イスラエル発 視覚障がい者向けAIデバイス「オーカムマイアイ」が9月3日~9日開催の『超福祉展』に出展

ヒカリエ8Fにて 実際に体験できる展示コーナーを開設

OrCam Technologies Ltd.(イスラエル エルサレム、共同創立者兼取締役会長兼CTO:Amnon Shashua教授、共同創立者兼社長兼CEO: Ziv Aviram 以下、当社)は、2019年9月3日(月)から9月9日(月)の期間中、渋谷ヒカリエなどで開催される『2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展』(以下、『超福祉展』)に出展いたします。渋谷ヒカリエ8階の複合アートスペース「8/ COURT・CUBE」にて、オーカム は出張展示を実施。ご来場の皆様にもAI視覚支援ウェアラブルデバイス「OrCam MyEye2(オーカムマイアイ2)」を装着し、その機能をご体験いただけます。

カメラ映像を映像を音声化するAI視覚支援ウェアラブルデバイス「OrCam MyEye2(オーカムマイア2)」は、インターネットサイト、新聞、雑誌を内蔵のカメラで読み取り、音声を通じて情報を装着者に伝えます。その他、外出時には、駅や看板や案内表示の情報を確認したり、スーパーで食品表示の情報や、対象物の色彩を確認、そして事前に登録した人物の顔情報も認識することも可能です。

『超福祉展』は特定非営利活動法人ピープルデザイン研究所が主催し、健常者も障がい者もLGBTも外国人もない。あらゆる“ちがい”がまざりあった2020年の渋谷を目指し、2014年にはじまったプロジェクトで、2019年で6年目を迎えるイベントです。従来の福祉の枠に収まらないアイデアやデザイン、テクノロジーの展示や体験に加え、今回も多種多様なテーマのシンポジウム&セッションを開催します。期間中ぜひ渋谷ヒカリエにお越しいただき、「OrCam MyEye2」の機能をご体感ください。

【イベント概要】
開催日:2019/9/3(火)〜2019/9/9(月) 11:00-20:00
開催場所:渋谷ヒカリエ8階 8/ COURT・CUBE、ハチ公前広場(9/7)、渋谷キャストスペース(9/7-8)ほか渋谷区内各所にて
※OrCam MyEye2の展示は渋谷ヒカリエ8階 8/ COURT・CUBE となります。
入場料:無料
URL: http://www.peopledesign.or.jp/fukushi/

【OrCam MyEye2(オーカムマイアイ2)概要】


1. 製品情報
文字、事前に登録した人の顔や名前、物などをカメラが記憶して解析し、音声で伝えてくれます。これまでにはない、視覚障害者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させる機能が搭載された画期的なAI視覚支援デバイスです。大きさは100円ライター程度でメガネのツルに装着して使用可能で、どこへでも手軽に持ち運べ、便利で安全に使用できるデバイスです。

2.ご利用方法
<読み上げ>
①デバイスをメガネに装着し、電源を入れる。
②読みたいテキストを指で指し示す。
③デバイスがその画像を瞬時に読み込み、音声へ変換して伝えてくれる。
※暗闇では自動的にLEDライトが光ります。
日本語による製品紹介動画はこちら(https://www.youtube.com/watch?time_continue=43&v=5V9Zfc482MY

<顔認識>
①家族や友達の顔を撮影して登録。
②対象者が視界に入るとデバイスが自動的に認識。
③音声で名前を読み上げてくれる。

3.販売場所(日本仕様版)
① 株式会社システムギアビジョン
URL: http://www.sgv.co.jp/visual/aivisualsupportdevice/orcammyeye/ 

② 「パリ・ミキ」「メガネのミキ」店舗(装着体験は予約制となります)
URL: https://www.paris-miki.co.jp/pressrelease/detail/20190222175620.html

③株式会社ラビット
URL:https://rabbit-tokyo.co.jp/

④株式会社アメディア
URL:http://www.amedia.co.jp/

⑤ 「OrCam MyEye2」オフィシャルウェブサイト
URL: https://www.orcam.com/ja/ 

4.参考価格
600,000円(非課税) ※文字の読み上げ専用モデル450,000円(非課税)

※2019年9月2日より「OrCam MyEye2」「OrCam MyReader 2」ではソフトウェアアップデート(Ver. 8.2)を実施。読み取り精度の向上のほか、新たな機能が追加されより多くのシチュエーションでご活用いただけます。

●Bluetoothサポート機能の追加
デバイスのオーディオ出力として、Bluetooth対応の補聴器やイヤホンなどに接続できるようになりました。デバイスが読み上げた音声を周囲の人に聴かれることなく、使用者のみが聞き取ることが可能です。
●バーコード新規登録機能
データベースにすでに登録されているデータとは別に、100個まで新規のバーコードのデータを登録が可能となります。

●システム言語の切り替え
セットアップメニューからデバイスのシステム言語(メニュー、メッセージ、バーコードの言語)を切り替えることが可能となりました。

●オンボーディング機能(チュートリアル)
デバイスの基本機能をトレーニングする新規ユーザー向けのチュートリアル機能です。新しいデバイスの電源を入れるとオンボードチュートリアルが自動的に再生されます。

【OrCam Technologies Ltd.について】
当社はイスラエルのエルサレムにて2010年に設立しました。コンピュータビジョンと機械学習の分野の指導者、専用のソフトウェア、コンピュータ、ハードウェア設計の専門家、電気技術者、視力の弱い視力障害者を含む熱心な顧客サービスチームにより構成されており、視覚障害者、読書困難者または読書疲労感のある人々の生活を向上させるウェアラブルなプラットフォームに先駆的技術を組み込んだ人工視力の開発と応用に取り組んでいます。
当社の共同創立者は「カメラに映る情報を解析し警告音を発して事故防止する自動運転技術」を開発したMobileye(モービルアイ)社の共同創立者でもあり、 2017年に米・インテル社が153億ドル(当時、約1兆7000億円)で同社を買収し、同年には「三菱ふそう」「日野自動車」が同技術を導入しています。OrCam MyEyeは同技術を応用して開発された視覚障害者向けAIデバイスです。

社名:OrCam Technologies Ltd. (読み:オーカムテクノロジーズ)
代表者:共同創立者兼取締役会長兼CTO Amnon Shashua(アモン・シャシュア)教授、
共同創立者兼社長兼CEO Ziv Aviram(ジブ・アヴィラム)
本社所在地:Kiryat HaMada 3 Jerusalem, Israel
コーポレートサイト:https://www.orcam.com
営業所名:OrCam日本営業所
代表者:柳平 大輔
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座1-22-12 藤和銀座一丁目ビル 8F 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. OrCam Technologies Ltd. >
  3. イスラエル発 視覚障がい者向けAIデバイス「オーカムマイアイ」が9月3日~9日開催の『超福祉展』に出展