チーターデジタル、電通デジタルとゼロパーティデータを活用した企業のロイヤルティ戦略支援において協業を発表

日本市場でのCheetah Digital Customer Engagement Suiteの活用を推進

現代のマーケティング担当者向けに、次世代の顧客エンゲージメントソリューションを提供するチーターデジタル株式会社(本社:東京都中央区、カントリーマネージャー: 公家尊裕、以下チーターデジタル)は本日、株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:川上宗一、以下電通デジタル)と、クライアント企業のロイヤルティ戦略支援において協業することに合意しました。次世代マーケティング プラットフォームである Cheetah Digital Customer Engagement Suite(以下、Customer Engagement Suite)の日本展開を加速するために、チーターデジタルと電通デジタルは共同で同製品の市場への提案と実装を推進し、クライアント企業が求めるパーソナライズされた顧客体験、クロスチャネル メッセージング、ロイヤルティ戦略の実現を支援します。

顧客と企業との最適な関係は、クーポンやポイントなどの一時的な価値提供のみでは限界があります。Customer Engagement Suiteは、「ロイヤルティ マーケティング」と、顧客やユーザーが自発的に興味関心や嗜好を提供する「ゼロパーティデータ」を軸に、顧客一人ひとりに適したブランド体験の提供が可能となります。「ゼロパーティデータ」は、国内外における個人情報保護の重要性の高まり・ルール厳格化を受けて注目されている概念であり、Customer Engagement Suiteはアプリやウェブサイトにおける顧客との自然なインタラクションを通じてこの「ゼロパーティデータ」をスムーズに取得する機能を有しています。その機能の活用により、取引行動のみで対応する従来のロイヤルティ管理とは異なり、顧客の自発的な提供意思と活用承諾のもとで取得した数百万のデジタル情報を蓄積することで、メール、モバイル、ソーシャル、モバイルアプリ、およびPOSシステムなどタッチポイントでの行動をより適切に認識し、顧客の期待に応えることができます。

企業における顧客関係構築の在り方が変化する今、チーターデジタルと電通デジタルの両社は共同で以下のサービスを提供します。
  1. 顧客ロイヤルティ戦略の構築支援 - クライアント企業におけるマーケティング成果の最大化を支援するために、顧客との関係性を再定義し、ブランド主導のオリジナルのロイヤルティ体験の設計を支援します。
  2. ゼロパーティデータの収集支援 - 興味関心や嗜好など、消費者のみが保有し、企業に自発的に提供するデータ= ゼロパーティデータを企業と顧客の関係構築の資源とするために、データ収集のための顧客インタラクション体験を設計し、実装します。
  3. Customer Engagement Suiteの提案・導入・運用支援 - ロイヤルティ戦略を実現するCustomer Engagement Suiteの活用をクライアント企業へ提案し、導入を支援します。導入後も安定的に運用できる伴走サービスおよびサポートを提供します。

チーターデジタルのグローバル チャネル & パートナーシップ担当、シニアバイスプレジデントのアーロン・ワトソン(Aaron Watson)は、次のように述べています。「デジタル領域における幅広い経験を持つ電通デジタルと共同で、次世代のロイヤルティプログラムを日本市場において推進できることを嬉しく思います。このパートナーシップにより、クライアント企業におけるより拡張性のあるマーケティング施策を実現させ、真のロイヤル顧客を核にした事業の成長をサポートします」

電通デジタルのデータ/テクノロジー領域担当執行役員である小林大介氏は、次のように述べています。「ポイントなどの経済的インセンティブだけでなく、顧客への深い理解にもとづく特別な体験などの心理的インセンティブを盛り込んだロイヤルティプログラムは、顧客LTV向上の手段として重要性が再認識されています。電通デジタルのプログラム設計力とチーターデジタルの先進ソリューションの組み合わせにより、クライアント企業のロイヤルティプログラム構築・運用を強力にご支援します」

チーターデジタルは、今後も電通デジタルとの協業を通し、クライアントの期待に応じた高度なロイヤルティ戦略を計画し、事業成長を支援してまいります。

チーターデジタルについて
チーターデジタルは現代のマーケティング担当者向けの次世代の顧客エンゲージメントソリューションプロバイダーです。Customer Engagement Suiteにより、マーケティング担当者は、今日の変化する消費者需要に合わせた対応を拡張できるだけでなく、Engagement Data Platformで、顧客一人ひとりに適した体験およびクロスチャネルメッセージング、ロイヤルティ戦略を展開できます。アメリカン・エキスプレス、ヒルトン、ウォルグリーン、ウィリアムズ ソノマを含む世界最高のブランドの多くが、チーターデジタルのソリューションを活用し、収益の促進、永続的な顧客関係の構築、顧客ライフサイクル全体でのユニークな価値交換を実現しています。詳細については、 www.cheetahdigital.com/jp をご覧ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. チーターデジタル株式会社 >
  3. チーターデジタル、電通デジタルとゼロパーティデータを活用した企業のロイヤルティ戦略支援において協業を発表