「岐路に立つ地域の環境エネルギー事業」と題するセミナーを開催!!

地方創生、分散型エネルギーシステムの構築、ユニバーサルサービス維持など、地方が抱える課題について第一人者が登壇!!

エネルギーフォーラム(本社:東京都中央区、代表取締役:志賀正利)は、セミナー「岐路に立つ地域の環境エネルギー事業」を2019年12月2日(月)-3日(火)に開催致します。

地域循環共生圏の形成と分散型エネルギーシステムの構築に向けて、経済産業省と環境省が連携チームを発足させるなど、国主導での新たな取り組みが始まっています。分散型エネルギーシステムは省エネ推進や再エネの普及拡大、強靭化につながる取り組みであり、まちづくりと一体的に導入を進めることで地域の活性化に寄与します。その一方で、地方では人口減少や過疎化により、エネルギーをはじめ交通など公共サービスの維持、レジリエンスの向上が課題となっています。本セミナーでは、地域循環共生圏を中心とした新たな取り組みと、地方を取り巻く課題について、第一人者の方々に講演して頂きます。新たなビジネスのヒントがきっと見つかるはずです。

1日目は、国が推進する地域循環共生圏についてスポットを当てます。
1日目は地方創生と分散型電源の構築をテーマに政府が主導する地域循環共生圏を主題として扱い、
それに即した地方創生と分散型エネルギーシステムの構築について、関係者様よりご講演頂く予定です。

 2日目は、人口減少や過疎化によって公共事業をどう維持していくかをテーマにします。
山内弘隆一橋大学大学院教授をはじめ、電力、都市ガス、LPガス、路線バスなど、公共事業に携わる方々から、地方で山積する課題にどう立ち向かっていくのか、講演していただきます。

2日間で、日本のエネルギーインフラ構築における光と影がわかるように企画しました。
セミナー終了後は、交流を深めていただくための名刺交換会を各日ともご用意しております。

【開催日時】
2019年12月2日(月)10時30分~18時00分
       3日(木)10時30分~18時00分

【会場】
ラーニングスクエア新橋 (港区新橋4-21-3東急新橋ビル)

【参加費】2日参加:5万7200円(税込み)、
     1日のみ参加:3万4100円(税込み) 
      ※基調講演は無料(基調講演のみお申込みの方は、応募者多数の場合抽選となります)

【募集人数】 100名(定員になり次第、締め切ります)

【お申し込みURL】
http://www.energy-forum.co.jp/eccube/apply.html



プログラム
第1部(12月2日)=地域循環共生圏と分散型エネルギーの展望

≪基調講演≫  ※参加費無料
【10:30~11:00】①「地域循環共生圏の形成と分散型エネルギーシステムの構築に向けて」
        環境省 大臣官房 政策立案総括審議官 和田篤也氏
【11:00~11:30】②「再生可能エネルギーの主力電源化と分散型エネルギーシステムの構築に向けて」
        経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー新エネルギー部 政策課長 山崎琢矢氏
【11:30~12:00】③「地域を支える中小企業・小規模事業と最近の政策」
        経済産業省 中小企業庁 長官官房 総務課長 高倉秀和氏

セミナー <地域特性を生かした地域循環共生圏の創造> 自治体・企業講演
【13:00~13:25】・「『Zero Carbon Yokohama』実現に向けた横浜市の再生可能エネルギー拡大施策」
        横浜市 温暖化対策統括本部 企画調整部 担当部長 沼田正樹氏
【13:25~13:50】・「コンパクトシティ戦略による持続可能な付加価値創造都市
~とやま型地域循環共生圏モデルの形成に向けて~」
        富山市 環境部環境政策課 課長代理 東福光晴氏
【13:55~14:15】・「ローカルグッドとは〜地域の自立・分散・協調〜」
        一般社団法人ローカルグッド創成支援機構 運営事務局 青山英明氏
【14:15~14:35】・「清掃工場を核にした地域総合エネルギー事業の取り組みについて
~地域循環共生圏の先駆的事例として~」
        スマートエナジー熊本 代表取締役 横尾将氏
【14:40~15:00】・「日本版シュタットベルケに向けた挑戦」
        鳥取ガス株式会社 代表取締役社長 児嶋太一氏
【15:00~15:20】・「地域循環共生圏の構築に向けた、地方都市ガス会社の果たすべき役割」
        小田原ガス株式会社 取締役社長 原正樹氏

パネル討論<地域循環共生圏が目指す未来とは>
【15:30~16:55】
        東京工業大学特命教授 柏木孝夫氏
        環境省 大臣官房 政策立案総括審議官 和田篤也氏
        横浜市温暖化対策統括本部 企画調整部 担当部長 沼田正樹氏
        小田原ガス 取締役社長 原正樹氏

【17:00~18:00】名刺交換会




第2部(12月3日)=人口減少・過疎化時代の公益事業サービスの課題と行方
≪基調講演≫
  ※参加費無料
【10:30~11:00】①「需要希薄地域におけるサービス供給のあり方について-運輸部門の経験から」
        一橋大学大学院経営管理研究科特任教授 山内弘隆氏
【11:00~11:30】②「電力政策をめぐる最近の動向(仮)」
        経済産業省 資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 電力基盤整備課長 曳野潔氏
【11:30~12:00】③「再考:現代のユニバーサルサービス」
        長野県立大学教授 穴山悌三氏

セミナー <人口減少・過疎化に立ち向かう公共事業サービス> 業界団体・企業講演
【13:00~13:30】・「持続可能性から見た公営ガス事業の考察」
        一般社団法人日本ガス協会 地方支援担当理事 角田憲司氏
【13:30~14:00】・「人口減少時代における公営ガス・水道事業のあり方と持続可能性 
~広域化、官民連携等事例を参考に~」
        EY新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー 福田健一郎氏
【14:05~14:30】・「北海道におけるLPガス事業の現況 ~地域エリアの取り組み~」
        エア・ウォーター株式会社 生活・エネルギーカンパニー 営業部 部長 東宏樹氏
【14:30~14:55】・「東松島市スマート防災エコタウン 分散型地域エネルギー自立都市 東松島市の取り組み」
        一般社団法人東松島みらいとし機構 代表理事 渥美裕介氏
【14:55~15:20】・「みちのりホールディングスの地方バス戦略(仮)」
        株式会社みちのりホールディングス 代表取締役グループCEO 松本順氏

パネル討論 <ユニバーサルサービスサービス維持に向けた展望>
【15:30~16:55】
        一橋大学大学院 経営管理研究科 特任教授 山内弘隆氏
        東京電力ホールディングス 経営技術戦略研究所経営戦略調査室チーフエコノミスト戸田直樹氏
        日本ガス協会 地方支援担当理事 角田憲司氏
        みちのりホールディングス 代表取締役 グループCEO 松本順氏

【17:00~18:00】名刺交換会


会場住所:港区新橋4-21-3 新橋東急ビル
アクセス:●JR「新橋駅」烏森口から徒歩2分
     ●都営浅草線「新橋駅」A1出口から徒歩2分
     ●東京メトロ銀座線「新橋駅」4番出口から徒歩3分

【お申し込みURL】
http://www.energy-forum.co.jp/eccube/apply.html



㈱エネルギーフォーラムについて
昭和30年(1955年)1月、エネルギー政策を中心に、電気事業の健全な発展を通じて国民の福祉に貢献することを目的に、株式会社 電力新報社を創立、月刊『電力新報』を創刊。
昭和31年(1956年)5月、電力政策研究会を発足させ、「日本における長期電力政策の方向」など数多くの政策提言を行う一方、昭和34年(1959)6月、同会より旬刊『EPレポート』を創刊。
昭和55年(1980年)、創業25周年を期して、月刊『電力新報』を月刊『エネルギーフォーラム』に改題。
我が国のエネルギー問題に関する唯一最高の権威ある総合誌として展開している。
年に数回、エネルギーに関するセミナーを開催している。


【会社概要】
会社名:株式会社エネルギーフォーラム
所在地:東京都中央区銀座5-13-3
代表者:志賀正利
設立:1955年
URL:http://www.energy-forum.co.jp/eccube/html/index.php
事業内容:出版


【お客様からのお問い合わせ先】
エネルギーフォーラム セミナー事務局(森本・山口)
TEL:03-5565-3500(月-金 9:30~17:30)
e-mail:efsemi@energy-forum.co.jp

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
エネルギーフォーラム 企画営業部 森本
TEL:03-5565-3500

 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エネルギーフォーラム >
  3. 「岐路に立つ地域の環境エネルギー事業」と題するセミナーを開催!!