P2P保険プラットフォームのFrich、Plug and Play Japanから日本初の資金調達を発表

P2P保険プラットフォームの開発を加速

P2P保険プラットフォームの開発を進めているFrich株式会社 (東京都港区、代表取締役CEO 富永 源太郎)は、世界有数のベンチャーキャピタル兼アクセラレーターであるPlug and Play Japan(東京都渋谷区、代表取締役社長 ヴィンセント・フィリップ)から資金調達することを発表しました(投資金額非公表)。なお、日本国内におけるPlug and Playのベンチャー投資は今回が初となります。
Frich株式会社は、現在、P2P保険プラットフォーム『Frich(フリッチ)』の開発を進めており、実証実験を計画しています。


1 資金調達の背景
 Frich株式会社は、2018年6月にPlug and Play Japanが主催するアクセラレータープログラム Batch1のInsurtech部門で採択されて以来、さまざまな面でPlug and Play Japanとの連携を深めてきました。
 両社は、保険大国日本におけるP2P保険の可能性の大きさ、『Frich』というプロダクトが有する将来性、Plug and Play Japanが有する大企業ネットワーク等の掛け合わせにより、事業の更なるバリューアップが図れるとの認識で合意し、今回の発表に至りました。
 

2 さらなる事業開発強化へ
 Frich株式会社は、今回調達する資金をサービス開発等に活かしつつ、事業面ではPlug and Play Japanとともにオープンイノベーションに積極的に取り組み、P2P保険プラットフォーム『Frich』にかかわる事業開発を更に強化します。

 
3 Frich株式会社 代表取締役CEO 富永 源太郎からのコメント
 日本における本格的なP2P保険プラットフォームの立ち上げには、法規制や明文化されていない慣習等をはじめとして、事前に確認しなければならないポイントが実に多く存在します。また、事業展開にあたっては、保険というものが有する公益性を最大限尊重したうえで事業開発を図らねばならない難しさもあります。
 今回、Plug and Play Japanを株主としてお迎えするにあたっては、当社の企業戦略において、そうした土台構築の次にある「オープンイノベーション」に大変期待をしています。
 スタートアップ企業としての情熱やスピードを大切にしつつ、Plug and Play Japanとともに事業を強化し、『Frich』を一人でも多くのお客様に支持していただけるサービスにしていきたいと考えております。
 

■Frich株式会社■
https://frich.co.jp/
設立:2018年1月
代表取締役CEO:富永 源太郎
所在地:東京都港区新橋1-12-9 A-PLACE新橋駅前 6F
事業内容:・P2P保険に関するシステムサービス
     ・損害保険代理店業及び生命保険の募集

■本プレスリリースに関するお問い合わせ先■
Frich株式会社
PR担当
info@frich.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. Frich株式会社 >
  3. P2P保険プラットフォームのFrich、Plug and Play Japanから日本初の資金調達を発表