電力インフラ設備工事向けIoTで関電工とNejiLawが共同研究開発契約を締結

株式会社NejiLaw(本社:東京都文京区、代表取締役社長:道脇 裕、以下「NejiLaw」)は、独自に開発した、従来は計測できなかった構造物応力をリアルタイムに可視化し、遠隔監視を実現するIoTデバイス技術の応用として、電力インフラ施設・設備工事の際に生じる応力負荷状態を遠隔で見える化すると共にフィードバック調整を可能とする新技術開発に関して、共同研究開発契約を株式会社関電工(本社:東京都港区、取締役社長:森戸義美)との間で締結しました。
国土強靭化に向けNejiLawが目指す「ロックテック Advanced Loc-King Technology」

 1964年 東京オリンピックから56年ぶりに開催される、2020年 東京オリンピック。日本国内でインフラ建設が盛んに行われてから60年近くが経過、建造物寿命40~50年と言われる中で、近年、老朽化したインフラが急増しています。対策が必要な対象は橋梁、トンネル、高速道路をはじめ、ダム、上下水道、鉄道、鉄塔などに及び、耐震、台風対策、修繕、改修、改築、再建の必要性が激増しています。現在のまま放置した場合、近い将来に予測されている激震災害での被害想定額(土木学会発表)は、南海トラフ地震 1,410兆円、首都直下型地震 778兆円と発表されており、国は国土強靭化(ナショナルレジリエンス)政策」を策定、平成30年12月14日に全面リニューアルされた国土強靭化基本計画が閣議決定され、平成31年度だけでも5兆3千億円を超える予算が組まれ、所要の資金総額は200兆円に及ぶと目されている超巨大施策です。

 NejiLawは、L/Rネジ、ZaLoc、JicLoc、ShuLoc、VanLocを始めとする高度接合部材に加え、ハードウェア、ソフトウェア、システム構築に係る発明的スピード課題解決体制から研究・開発・量産技術構築・品質管理に至る一気通貫した体制を社内に有し、「創発力」によって、広く社会に貢献して参ります。



会社概要
商号    株式会社NejiLaw
代表者   代表取締役社長  道脇 裕
本社所在地 東京都文京区本郷三丁目23番14号ショウエイビル4F
設立    2009年7月
業務内容  高機能・高性能型産業用締結部材の開発・製造・販売・ライセンシング
資本金   499,000,000円
受賞歴
2009年度 MIT(マサチューセッツ工科大学)-EF主催ビジネスプランコンテスト Most Attractive Award(最優秀賞) を含む3賞受賞
2010年度 新技術開発助成事業に採択(主催:公益財団法人市村清新技術財団)
2011年度 かわさき起業家大賞 大賞を含む6賞受賞(主催:財団法人川崎市産業振興財団)
2011年度 グッドデザイン賞 金賞 (=経済産業大臣賞) 受賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)
2011年度 東京都ベンチャー技術大賞 大賞(=東京都知事賞)受賞(主催:東京都産業労働局)
2011年度 九都県市きらりと光る産業技術賞 受賞
2012年度 戦略的基盤技術高度化支援事業に採択(主催:経済産業省)
2013年度 第1回 グローバルニッチトップ助成事業に採択(主催:東京都産業労働局)
2015年度 第14回 日本イノベーター大賞 優秀賞受賞(主催:日経BP社)
2018年度 第7回 技術経営・イノベーション賞 会長賞受賞(主催:一般社団法人科学技術と経済の会)

URL www.nejilaw.com

本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社NejiLaw 広報担当 info@nejilaw.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NejiLaw >
  3. 電力インフラ設備工事向けIoTで関電工とNejiLawが共同研究開発契約を締結