アイネット、宇宙スタートアップSPACE WALKERとスペースプレーン事業の展開に関し業務提携契約締結

 株式会社アイネット(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:坂井満、以下アイネット)と株式会社SPACE WALKER(本社:東京都港区、代表取締役CEO:眞鍋顕秀、以下SPACE WALKER)は、この度、再使用型有翼式サブオービタルスペースプレーン(以下スペースプレーン)事業の展開に関し業務提携契約を締結しました。

 誰もが飛行機に乗るように気軽に宇宙へ旅することができるスペースプレーンを開発し、日本初の有人宇宙飛行を目指すSPACE WALKERと、1977年の気象衛星ひまわり初号機の打上げからスタートし、宇宙開発事業には40年以上の経験を有するアイネットの両社は、自由に宇宙を往来する未来の実現に向け本事業を展開してまいります。

SPACE WALKER について https://space-walker.co.jp/
 SPACE WALKERは、スペースプレーンの設計・開発、スペースプレーンを利用した輸送サービスを提供するために2017年12月に設立されました。創業者が1980年代からのスペースプレーン研究で培ってきた技術を活かし、技術パートナー企業と共に宇宙利用ビジネスに必要不可欠な「宇宙へのアクセス」の確立を目指し日々研究・開発を進めています。

 2022年頃には無重量実験サービスの提供、2024年頃には小型衛星打上サービスの提供、そして、2027年頃には有人宇宙飛行サービスの提供を目指しています。

 

 

 





●設立:2017年12月25日
●事業内容:スペースプレーンの設計・開発、スペースプレーンを利用したサービス提供
●提供予定サービス:科学実験・無重力実験、小型衛星軌道投入、宇宙旅行

業務提携の概要
①スペースプレーン開発の技術サポート
②スペースプレーンの運用サポート
③情報セキュリティマネージメント体制構築サポートアイネットは、データセンター事業者、クラウドサービスプロバイダーの立場を活かし、SPACE WALKERの情報セキュリティマネージメント体制の構築をサポートします。

アイネットについて https://www.inet.co.jp/
 アイネットは自社データセンターをベースに各種情報処理を行うとともに、システムの企画・開発から運用・監視までカバーする独立系ITサービスプロバイダーです。

 煩雑なガソリンスタンドの事務処理の合理化やクレジット処理を代行する会社として1971 年に設立されました。以来その取り扱いを拡大する中でデータセンター運用のノウハウを蓄積、お客様からも大きな信頼を寄せられてきました。データセンターを利用する業種も金融業、流通業、官公庁、e ビジネス、外資系企業をはじめ多岐にわたっております。

 現在は、国内最高レベルのデータセンターをベースに、クラウドサービスビジネスを積極的に展開しており、自社のクラウド基盤上に業種業態を問わず利用可能なアプリケーションレイヤーのメニュー拡充を加速させています。一方システム開発事業ではAI、IoTなど先端の分野に注力するとともに、今後大きな市場拡大が見込まれている宇宙利用産業への取組みを本格化しています。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アイネット >
  3. アイネット、宇宙スタートアップSPACE WALKERとスペースプレーン事業の展開に関し業務提携契約締結