丸紅ソーラートレーディングとトラストバンク、卒FITオーナー向け余剰電力買取サービスに関する業務提携を発表

余剰電力買取の対価として地域の特産品を還元するメニューを提供

丸紅ソーラートレーディング株式会社(東京都中央区、代表取締役:内田 健介、以下「丸紅ソーラートレーディング」)と、株式会社トラストバンク(東京都目黒区、代表取締役:須永 珠代、以下「トラストバンク」)は、2019年11月以降に固定価格買取制度(FIT)の適用が終了(卒FIT)する太陽光発電設備を対象とする余剰電力買取の対価として、地域の特産品を還元するサービスを提供することで合意しましたのでお知らせいたします。
本サービスを通じて、日本最大級のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンクが提携する全国1,500を超える自治体と、卒FITする太陽光オーナーとの間につながりや交流のきっかけを作ることにより、再生可能エネルギーを通じた地域経済活性化を応援してまいります。


<サービス概要>
(1) 対象地域 :全国(一部離島を除く)
(2) 特徴 :余剰電力買取の対価として、地域の特産品を選んで受け取ることができる
(3) 今後の予定:
         - 2019年9月下旬 両社公式ホームページ内に専用ページを開設
           受け取り可能な特産品のご案内および申込受付を開始
         - 2019年11月   サービス開始



丸紅ソーラートレーディング 株式会社 
(事業内容:再生可能エネルギー由来電力の調達及び卸売販売 等 )
https://marubeni-st.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 丸紅ソーラートレーディング株式会社 >
  3. 丸紅ソーラートレーディングとトラストバンク、卒FITオーナー向け余剰電力買取サービスに関する業務提携を発表