「そうだんドットミー」「ゲキサポ!転職」を運営のポジウィル STRIVE、他複数の個人投資家から資金調達実施

求職者が課金するキャリア選択支援サービスを運営するポジウィル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:金井芽衣)は、ベンチャーキャピタルのSTRIVE(ストライブ)、柳澤安慶氏、他個人投資家から第三者割当増資を実施し、資金調達を行いました。

▼ポジウィルの事業と、資金使途について
ポジウィルは、2017年8月の設立以来、求職者課金型のキャリア相談サービスを運営してきました。現在は、累計1,000人以上が利用したオンライン有料転職相談サービス「そうだんドットミー」と、2ヶ月で徹底的に自分を変える「ゲキサポ!転職」の2サービスを運営しています。「ゲキサポ!転職」は、2ヶ月30万円(税抜)と個人向けサービスとしては高単価にも関わらず、2019年7月末にリリース以降、多数の問い合わせを受け成長しています。

有料職業紹介の免許を所持する事業者は、より高い売上が見込める法人に対してのみ課金を行うのが通例。そのため、実際の転職現場では個人の意向や可能性が置き去りにされ、転職が売り物になってしまうことも散見されました。

ポジウィルはこの現状を変えたいと思っています。個人の人生に寄り添い、本当に必要な情報を得た上で意思決定できるようなキャリア形成をサポートしたいと思い、求職者課金型でサービスを展開することを決めました。

今回は、ポジウィルの目指す未来に共感いただいた方々からの資金調達が実現いたしました。今回の資金を、採用やサービス開発、マーケティング費用として用い、さらなる事業の強化につなげてまいります。

▼投資家について
「STRIVE(ストライブ)」は、共同代表パートナーの天野雄介及び堤達生の投資家2名とグリーベンチャーズ株式会社との共同事業として、現在総額約400億円の資産を運用するベンチャーキャピタルファンドです。主にアーリーステージにおけるリード投資家として、STRIVEチームが持つ知見とネットワークを活かして積極的なハンズオン支援を実施し、投資先スタートアップの成長及び運用資産の最大化を目指しています。

▼投資家からのコメント
STRIVE代表パートナー 堤達生氏

誰もが不安な時代、相談できる人がいるというだけで救われることがたくさんあると思います。将来のキャリア、結婚、離婚、老後、お金等々悩みが尽きることがありません。一人一人に寄り添いながら、手軽にライフサポートを受けられるような世界観をポジウィルと一緒に作っていければと思っています。

株式会社ファンコミュニケーションズ代表取締役社長 柳澤安慶氏
現在、国内の転職情報サービスは、求人する企業側から広告料金や紹介料を集め成立するため、求人企業側のメリットばかりが追求されがちです。一方で、ポジウィルの転職サポートサービスは、完全に転職者側のメリットに軸足が置かれています。果たして転職希望者という小さな個人に収益の源泉をおいてビジネスとして成立するのか?あるいは個人一人ひとりに寄り添う一見ローテクなビジネスがAI時代に花開くことができるのか?など様々な課題を抱えていますが、既存の転職ビジネス市場を破壊するなら転職希望者のニーズの中にしかビジネスはありえないと、逆に大きな魅力を感じました。

▼代表者プロフィール
金井芽衣(かないめい)
保育系の短期大学を卒業後、法政大学キャリアデザイン学部に編入し宮城まり子教授の下、キャリアカウンセリングを習得する。2013年、株式会社リクルートキャリアに新卒入社し人材紹介部門の法人営業として勤務。2017年4月に同社を退職。2017年8月にポジウィル株式会社を設立。国家資格キャリアコンサルタント保持。

▼会社概要

社名 ポジウィル株式会社
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1-21-1
代表者名 金井芽衣
URL https://www.posiwill.co.jp/


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ポジウィル株式会社 >
  3. 「そうだんドットミー」「ゲキサポ!転職」を運営のポジウィル STRIVE、他複数の個人投資家から資金調達実施