西安滻灞エコロジーゾーン:緑の水と青い山を再現させ、グリーン開発のコンセプトを実践する

西安滻灞エコロジーゾーン:緑の水と青い山を再現させ、グリーン開発コンセプトを実践する
 


【画像の説明】:長安塔は、西安エキスポパークのランドマーク的な建物で、中国工程院院院士の張錦秋氏によって設計され、唐の宝塔の正方形の平面形を採用しています。塔に登って遠くを眺めると、「天と人が融合する長安、創意に富む自然」という秦と唐の趣を楽めます。これは空撮の視角から見た滻灞西安エキスポパークです。窓から外をみると、緑が豊かで、また屋外に出ると、美しい庭園が目に見えます。西安滻灞の生態的美しさは、ますます多くの観光者や仕事・生活する人々を引き付けています。


 都市の緑の肺を作り、水辺経済を発展させ、西安滻灞エコロジーゾーンは環境で開発を促進し、川の包括的な管理を通して、生態補償メカニズムを発足させ、「緑の水と青い山」を「金と銀の山」に変え、世界のトップ500企業やユニコーン企業とプロジェクトが相次いで定着し、「グリーン開発」の生き生きとした見本となっています。

 西安滻灞エコロジーゾーンは西安市の東部に位置し、計画総面積が129平方キロメートルで、「長安の8本の川」の有名な滻水系と灞水系で名付けられました。滻灞エコロジーゾーンは、ユーラシア経済フォーラムの常設会場の所在地で、また2011年の西安世界園芸博覧会の開催地でもあります。

 15年前、ここの生態環境の被害が深刻で、都市景観と生態環境の大きな被災地でした。2004年、西安市は滻水と灞水を整備し、滻灞エコロジーゾーンという生態型都市新区の設立を決定し、「河川を休養させ、生態系を都市に流す」という開発コンセプトを提案し、大規模な河川整備と生態建設を始めました

 「河川の汚染、ゴミの包囲、違法な砂採掘」という3つの難病を包括的に解決することは、根本からここの様相を徹底的に変えました。15年後の今日、西安滻灞で、滻灞国家湿地公園や桃潭公園、滻灞滋水公園、雁鳴湖レジャー公園など6つの大型生態公園が完成され、河川湿地の被覆率は15%で、林地の被覆率は18%で、鳥類206種と植物210種あり、大気中のマイナス酸素イオン含有量は6700単位に達します。

 「深刻な生態被災地」から「生態モデル区」へ転換し、都市の河川資源に依存し、生態と文化的資源を組み合わせ、産業の集積開発を導き、都市経済開発のための「水辺経済の新モード」を形成しました。2014年以降、滻灞エコロジーゾーンで、ユーラシアアベニューホテルグループプロジェクトが計画され、ユーラシアアベニューの両側に、ユーラシア経済フォーラムの常設会場やシルクロード国際会議・展示センター、華夏シルクロード観光シティなどのプロジェクトを支えとして、ハイスターホテルや特色あるホテルグループを建設し、新しい西安観光センターを設立し、「生態+産業+生活」の未来産業チェーンを形成しました。2021年までに、大型文化観光プロジェクトが正式に運営され、文化産業の総生産額は10億元に達する見込みで、年間の観光客受け入れ量は5000万以上、観光業の総売上は50億元以上になると予想されます。

「生態をベースにして地域を構築する」という開発コンセプトを徹底し、グリーンと低炭素開発を目指し、生態建設を突破口として、生態的に住みやすいグリーン滻灞を創造するよう努力します。今日の西安滻灞は、金融ビジネスや文化観光、展示と会議、科学技術革新などの分野において「複数の翼で飛ぶ」ことを達成し、緑の水と青い山を再現させ、グリーン開発のコンセプトを実践する生き生きとした見本となりました。


会社名:西安滻灞エコロジーゾーン
連絡先:チョウ エン
電話番号:+8629 8359 2100
メールアドレス:cbxczx@126.com
ウェブサイト:http://cbe.xa.gov.cn/default.htm
  1. プレスリリース >
  2. Xi'an Chan-Ba Ecological District >
  3. 西安滻灞エコロジーゾーン:緑の水と青い山を再現させ、グリーン開発のコンセプトを実践する