会員制・招待制カレーブランド「6curry」が資金調達を実施。Makuakeで渋谷店の初代会員募集も

13座席の店舗に会員300名が集まる、コミュニティ運営のナレッジを仕組み化。プラットフォーム構築へ

株式会社シックスカレー(本社:東京都渋谷区 代表:高木新平)は、梅田優祐氏(ユーザベース代表取締役社長)佐藤裕介氏(hey代表取締役社長)松本龍祐氏(カンカク代表取締役/ 元メルペイ取締役CPO)など5名より、総額数千万円の資金調達を実施。さらにクラウドファンディングMakuakeで、2店舗目となる渋谷の初代会員を募集開始する。


株式会社シックスカレーはこのたび、資金調達を実施しました。

梅田優祐氏(ユーザベース代表取締役社長)、佐藤裕介氏(hey代表取締役社長)、松本龍祐氏(カンカク代表取締役/ 元メルペイ取締役CPO)など5名より、総額数千万円出資いただきました。
私たちの未来を信じて託して頂いたこの資金を、大切に・でも大胆に「さらなる挑戦」につかっていきます。
 

私たち6curryは、住所非公開・会員制のカレーブランド。

カレーを通じて人が出会い、混ざることを価値としています。

オープンしてから1年足らずで会員数300名を突破した恵比寿の6curryKITCHEN。

毎日満席状態で、イベントを開けば大盛りあがり。日々会員さんが増え続けています。

photo by Jun Honda ( https://www.junhonda.com/ )

今回調達した資金をもとに、今まで6curryが実践し、ナレッジを貯めてきた「コミュニティづくり」を仕組み化。飲食店の枠にとらわれることなく、「コミュニティ」という価値創出スキームの、再現性や効率を最大化させるソリューションを構築していきます。

コミュニティの運営では、熱量や会話量の担保、そしてメンバーの「参加」意識をどう作るか、が重要です。

私たちがつくろうとしているのは、コミュニティの立ち上げから運営、スケールアップまでをサポートするプラットフォーム。

私たちを含め多くのコミュニティが、既存ソリューションを組み合わせ・時に人力で行っている、メンバーマネジメントや決済、イベントや各種指標の管理、メンバーとのコミュニケーション。
これらの活動を、蓄積してきた知見をもとにコミュニティマネジメントに最適化された仕組みにしていこうと考えています。

このプラットフォームで実現したいのは、コミュニティのメンバーが、主体的にイベントを企画したり、運営に関わったり…これまでにないレベルで「混ざり合う」新しいかたちのリテールビジネス。

一方的なGIVEとTAKEではなく、あらゆる関係者間で価値をGIVEし合う、「共に創る」ビジネスを実現させていきます。


今回の資金調達に加え、クラウドファンディングも実施。

2019年10月に新しくオープンする渋谷KITCHENの会員権をMakuakeで先行募集します。

通常、6curryの会員になるには、既存会員からの招待が必要ですが今回募集する初代会員のみ、招待なしで会員になって頂けます。
 


人が集まってつくられるコミュニティは、日々かたちを変えていく存在です。

渋谷KITCHENの初代会員になってくださった方はぜひ「6curry渋谷の立ち上げメンバー」として、一緒に場を盛り上げていただきたいと思っています。

招待なしでの会員の募集は今回だけ。初代会員だけが体験できる、6curryKITCHENの立ち上げから盛り上げまでの道のりを、一緒に歩みませんか。

ほか、企業や団体の方に向け、コミュニティ講座、6curryKITCHENジャック、イベントプロデュースなどのリターンもご用意しています。

ちらりとでも覗いていただけたら、とても嬉しいです。


Makuakeプロジェクトページ
https://www.makuake.com/project/6curry/
(2019年8月21日12時公開※公開時間前にこの記事をお読みの方、少々お待ちください)

新しい6curryKITCHEN、また、これから創っていくコミュニティ・プラットフォームであなたと混ざる日を楽しみにしています。

EXPERIENCE THE MIX.

6curry

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シックスカレー >
  3. 会員制・招待制カレーブランド「6curry」が資金調達を実施。Makuakeで渋谷店の初代会員募集も