メール配信サービス「配配メール」、メールマーケティングの勝ちパターンを見つけるための新プラン「Bridge」をリリース

中小企業向けのクラウドサービスを提供する株式会社ラクス(本社:東京都渋谷区 代表取締役:中村 崇則)は、メール配信サービス「配配メール」にてメールマーケティングの勝ちパターンを見つけるための新プラン「Bridge(ブリッジ)」を2019年10月10日より提供開始いたします。

【配配メールBridge 特設ページ】
https://www.hai2mail.jp/lp/bridge/

「配配メールBridge」は、自社のメールマーケティングの「勝ちパターン」の発見や、見込み顧客を簡単に可視化できるようになることで、将来のマーケティングオートメーションツール導入の手助けとなるサービスです。
  • 「配配メールBridge」開発の背景
マーケティング活動の効率化を期待してマーケティングオートメーションツールを導入したものの、当初期待していた効果を十分に出すことが出来ず、ツールの運用を断念したという企業からの相談が増加しているのを受け、その課題を解決するための新プランをリリースすることといたしました。

マーケティングオートメーションツールが利活用できない原因のひとつに、メールマーケティングの「勝ちパターン」を見つけられていない状態でツールを導入してしまっていることがあります。たとえば、マーケティングオートメーションツールを使ってメールマーケティングを成功させるためには、「見込み顧客の温度感に合わせた適切なセグメント配信」と「適切なタイミングでの顧客アプローチ」が欠かせません。(※)

しかし、これまでのメール配信ツールでは、上記2つを行うためには都度の手作業が必要であり、日常的な運用は現実的ではなく、メールマーケティングにおける勝ちパターンの発見の難易度は高い状態でした。

そのため、多くの企業においては勝ちパターンを発見していないままマーケティングオートメーションツールを導入してしまうことになり、ツール側での適切な設定がわからず、業務効率化の恩恵を受けることが出来ませんでした。(※)下記表におけるPhase3

そのため、配配メールBridgeでは以下のような特徴を持った機能を開発いたしました。
 
  • 特徴1:ホットリード抽出機能により見込み顧客を瞬時に可視化
メールを開封した/クリックしたユーザーを、複数のメール配信結果から横断してリスト化することができます。
自社が発信する情報に対して反応の良い見込み顧客を特定できるため、優先的にフォローすべき顧客を簡単に可視化することができます。

  • 特徴2:メール配信結果を起点として顧客ステータスを自動で管理
メールの開封やクリック、特定ページへの来訪を起点として、顧客のステータスを自動で変更できます。検討度合いに応じて顧客のステータスを配信リストの抽出条件に使えるため、柔軟なセグメント配信が可能となります。

  • 特徴3:Webサイトに訪問した見込み顧客に対して自動でアプローチ
指定したWEBページに来訪した見込み顧客に個別メールやステップメールを自動で配信することが出来ます。例えば、料金ページを閲覧した顧客にはキャンペーン情報を送るなど、そのページに適した訴求を自動で配信することで見込み顧客を手間なくフォローできます。
また、指定した営業担当者やマーケティング担当者などにページ来訪者を通知することもできるため、すぐにアプローチするといったことも可能です。

  • 特徴4:シナリオメール機能でメールの反応を基に次アクションを自動化
メールの開封やクリックを起点として、ステップメールを配信することが出来ます。
メールへのアクションに応じてステップメールを出し分けられるので顧客の温度感に合わせて適切なアプローチを自動化し効率的かつ効果的なフォローが行えます。

  • メール配信サービス「配配メール」について
メールマーケティングは小さなコストで確実にリターンを得ることが出来る数少ないマーケティング手法です。
しかし、ツールを導入しただけで売上が上がるということは、残念ながらあり得ません。

ツールの導入はマーケティングの手段のひとつであって、目的ではありません。
そのため、私たちはツールの導入をスタート地点と考え、お客様の成功をゴールに設定しています。

ツールの導入をきっかけとし、私たちの持つメールマーケティングのノウハウやテクニックを惜しみなくお客様にご提供させていただくことで、お客様のビジネスの成功をお手伝いさせていただきます。

「配配メール」は、メールマーケティングを、もっと効果的に、もっとラクにするメール配信サービスです。
 

【配配メール ホームページ】
https://www.hai2mail.jp/
  • 会社概要
企業名:株式会社ラクス
本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目27-11アグリスクエア新宿
代表者:代表取締役 中村崇則
設立:2000年11月1日
資本金:3億7,837万8千円
市場:東京証券取引所 マザーズ(コード:3923)
事業内容:クラウドサービス事業
Webサイト:https://www.rakus.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ラクス >
  3. メール配信サービス「配配メール」、メールマーケティングの勝ちパターンを見つけるための新プラン「Bridge」をリリース