全国初「熊本県内バス・電車無料の日」県内全路線バス・コミュニティバス4,099便を含む、市電など県下全域の交通機関が対象*1~

熊本・桜町再開発事業 商業施設「SAKURA MACHI Kumamoto」グランドオープン日(9/14(土))限定

“公共交通機関の利用が、社会問題解決の一助に……”のメッセージを込めて~

九州・熊本を中心にバス、観光、飲食、物販など暮らしに根差したサービスを展開する九州産交グループは、熊本中心市街地にて建設中の桜町再開発事業の商業施設「SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)」グランドオープンの2019年9月14日限定で、県内の関係機関や周辺地域と連携、公共交通機関(路線バス*2、コミュニティバス、熊本市電、電鉄電車)を終日無料とする試みを実施いたします。
 県下全域を対象とする公共交通機関の無料化は全国でも初めて*3の試みで、九州産交グループは同日が公共交通の利用による社会問題への再認識、および施設周辺の混雑緩和につながることを期待しております。

 
 熊本市内をはじめとする全国の中心市街地では、人口の集中や駐車場不足に伴う慢性的な渋滞が社会問題となっています。渋滞の常態化は経済物流、緊急医療、地球環境など、あらゆる面で甚大な損失を及ぼしかねません。

 私ども九州産交グループでは、国内最大数*4のバース(乗降場)となる「熊本桜町バスターミナル(旧:熊本交通センター)」を併設する「SAKURA MACHI Kumamoto」のオープン初日の来館を約10万人と予測。同施設にも800台以上が収容できる立体駐車場を有するものの、中心市街地に過度な混雑を招くことによる周辺地域への影響を懸念しています。そこで、このたび私どもはグループ内のバス事業会社(九州産交バス株式会社、産交バス株式会社)だけではなく、他の県内バス事業会社(熊本電気鉄道株式会社、熊本バス株式会社、熊本都市バス株式会社)、および、熊本市電を運行する熊本市交通局、電鉄電車を運行する熊本電気鉄道株式会社・鉄道事業部に対し当取り組みを提案、9月14日の始発便から最終便まで、同施設の発着に限らない、「熊本県内バス・電車無料の日」の実現に至りました。無料化の実施に係る関係各所への費用補填は、九州産交グループが負担します。
 

建設中の「SAKURA MACHI Kumamoto」(奥)と現在の「熊本桜町バスターミナル」仮停留所建設中の「SAKURA MACHI Kumamoto」(奥)と現在の「熊本桜町バスターミナル」仮停留所


 私どもは今回の取り組みを通じ、公共交通機関の利用が、慢性的な渋滞など社会問題解決の一助にもなり得るというメッセージの発信とともに、解体工事から3年以上を経てグランドオープンを迎える「SAKURA MACHI Kumamoto」への興味喚起、また、普段は公共交通機関に馴染みのない方々の利用機会になることを期待しています。併せて、今回の取り組み結果をもとに各種分析を進め、今後のサービス改善に繋げていく計画です。

 全国的な課題とされる地方都市における活性のポイントは、地元の公共交通の発展と雇用創出にあると示唆されます。九州産交グループでは桜町再開発事業の完成を契機に、従来以上にグループ各社の事業発展に専心し、九州・熊本の中心市街地におけるさらなる活性化と、県内外への回遊性向上への貢献を使命と考えています。
 

九州産交グループ体系図九州産交グループ体系図

 

 

 

SAKURA MACHI Kumamoto(完成イメージ)SAKURA MACHI Kumamoto(完成イメージ)

 

 

 

*1 JR、肥薩おれんじ鉄道、南阿蘇鉄道、くま川鉄道を除く。/*2 空港往復便(リムジンバス、直行便)、土曜運休便、県外乗入れ便を除く。/*3高速バスマーケティング研究所株式会社調べ。/*4 本日現在。

★九州産交グループポータルサイト
https://www.kyusanko.co.jp/
★桜町再開発事業 商業施設「SAKURA MACHI Kumamoto」ポータルサイト
https://sakuramachi-kumamoto.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 九州産業交通ホールディングス株式会社 >
  3. 全国初「熊本県内バス・電車無料の日」県内全路線バス・コミュニティバス4,099便を含む、市電など県下全域の交通機関が対象*1~