集団訴訟のリーガルITサービス「MatoMa」 代表弁護士が、めざましテレビに取材協力 ~泣き寝入りは許さない~

MatoMaの代表弁護士である豊川祐行弁護士が、先日販売者が逮捕されたGIFT(ギフト)プロジェクトの案件について「めざましテレビ」より取材を受け、拡大する詐欺被害の注意喚起を行いました。
MatoMaの代表弁護士である豊川祐行弁護士が、先日販売者が逮捕されたGIFT(ギフト)プロジェクトの案件について「めざましテレビ」より取材を受けました!

本案件はネットで「毎月10万円プレゼント」と謳い誘っていた案件ですが、MatoMaに上がっている他のプロジェクトにおいても同様の手口での勧誘が散見されます。
  • 「ネットビジネスを始めたい!」
  • 「効率的に投資で稼ぎたい!」

という人々の気持ちをくすぐるような謳い文句の「情報商材」販売がネット上を中心に横行しております。
しかし、実際に本当に利益をもたらせてくれる情報商材は一握りで、残りは詐欺まがいの商品と言われています。

心当たりのある方は、MatoMa内で、購入した物などで検索してみましょう。
同じ境遇の方が、見つかるかもしれません。
ぜひ、試してみましょう。
https://mato.ma/project
 


■悪質情報商材の特徴まとめ
MatoMaでは、下記のようなユーザー様のためになるような診断系コラムの掲載も始めております。

以下のような特徴が見られる場合悪質な情報商材である可能性があります。
・LINE@への登録を誘導される
・「確実に」「100%」「絶対」という宣伝文句を多用している
・別のさらに高額な商材を買うように勧誘される
・販売者が以前にも同じような情報商材を販売している
・返金申請をしても受理されない
詳細はこちらをご覧ください。

『30秒で悪質情報商材診断!』
https://mato.ma/column/1757

今後、MatoMaでは、今回と同じような情報商材に対し集団訴訟などの社会的影響がある行動を起こしていきユーザーの皆様のためになるサイトに成長していきます。



■集団訴訟プラットフォーム MatoMa
運営主体: 弁護士法人 あまた法律事務所
代表者 : 豊川 祐行
所在地 : 東京都文京区本郷二丁目39番6 大同ビル5階
URL
【あまた法律事務所】 https://amata-law.com/
【MatoMa】 https://mato.ma/




<代表者 豊川 祐行 プロフィール>

早稲田大学法学部、早稲田大学大学院法務研究科卒業。弁護士。

借金問題・債権回収・企業法務・交通事故・離婚・その他一般民事案件を取り扱う。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 弁護士法人 あまた法律事務所 >
  3. 集団訴訟のリーガルITサービス「MatoMa」 代表弁護士が、めざましテレビに取材協力 ~泣き寝入りは許さない~