「江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博」開催中

神田明神から“日本のあかりやカルチャー”を世界に発信!初開催の体験型展覧会

神田明神文化交流館「EDOCCO STUDIO」(千代田区外神田)では、2019年12月7日(土)〜2020年2月9日(日)まで「江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博」を開催しております。

 

初開催となる本イベントには、日本全国から約40ものクリエイターが集結しました。「アート」「祭り」「デザイン」「職人」「テクノロジー」といった5つのジャンルが“あかり”を通じて1つになり、歴史ある神田明神の地に新たな世界を創り出します。
「アート系アトラクション」と表現する本展最大の特徴は、アート展示にアトラクション要素を組み合わせた体験型のアート展であること。アート作品を鑑賞するだけでなく、案内役の演者やゲストによるアート作品への投げかけによって展開するストーリーを進めていくことができ、ゲストの選択次第で「ストーリーの結末」が変化するので、ご覧いただける作品や演出効果を多種多様に楽しめます。また、演劇性に富んだ案内役のスタッフ達がストーリーテラーとしてゲストをアトラクションの世界へ導いていきます。そのほか、ゲストの投げかけに「青森ねぶた」をはじめアナログな立体作品が呼応するなど“アナログ インタラクティブ”な体験”ができるのも特徴の一つです。舞台となる、神田明神文化交流館「EDOCCO STUDIO」は「伝統×革新」をコンセプトに、新たな文化を創出する交流の場として昨年誕生した施設です。この冬、この伝統の地であかりを灯し、新たな革新を巻き起こします。
 
  • 見どころ① ストーリーと共に楽しむ体験型のアート展示
作品と共に展開されるのが、パワースポット「神田明神」ならではのストーリー。会場から聞こえてくるのは日本を代表する敵役のレッテルを貼られた吉良上野介の声。名君としての評判がある反面、『忠臣蔵』などの創作ストーリーの影響によって刷り込まれた「悪」のレッテルは今も強く、積年の葛藤にとらわれた吉良が異界の門へとゲストを誘い出します。ストーリー中には、ゲスト自らが選択を迫られる場面もあり、選択によって迎える結末が変化します。その道中を盛り上げるのは、現役で役者や声優としても活躍する演劇性に富んだスタッフたち。アート展なのに、まるでアトラクションのような体験ができる、唯一無二の“アート系アトラクション”の誕生です。
 
  • 見どころ② 作品と会話ができる!“アナログ インタラクティブ”な展示
アナログな立体作品にデジタル技術を融合することで、ゲストの呼びかけに作品が呼応する“アナログインタラクティブ”な体験ができる作品たち。「ガラスに投影された水彩画のモーショングラフィック」とゲストが自由な会話を楽しむ作品は唯一無二です。グラフィックの声は、次世代を担う声優や俳優が日替わりでリアルタイムに担当します。また、身長を超える巨大な「青森ねぶた」の作品では、ゲスト自身が自らねぶたを点灯させたり、ゲストの投げかけが作品に影響を与えます。“アナログ×デジタル”の新感覚の体験ができる空間をお楽しみください。


 
  • 展示作品紹介 ※掲載は抜粋した一部のみの紹介
ストーリーに沿って構成された展示ゾーン。異界の世界へ足を踏み入れたゲストたちは、若き日の吉良上野介との出会い、百鬼夜行をはじめとする妖怪たちがひしめく、不思議なあかりの空間を進んでいきます。終盤には鬼と化した吉良が待ち構え、その先に対面したゲストが見る世界とは…!?
 


①神田明神の地下
薄暗い地下で美しい光を放つのは、光と反射の空間作品を創りだすアート集団「MIRRORBOWLER (ミラーボーラー).」の作品。目線を変えて鑑賞することで、見え方が大きく変わる不思議な光の世界が入り口でゲストを迎えます。


②異界の門
この世のものではない異界の世界へと誘う扉をアート作品で表現。ネオンの光がこれから待ち受ける妖怪話の序章を語り出します。


③若き吉良との出会い
ガラスに投影された水彩画のモーショングラフィック(若き吉良の姿)とゲストがリアルタイムで会話できるインタラクティブなアートは必見!

 


④百鬼夜行
足を踏み入れた先に待っているのが、様々なアーティストによって表現された百鬼夜行の世界。切り絵作家の早川鉄兵氏(滋賀県)や妖怪絵師の満尾洋之氏(千葉県)の作品のほか、こけし作家の林貴俊氏(宮城県)が創り出す可愛らしい妖怪こけしの行列など、百鬼夜行の行列に入り込んだ気分でお楽しみください。

 


⑤闇と疑いの回廊
こけし作家の林貴俊氏(宮城県)が創り出す可愛らしい妖怪こけしのいる回廊を行くと、クライマックスへ誘うアクターが待ち受けます。


⑥決断の間
吉良上野介の怒りを、日本の伝統的な祭りの一つ「ねぶた祭」のねぶたで表現。ストーリーも終盤を迎え、怒りから鬼の姿へと変わってしまった吉良との対面を果たすゲストたちは重大な決断を迫られます。ねぶた師の北村春一(青森県)の迫力ある作品に、光演出のデザインを手掛ける西条信広氏が息を吹き込みます。伝統を守りながら、音や光の様々な演出が取り入れられた作品は唯一無二です。


➆浮世の絶景
百鬼夜行や吉良の怨霊の騒ぎが収まり、あたりには静寂と美しく煌めく、あかりの世界が広がります。一葉式いけ花 家元 粕谷尚弘氏(東京都)による、作品を中心に展示され、ゲストを温かく送り出します

  • 作品と一緒に楽しめる!「あかりのクラフトカクテルBAR」が期間限定オープン

ジャパニーズクラフトを提供するサントリーと、日本のクラフトを“あかり”で一つにする本展覧会が期間限定のコラボレーション!展示会場内に、優しい光に包まれた「あかりのクラフトカクテルバー」が誕生しました。日本ならではの細やかな職人技で、和素材の個性を余すことなく引き出しているサントリージャパニーズクラフトカクテル。奥深い香りや味わいを描き出したスピリッツやリキュールを使用した、全6種類のカクテルをお楽しみいただけます。
バーの壁には、自然豊かな伊吹山(滋賀県米原市)で暮らす動物たちを切り絵で表現した、切り絵作家の早川鉄兵氏の作品が展示されています。日本人らしい繊細な作業が施された切り絵アートを眺めながら、楽しいひと時をお過ごしください。

<メニュー>  全6種類 各500円(税込)※営業時間は会場時間に準ずる

・六ソーダ
日本の四季が生んだ香り豊かなジャパニーズクラフトジンROKUのソーダ割り
・白モスコミュール
日本の自然と職人技から生まれたジャパニーズクラフトウォッカHAKUのジンジャーエール割り
・山崎焙煎樽熟成梅酒ソーダ
梅酒樽で後熟したウイスキーで仕上げた、長く柔らかな余韻の贅沢な梅酒ソーダ割り
・奏 柚子ソーダ/抹茶ソーダ/白桃ソーダ
柚子や抹茶の香りや白桃の果肉感など素材の特徴を大切にした各種のソーダ割り
 

 
  • 江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博 イベント概要
名称:      江戸東京あかり展produced by 日本あかり博
会期:      2019年12月7日(土)〜2020年2月9日(日)
開場時間:月〜木10:00〜19:00(最終入場18:30)
     金〜日10:00〜20:00(最終入場19:30)
     ※2020/1/1〜1/3及び祝日は閉場20:00(最終入場19:30)
会場:      神田明神文化交流館 地下1階 EDOCCO STUDIO
        (東京都千代田区外神田2丁目16−2)
入場料:  一般 1,500円、前売り 1,300円、小中高校生 1,000円、未就学児無料

主催:     株式会社CoCoRo、一般社団法人 千代田中央文化交流推進機構
後援:    千代田区、千代田区観光協会、神田神社
企画制作・演出:株式会社オフィスミゴト(日本あかり博)
企画運営:株式会社CoCoRo、株式会社オフィスミゴト、株式会社新日屋、株式会社オーシャンキングジャパン
企画協力:株式会社ワールド航空サービス、東武トップツアーズ株式会社、株式会社ミキ・ツーリスト
URL:(イベントオフィシャルページ)http://edotokyoakari.com
    (日本あかり博オフィシャルページ)https://migoto.co.jp/akari_kanda_2019/
   

  


 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オフィスミゴト >
  3. 「江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博」開催中