デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する「レガシーシステムのリプレイス」サービスを提供開始

システムのリプレイス(移行)や、モダナイゼーション(先端技術の適用)を通じて、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現します。

MMM
株式会社MMM(エムエムエム)は、老朽化したレガシーシステムにつきまとう技術的負債を解消して、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する「レガシーシステムのリプレイス」サービスを正式に提供開始しました。
MMMは、クラウド技術を活用し、システムのリプレイス(移行)やモダナイゼーション(先端技術の適用)を行うことで、レガシーシステムの技術的負債を解消するための専門知識の獲得やワークフローの検証を進めてきました。

この度、必要とされるナレッジが十分に蓄積し、提供体制の整備も完了したことから、体系的な「レガシーシステムのリプレイス」サービスとして公開・提供開始を行うことにしました。

クラウド技術を活用してアプリケーション基盤を構築する「クラウドネイティブ」な方法論を中心に、システム総保有コスト(TCO)最適化、セキュリティ対策、DevOps、最先端のクラウドテクノロジーなど、重要なコンセプトとメソッドを取り入れたアプローチを行い、貴社のデジタルトランスフォーメーション(DX)を強力に推進してまいります。



多くの企業が直面している「レガシーシステム」という課題

レガシーシステム(※1)とは、老朽化して簡単には変更できないシステムのことを指します。

「新しい機能を追加したいのに、システム開発に時間がかかり過ぎてビジネスが進まない」、「バグの多発や性能劣化などの問題を抱えているのに、既存のコードが複雑で手が付けられない」、「システムの保守・運用コストが高止まりして、経営を圧迫している」・・このような課題を抱えていたら、レガシーシステムの問題に直面している可能性があります。

レガシーシステムには、高い保守・運用コストがかかり続けます。性能が劣化し、不具合が頻発するなどの問題が発生しやすくなったり、問題が起こる度に追加開発を行って応急処置をする必要に迫られたりします。このように、過去の問題のツケを払い続ける状況のことを、比喩的に「技術的負債」(※2)と呼び、経営上の重大な課題だと認識されるようになってきました。

※1 一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)は、レガシーシステムを「技術面の老朽化、システムの肥大化・複雑化、ブラックボックス化の3つの課題を持つシステム」と定義しています。

※2 経済産業省は、「デジタルトランスフォーメーション(DX)レポート ~IT システム「2025 年の崖」の克服と DX の本格的な展開~」の中で、技術的負債について「本来不必要だった運用・保守費を支払い続けることを意味し、一種の負債ととらえることができる」と説明しています。



「レガシーシステムのリプレイス」サービスの特長
 


MMMは、レガシーシステムに悩まされ、高い技術的負債を払い続けている企業に対して、専門のクラウド技術で課題解決を行う方法論を長い時間をかけて検討・開発してきました。

「レガシーシステムのリプレイス」サービスは、以下のような特徴があります。

・本来のビジネスロジックをスクラッチ開発
現行のコードが複雑化して、本来あるべきビジネスロジックとの乖離がある場合は、ビジネスロジックを再整理した上で、スクラッチ(ゼロベース)で開発を行います。

・リファクタリングによる内部構造とソースコードの改善
現行のソースコードに改善余地がある場合は、専門のエンジニアによるリファクタリング(内部的な改善)やモダナイゼーション(最新技術の導入)を行うことで、システムのパフォーマンスやメンテナンス性を向上させます。

・継続的デリバリー(CD)でリリースプロセスを自動化
ビルドからテスト、デプロイまで、リリースプロセス全体を自動化する継続的デリバリー(CD)を実現し、リリースまでのサイクルを早めます。

サービスの詳細は以下のページから確認できます。

・レガシーシステムのリプレイス | 株式会社MMM
https://mmmcorp.co.jp/service/legacysystem/



株式会社MMMの事業内容

株式会社MMMは、クラウド領域に特化したシステムインテグレーターです。「情報化社会を生きる人々の幸せに貢献し続ける」というミッションを掲げ、クラウドの徹底活用を軸としたコンサルティングから、AWSの設計・開発、攻めの運用までをワンストップでサポートしています。

 MMMのソリューションは様々な業界のお客様に好評頂いており、2019年にAWSアドバンスドコンサルティングパートナー、同年にAWSサービスデリバリープログラム(Amazon CloudFront / AWS Lambda)の認定も受けました。

最も得意とするソリューションは、AWSを活用したサーバーレス・コンピューティングです。サーバー管理を不要にし、真の従量課金制を実現するAWS Lambdaの導入や、AWS Fargate/Amazon ECSを使ったDockerコンテナ基盤の構築を行っています。詳細は以下をご覧ください。

・サーバーレスアーキテクチャ(AWS Lambda)
https://mmmcorp.co.jp/service/serverlessarchitecture/

・Dockerコンテナ基盤(AWS Fargate/Amazon ECS)
https://mmmcorp.co.jp/service/dockercontainer/



MMMの会社情報

会社名:株式会社MMM(エムエムエム)
設立年:2009年9月
所在地:東京都豊島区東池袋1−42−15, 310
代表取締役:国本 廷宣
事業内容:AWSなどのクラウド導入支援・構築・運用代行、Web・業務システム・モバイルアプリ開発・運用、アプリや業務システムのバージョンアップ・作り直し、チーム開発支援と開発環境・開発フローの最適化支援、リモートでのシステムエンジニアリングサービス
コーポレートサイト:https://mmmcorp.co.jp/
MMMブログ:https://blog.mmmcorp.co.jp/

※アマゾン ウェブ サービス、AWS、AWS Lambda、Amazon CloudFrontは、Amazon Web Services, Inc. およびその関連会社の商標です。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MMM >
  3. デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する「レガシーシステムのリプレイス」サービスを提供開始