アプライド株式会社と株式会社爆発研究所、流体計算・構造計算分野で業務提携を締結

HPC×CAE ソリューション

アプライド株式会社は、株式会社爆発研究所と、流体計算・構造計算分野へのソリューション提供を目的として、9 月 2 日に業務提携を締結いたしました。
アプライド株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:岡 義治)は、株式会社爆発研究所(本社:東京都文京区、代表取締役:吉田 正典)と、流体計算・構造計算分野へのソリューション提供を目的として、9 月 2 日に業務提携を締結いたしました。
 
  • 両社の特徴
アプライド株式会社は、ハイパフォーマンスコンピューティング製品(以下 HPC)の製造販売と、広域での実店舗・営業拠点展開による販売網を強みとしており、全国の大学・官公庁・企業の研究開発分野に向けての機器導入に取り組んでおります。
一方、株式会社爆発研究所は、爆発衝撃解析に関する豊富な知識と経験を元に、数値解析、可視化シミュレーション、 高速計算機の販売など、計算科学に関する最先端のソリューションを提供しています。
 
  • 業務提携の背景及び経緯
近年、HPC は大学・研究機関をはじめ、民間企業の研究開発部門においても様々な業界からの受注が大幅に加速しているという現状です。その背景には、国が推進する AI や IoT 導入の動き、CAE の活用によるものづくりの高度化といった要因があり、今後も高性能コンピュータへの期待がますます高まっております。一方で、機能が高度化・複雑化することによるCAE技術者の不足という問題も浮き彫りとなってきています。
 
  • 今後の展開予定
本提携により、計算科学分野において実績のある株式会社爆発研究所のノウハウを基盤とした「OpenFOAM を活用した並列計算技術」や、「複雑化する数値計算分野のコンサルティング」、「導入後のサポート体制の強化」また「新たなハードウェア製品やソリューションサービスの展開」が可能となります。

今後は CAE ソリューションの共同セミナーを主要都市にて積極的に開催し、「CAE コンサル業務」へと事業を拡大してまいります。
また、アプライド株式会社が培ってきた AI・深層学習分野での今後の連携強化も視野に入れ、「ハードとソフトウエアを融合した AI ソリューション」、「AI エンジニアの育成」、「AI を活用したコンサル業務」まで発展させてまいります。

両社の強みを融合させ、より強固な事業基盤の拡大と HPC分野でのソリューション推進を図ってまいります。

<アプライド株式会社の概要>
所在地:〒812-0007
           福岡県福岡市博多区東比恵 3-3-1
代表者:岡  義治
設立年月日:1982 年 9 月 20 日
資本金:3 億 8,173 万円
事業内容:パソコンおよび周辺機器、デジタル関連商品の販売
     BTO/HPC 製品の製造販売
     国内および海外メーカーからの商品仕入調達・販売企画
     宣伝ネットワークシステムの構築保守リモートサポートサービス事業
従業員:417 名
企業URL:http://www.applied-g.jp/


<株式会社爆発研究所の概要>
所在地:〒113-0033
           東京都文京区本郷 3-5-2    第 2 田中ビル 3 階
代表者:吉田 正典
設立年月日:2006 年 8 月 10 日
資本金:2,750 万
事業内容:爆発安全コンサルティングと数値分析
     爆発応用システムの開発(災害の解析、シミュレーション、分析)
     CFD 及び FEM の受託解析プログラムの並列化による高速化コンサルティングCAE
     ソフトウエアによる連成解析のコンサルティングその他、上記に付随する業務
従業員:24 人(役員・非常勤社員ほかを含む)
企業URL:http://bakuhatsu.jp/

■本件に関するお問い合わせは下記まで
アプライド株式会社 総務部
担当:山口 圭介
電話:092-481-7801  
FAX:092-481-9965
  1. プレスリリース >
  2. アプライド株式会社 >
  3. アプライド株式会社と株式会社爆発研究所、流体計算・構造計算分野で業務提携を締結