台湾を代表する23社から64のスマート機器が一堂に会する「2019台湾エクセレンス記者発表&セミナー商談会」を開催

最先端技術を駆使した台湾ブランドのスマート機器製品を展示紹介

台湾貿易センターは、2019年9月25日(水)にマンダリン オリエンタル 東京において、最先端技術を駆使した台湾ブランドのスマート機器製品を展示紹介する「2019台湾エクセレンス記者発表&セミナー商談会」を開催します。本イベントでは、産業のIoT化に対応する「ICT情報通信技術」、高度な医療サービスを実現する「スマート医療」、IT技術の活用によって日々の暮らしに豊かさをもたらす「スマートライフスタイル」の3カテゴリーにフォーカスした23社64製品が展示紹介されます。
台湾貿易センター(TAITRA)は、2019年9月25日(水)にマンダリン オリエンタル 東京(東京都中央区)において、最先端技術を駆使した台湾ブランドのスマート機器製品を展示紹介する「2019台湾エクセレンス記者発表&セミナー商談会」を開催します。
 

2018年大阪での開催様子2018年大阪での開催様子

2019台湾エクセレンス記者発表&セミナー商談会では、2019年度に優れた台湾ブランド製品に贈られる賞「TAIWAN EXCELLENCE※」を受賞した製品の中から、3Dカメラ、AI顔認証エンジンなど産業のIoT化に対応する「ICT情報通信技術」、内視鏡ホルダーロボットといった最先端高度な医療サービスを実現する「スマート医療」、消毒スプレー、電動ワインディスペンサーなどIT技術の活用によって日々の暮らしに豊かさをもたらす「スマートライフスタイル」の3カテゴリーにフォーカスした23社64製品が展示紹介されます。 

当日午前10:30より(報道受付10:00より)開催の記者発表会では、特別に株式会社産業タイムズ社 代表取締役社長 泉谷渉氏を招き「台湾半導体産業の最新動向」について講演します。そしてASIA-NET代表の吉村章氏より「台湾情報通信産業」について事例を交えながら解説します。また台湾エクセレンス受賞企業2社より代表者が登壇し、製品発表を行います。

午後13:30より、各カテゴリーから3社(計9社)の受賞企業によるセミナーを開催します。各社製品の紹介及び事業戦略について講演し、台湾ブランドならではのアイディアが盛り込まれた製品の日本市場における普及促進や今後の展望について訴求します。

スマート機器分野において多くの台湾ブランド製品が世界中で利用されており、今後ますますの成長が見込まれています。本イベントでは、産業用コンピューターメーカーのAdvantech(アドバンテック)社、ノートPC/タブレットやスマホを手掛けるASUS(エイスース)社をはじめ、台湾を代表する企業が提供するIT、医療、生活に関わる各種スマート機器をワンストップで見ることができます。

本イベントは入場無料で、参加には事前申し込みが必要となります。下記サイトをご利用ください。
事前登録サイト: http://www.taitratokyo.org/mailmag/acc.cgi?id=15662597561407
もしくは、台湾貿易センター東京事務所(TEL:03-3514-4700)までお問い合わせください。

※TAIWAN EXCELLENCEは、日本の経済産業省に相当する中華民国経済部が、優れた台湾ブランド製品に贈る賞です。1993年に創設された同賞は、日本でも知られている自転車産業のGIANT(ジャイアント)、MERIDA(メリダ)、STRiDA(ストライダ)、情報通信産業のAcer(エイサー)、ASUS(エイスース)、HTCなども受賞しています。

【開催概要】
<​日時> 2019年9月25日(水)10:00~17:00
<会場> マンダリン オリエンタル 東京 3階 グランドボールルーム / サンクチュアリーホール
    東京都中央区日本橋室町2-1-1
<内容> 午前10:00 - 午後17:00 商談会
    午前10:30 - 正午12:00 記者発表(10:00受付開始)
    午前13:30 - 午後15:30 セミナー(13:00受付開始)
<主催> 中華民国経済部国際貿易局
    台湾貿易センター
<出展企業> ●ICT情報通信技術:Accton / ASUS / CyberLink / LIPS など8社
      ●スマート医療:Advantech / EPED / HIWIN / Imediplus など7社
      ●スマートライフスタイル:CviCloud / ELECLEAN / Mercuries Asia / TOKUYO など8社
<一般の問合せ> 台湾貿易センター 東京事務所 03-3514-4700

【主な出展企業と展示製品】
ICT情報通信技術 
 

MetroLinq 10GMetroLinq 10G

■社 名:アクトンテクノロジィ株式会社/Accton Technology Corporation
■商品名:MetroLinq™ 10G Omni 10G 3バンド高速無線LANベースステーション

MetroLinq 10Gは最大10Gbpsの高性能な接続性を持ち、周囲360°に対し60GHz、5GHz、2.4GHzの3つの帯域による通信を提供する、世界初のPTMPベースステーションです。無線区間においてトータル16.393Gbpsの性能を有し、より多くのクライアントに高速通信を提供することができます。本製品はCOMPUTEX TAIPEI 2018において、そのユニークで高性能な機能が認められ、Best Choice Golden Awardを受賞しました。


 

LIPSedge DLLIPSedge DL

■社 名:LIPS Corporation
■商品名:LIPSedge DL 3Dカメラ

LIPSedge DLは人流解析、顔認識、行動分析、デジタルサイネージ、ロボット・ロボットアーム、3D計量・計測、AR/VRといった応用において、精確かつ高品質な映像アウトプットを実現する3Dカメラです。Windows、Linux等数多くのシステムプラットフォームと互換性を持ち、便利にインテグレーションを行うことができます。


 

FaceMeFaceMe

■社 名:サイバーリンク社/CyberLink Corp.
■商品名:FaceMe AI顔認識エンジン

FaceMeはディープラーニングによる高度なAI技術を採用した高速で正確な顔認識エンジンです。個人の特定だけでなく、年齢、性別、感情の分析も可能な、クロスプラットフォーム対応のソフトウェア開発キット(SDK)です。



スマート医療 
 

MICA-053MICA-053

■社 名:アドバンテック株式会社/Advantech Co., Ltd.
■商品名:MICA053 5インチ医療用手持ちタブレット端末

MICA-053は医療規格の機能を備えた5インチ医療用手持ちタブレット端末で、ナースステーション、薬局、研究所、及び医療機器室での利用に適した製品です。多様な通信テクノロジーによって、医療在庫管理、医療相談、患者の本人確認、薬物管理などの日常業務における優れた接続性とデータストリームを実現します。本製品は、13メガピクセルのカメラと1D / 2Dバーコードスキャナを備えるなど複数のデータ収集機能を提供することでデータ取得を合理化します。IP54対応。

 

RETINARETINA

■社 名: EPED Inc.
■商品名:RETINA 手術用ナビゲーションシステム

RETINAは神経外科、頭蓋顎顔面外科、耳鼻咽喉科、整形外科、形成外科、口腔顎顔面外科、および各種低侵襲手術におけるナビゲーションに適合する手術用ナビゲーションシステムです。手術時に器械を病変部へとリアルタイムでナビゲーションするとともに、同時に医療映像を提供し、従来の手術よりも傷口を小さく抑えます。




 

MTG-H100MTG-H100

■社 名:ハイウィン株式会社/HIWIN Corporation
■商品名:MTG-H100 内視鏡ホルダーロボット

MTG-H100内視鏡ホルダーロボットは低侵襲手術に使用される医療用ロボットです。様々な角度にアームを動作させても内視鏡挿入部は1点に固定されており、切開部分を最小限に抑える事が可能です。また医師の動きと同方向の映像を映すことが可能なため、直感的に操作ができます。安定感のある映像を医師に提供する事ができ、手術中の患者への負担軽減や手術効率及び医療品質向上を図る事が可能です。


 

DS101DS101

■社 名:Imediplus Inc.
■商品名:DS101 電子聴診器

DS101は計測と同時に対象器官とその位置を記録できる電子聴診器です。フィルタと周波数選択によって容易な生体音聴診が可能なほか、聴診音を28dB増幅することで微かな心音も明確に識別でき、心音の波形を可視化できるため聴覚と視覚の両方を用いた診断で心雑音の識別を容易にします。







スマートライフスタイル

 

Opro9スマートコンセントOpro9スマートコンセント

■社 名:CviCloud Corporation
■商品名:Opro9スマートコンセント

Opro9スマートコンセントは、Apple HomeKitのライセンス認証を取得しており、「ホーム」Appで手軽に家電をリモコン操作でき、iPhone/iPad、Siri音声、HomePodに対応しています。またApple Homekit対応のアクセサリと組み合わせて使用できます。本製品は北米のETL/FCC規格および台湾のNCC規格に対応しており、過電流アラート・保護、優れた防火性・耐燃性といった特徴を備えています。メーカー1年保証。


 



この他全出展企業資料はこちらのQRコードをご利用ください。

もしくは、https://reurl.cc/ZnnKVV よりダウンロードください。


 

 

TAIWAN EXCELLENCEマークTAIWAN EXCELLENCEマーク

■TAIWANEXCELLENCE(台湾エクセレンス)について:
台湾エクセレンスのシンボルは、世界中のユーザーに素晴らしい価値を届ける最も革新的な台湾の製品に付与されます。このシンボルが付された製品はすべて、研究開発、設計、品質、マーケティング、製造におけるその卓越性に基づいて台湾エクセレンス賞に選出されています。1992年に中華民国経済部(日本の経済産業省に相当)によって始められた台湾エクセレンスのシンボルは、102カ国で認知されています。また、台湾エクセレンスの展示体感イベントは、毎年世界各国で開催され、各分野で注目を集めています。今年も世界33都市で開催する予定です。
https://www.taiwanexcellence.org/jp

■中華民国経済部国際貿易局について:
中華民国経済部の国際貿易局(BOFT)は、外国貿易と経済協力に関連する政策と規定の実施を担っています。
1969年1月に設立されたBOFTの役割と位置づけは、変化し続ける世界の経済と貿易環境のニーズを満たすべく定期的に調整されてきました。BOFTは国内外における数々の貿易関連プロモーションプロジェクト・イベントにおいて中華民国対外貿易発展協会(日本での名称は台湾貿易センター、略称TAITRA)を指導し、協力しています。数十年にわたりTAITRAと緊密な連携を保っているBOFTは、ビジネス、貿易および投資に関連する重要な政府プロジェクトを今後も引き続きTAITRAに委託し、あらゆる面から台湾の海外プロモーションを行っていきます。
https://www.trade.gov.tw/

■台湾貿易センター(TAITRA)について:
台湾貿易センター(TAITRA)は、1970年に台湾の対外貿易推進を目的に、台湾政府と業界団体の支援により設立された日本の日本貿易振興機構(JETRO)に相当する非営利公的貿易振興機構です。台北本部名称は中華民国対外貿易発展協会といい、台湾国内4ケ所の事務所と世界各地にある約60の海外事務所をネットワークして、台湾企業・メーカーの国際競争力の強化、海外企業のビジネスマッチング、世界市場への進出、外国企業の台湾調達、投資及び技術協力提携などサポートしています。
https://tokyo.taiwantrade.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 台湾貿易センター >
  3. 台湾を代表する23社から64のスマート機器が一堂に会する「2019台湾エクセレンス記者発表&セミナー商談会」を開催