デジタルアートプラットフォームのNEORT、9/12 - 9/25にFab Cafeでクリエイターの作品展示イベントを開催

クリエイターによる作品展示に加え、オープニングトークとワークショップを実施。

デジタルアートのプラットフォームを提供するNEORT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:竹元亮太)は、2019年9月12日 - 9月25日までFab Cafe Tokyoにてクリエイターの作品展示イベント「NEORT:Neo Visual Art Collection」を開催します。

https://fabcafe.com/tokyo/events/190912_neort_exhibition

NEORTには1000を超えるデジタルアート作品が投稿されており、それらの多くはスマホやPCの画面の中で閲覧されることがほとんどです。

しかし、デジタルデータの作品もその楽しみ方はPCやスマホの中だけに留まりません。

本イベントは、デジタルアート作品を日常空間の中で楽しむための試験的な取り組みです。

また、クリエイターの作品展示に加えてオープニングトークとワークショップも行い、デジタルアートのこれからの可能性を広げる機会を提供します。

■作品展示
NEORTを利用する8名のクリエイターが「NEORT: Neo Visual Art Collection」をテーマに新たに制作した作品を展示します。
 



■オープニングトーク
イベント初日のオープニングトークでは、「NEORT」の主催である竹元氏と2名のゲストをお招きし、デジタルアート に関するお話をじっくり伺っていきます。
トークショーでは、インタラクションデザイナーの奥田透也氏、Visualist / Media Artistの川村 健一氏をお招きしてアート×テクノロジー分野のクリエイターの在り方、作品の楽しみ方についてお話を伺います。
https://neort-opening-talk.peatix.com/

奥田透也

インタラクションデザイナー / プログラマー
株式会社THE GUILDコアメンバー / 多摩美術大学非常勤講師 / alumican.net
THE GUILDにおいてサービス設計やUIデザインに携わりながら、個人として実験的なインタラクション作品を制作している。また、インスタレーション作家として21_21 DESIGN SIGHT主催の「単位展」「アスリート展」「デザインの解剖展」、またNHK「デザインあ展」などへ作品を出展している。


川村健一

Dentsu Isobar: Creative Director
テクノロジーを活用した企画、デザイン、開発に従事。
Visualist / Media Artistとしても活動を行なっており、オーディオ、データ等のリアルタイムレンダリングによるビジュアライゼーションや公演実績も多数。
最近の主な活動
・TouchDesigner Summit 2019登壇
・DOMMUNE – 超テクノ法要 Presents 「仏教×アート×テクノロジーの現在」
・TOWER ACADEMY TouchDesigner講座
・DSJ2019「デジタルテクノロジーを駆使するクリエイターが語るサイネージクリエイティブ」
・デジタルサイネージアワード2019審査員
・ニコニコ超会議2019 超テクノ法要「テクノ法要」 等

竹元亮太

NEORT株式会社代表 / エンジニア。サイバーエージェントでのWebサービス・アプリ開発を経て、2019年にNEORTを創業。デジタルアートの可能性を広げるプラットフォームの開発を行う。







■ワークショップ
デジタルアートの制作に関する3本のワークショップを行います。
内容は、VJやインタラクティブ作品の制作で近年話題のソフトウェア「TouchDesigner」、クリエイティブコーディングで根強い人気を誇るProcessingをJavascriptで扱えるようにした「p5.js」、映像制作で多くのクリエイターに支持される「AfterEffects」の異なるツールを用いた3本です。
https://neort-workshop.peatix.com/

高尾俊介

クリエイティブコーダー。「毎日30分コーディングする」デイリーコーディングを提唱、実践している。甲南女子大学メディア表現学科講師。







鳴海侑希

Tokyo Developer’s Study Weekend / TDSW代表
1996生まれ。ノードベースビジュアルプログラミングツールの週末ワークショップやイベントの主催、およびデジタルエンターテイメント領域のコンテンツ開発を行うクリエイティブコミュニティTDSWを2018年春に設立。2019年からはVJ概論というプロジェクトを開始し、通算イベント動員数は2500人を超える。アジアやカナダなど各国のソフトウェアユーザーと密接に連携しながら国内外問わずソフトウェアの普及に貢献し、「つくりたい人のワクワクをつくる」をテーマに活動を行なっている。

平井秀次

1989年生まれ。兵庫県出身。金沢美術工芸大学 視覚デザイン専攻卒業。モーショングラフィックス、VJ、ライブステージ演出等グラフィックデザインを軸にオンスクリーンメディアの制作に従事。直近での主な仕事にサカナクション・RADWIMPSや紅白歌合戦のライブステージ演出、岩壁音楽祭でのVJなど。 映像作家100人2018, 2019選出。現在dep Management所属。





■新しいアートの楽しみ方を広げる
技術の進化により、様々なツールを用いてデジタルフォーマットの新たなアートが多く生まれるようになりましたが、これらを楽しめる環境はナイトクラブや音楽イベントなどに限られ、日常的には多くありません。
本イベントを通してデジタルアートの楽しみ方を改めて考え、その可能性を広げて参ります。

■NEORT株式会社について
「技術×芸術で世界をより創造的な場所に」をビジョンとして、クリエイターの創造活動支援を中心に活動するスタートアップ。
デジタルアートのプラットフォーム「NEORT」の開発・運営を行う。
https://team.neort.io

■FabCafeについて
「Fab」という言葉には、大量生産やマーケットの論理に制約されない「FABrication(ものづくり)」と「FABulous(愉快な、素晴らしい)」の2つの意味が込められています。FabCafeは、その“Fab”スピリットをおいしく、楽しく、わかりやすく伝え、そして広めていく場所です。FabCafeは、デジタル工作機械を備えたクリエイティブなものづくりカフェです。株式会社ロフトワークと、クリエイティブディレクター・福田敏也がプロデュースを行い、2012年3月に渋谷に最初のFabCafeがオープンしました。スペシャリティコーヒーとデジタル工作の両方を楽しめ、クリエイターやファンが集まるクリエイティブ・コミュニティとしても世界中から注目されています。
https://fabcafe.com/

■問合せ先
info@neort.io
  1. プレスリリース >
  2. NEORT株式会社 >
  3. デジタルアートプラットフォームのNEORT、9/12 - 9/25にFab Cafeでクリエイターの作品展示イベントを開催