフトウェア開発、物流、商品開発・製造
URL:https://www.trial-net.co.jp/

<株式会社⽇本アクセス>
代表者:代表取締役社⻑ 佐々⽊ 淳⼀
本社所在地:東京都品川区⻄品川⼀丁⽬1番1号 住友不動産⼤崎ガ-デンタワー
設⽴:1993年10⽉1⽇
事業内容:⾷品、⽔産物、農産物、畜産物、花卉等の販売・輸出⼊・買付・加⼯・商品企画・開発・品質検査・分析業務及び貨物⾃動⾞運送事業、⾷品安全コンサルタント業務、情報処理サービス
URL:https://www.nippon-access.co.jp/

<⽇本ハム株式会社>
代表者:代表取締役社⻑ 畑 佳秀
本社所在地:⼤阪市北区梅⽥⼆丁⽬4番9号ブリーゼタワー
設⽴:1949年5⽉30⽇
事業内容:⾁製品製造業、⾷⾁卸売業
URL:https://www.nipponham.co.jp/

<フクシマガリレイ株式会社>
代表者:代表取締役社⻑ 福島 裕
本社所在地:⼤阪府⼤阪市⻄淀川区⽵島2-6-18
設⽴:1951年12⽉8⽇
事業内容:業務⽤冷凍冷蔵庫、冷凍冷蔵ショーケース、冷凍機応⽤機器の製造・販売・メンテナンス
URL:https://www.fukusima.co.jp/

<株式会社ムロオ>
代表者:代表取締役社⻑ ⼭下 俊⼀郎
本社所在地:広島県呉市中央1丁⽬6番9号
設⽴:1975年7⽉
事業内容:⾃動⾞運送事業 冷凍・冷蔵輸送、チルド⾷品積合わせ運送納品代⾏、貨物軽⾃動⾞運送事業、倉庫業、冷凍・冷蔵・常温倉庫、商品流通加⼯、⾷品の仕分け納品代⾏業
URL:https://www.muroo.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トライアルホールディングス >
  3. リテールAI技術で⽇本の流通⼩売業界に⾰命を起こす︕ 店舗、メーカー、卸、物流の垣根を超えた業界初のハイブリッドプロジェクト 『リテールAIプラットフォームプロジェクト』発⾜