OCRで不動産データビジネスを目指すオープンルームがKVPから2,500万円を調達

当社初のVC調達でシード累計調達額は約4,000万円に

株式会社オープンルームは、2019年12月に株式会社KVPを引受先とする第三者割当増資により2,500万円の資金調達を実施しました。本調達は、当社にとってベンチャーキャピタルを対象とする初の資金調達です。これにより当社がこれまでに行ったシードラウンドでの累計資金調達額は、約4,000万円になります。


  株式会社オープンルーム(以下「当社」)は、2019年12月に株式会社KVPを引受先とする第三者割当増資により2,500万円の資金調達(以下「本調達」)を実施しました。本調達は、当社にとってベンチャーキャピタルを対象とする初の資金調達です。これにより当社がこれまでに行ったシードラウンドでの累計資金調達額は、約4,000万円になります。

 本調達で得られた資金は、主に当社が運営する不動産業向け管理・編集SaaS「Forest(フォレスト)」の更なる開発費ならびに営業・マーケティングなどの営業活動費に充てられ、同サービスの更なる展開と顧客満足向上のために使われます。

  フォレストは、2019年8月にβ版ローンチした「Forest OCR」を改良し、年末に正式リリースした不動産仲介会社向けの画像編集・管理ソフトウェアです。サービスリリースから約1ヶ月を経た2020年2月時点で既に300社の不動産会社で導入されています。

  利用者はフォレストを通じて、「オビ替え」と呼ばれる物件広告チラシにおける他社の会社情報を自社のものと交換する作業や顧客への物件提案をオンライン上で効率的に行うことができます。

■KVPについて
株式会社KVPは、IT領域で事業展開しているシード・アーリーステージのベンチャー企業を対象に幅広く投資しているベンチャー・キャピタルです。投資対象は、VR/AR、IOTなど最先端のテクノロジー領域から物流、ヘルスケア、建築など既存産業の効率化を目指す領域など多岐に渡ります。2016年5月から投資活動を開始し、日本の企業を中心に米国、東南アジアなどの70社以上に投資しています。

■サービスについて

1) サービス概要
サービス名称 : フォレスト
サービスURL: https://forest.openrm.jp/

) サービスの主な特長
本サービスは、不動産仲介業者向けに提供する業務効率化オンラインSaaSです。物件図面の編集から顧客へのメール送信まで物件提案における業務をすべてオンライン上で完結できるサービスです。またOCR技術を採用しており、読み込んだ物件図面の文字をテキストデータとして自動で認識し、データベース化します。サービスが提供する便利な機能は、以下です。
  1. オビ替えも10秒でできちゃう、画像編集
  2. 一括入稿した複数図面イメージを、AIが自動仕分け
  3. オンラインで効率的に物件提案ができる、お客様ページ
  4. 図面上の文字を自動で認識、OCRテキスト検索
  5. 物件情報を丸ごとデータベース化・いつでも手軽に参照
  6. クラウド上で物件提案ができる、お客様ページ機能

3)ユーザーの声抜粋(導入事例インタビューより)
「お客様に後日物件出しを行う際の物件図面の帯替え「お客様ページ」機能を使ってオンライン上でお客様に物件提案を行う際に活用しています。フォレストPROは、シンプルかつわかりやすいインターフェースで誰でもすぐに使えます。物件提案にかかる時間を大幅に短縮できました。(たとえば)フォレスト導入前は、帯替えからメール添付までの一連の工程に平均30分ほど費やしていたのが、フォレストを導入したことで、わずか5分まで短縮できました。単純な事務作業にかかる手数を一手でも二手でも減らし、お客様へのフォローに時間を回したいという仲介業者にオススメです。」(株式会社ツナシマ 代表取締役 綱島陽介様)

※詳しくは下記をご参照ください
https://forest.openrm.jp/interviews/tsunashima-tokyo-bunkyo/

) サービスプランと料金設定
個人で営業されている仲介事業者様などにも、安心して気軽にご利用頂ける料金設定(1ユーザーあたり月額2,480円〜)でご案内しています。


当社について
株式会社オープンルームは、不動産業界向けオンラインSaaSを手掛ける不動産テックベンチャーです。2017年9月に渋谷で創業し、これまでに様々なアプリケーション開発を手掛けてきた実績を有しています。2020年2月現在は、5名のメンバーで自社サービスの開発及び運用を行なっており、うち3名は外国籍という不動産テックとしては珍しく、文化、人種共に多様性に富んだベンチャー企業です。

■代表者略歴
2006年にドイツ証券株式会社不動産投資銀行部へ新卒入社。ドイツ銀行が運用するグローバル投資ファンドによる商業用不動産投資案件に携わる。2011年からはドイツ銀行ロンドン支店にて欧州圏での投資業務を担当。不動産における知識と経験を活かし、ITを活用することで業界における業務効率化を図るため、2017年にOpen Room Inc.を創業し、代表取締役に就任。カリフォルニア州立大学サンディエゴ校経営学部卒。

■会社概要
商号  : 株式会社オープンルーム (英文名:Open Room Inc.)
代表者 : 代表取締役 田沼 豊寿
所在地 : 東京都渋谷区渋谷2-2-17 トランスワークス青山3F
設立  : 2017年9月
資本金 : 25,500,807円
URL  : https://openrm.co.jp/

<報道関係者によるお問い合わせ先>
株式会社オープンルーム  広報担当
TEL     : 03-6451-1608  / E-mail : info@openrm.co.jp

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オープンルーム >
  3. OCRで不動産データビジネスを目指すオープンルームがKVPから2,500万円を調達