小さな町から世界へチャレンジ! 地方創生最先端の町「徳島県三好市」

いま、徳島県三好市(人口2万6千人余り)という山間部にある小さな町が、ラフティングとウェイクボードの世界大会が2年連続開催されたことで注目されています。


「山と川以外なんちゃない!(何もない)」地元の人の口癖だった吉野川が、2つの世界大会で訪れたトップアスリート達から世界トップクラスの川と絶賛されたことで、吉野川上流域の大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)と下流のイケダ湖が世界に誇れるブランドとなっています。

三好市は日本三大秘境として有名で、数億年前からの地殻変動で出来上がった地形は、豊富な水量と大小数々の瀬がラフティング、カヌー、ディンギーなどの漕艇選手たちからは『奇跡の川』と呼ばれ、日本中からアスリートが集まるスポットになっています。

2020年8月 中国(桂林市)で開催されるラフティング世界選手権への日本代表権をかけ、本年10月26~27日に『第5回ラフティング全日本選手権(主催:一般社団法人 日本レースラフティング協会)』が開催されました。

三好市からの参加チーム“トラクト”は、テレビ番組の“情熱大陸”で紹介された元世界チャンピオン阿部雅代が監督を務めており、大会では見事3チームがクラス別優勝を果たしました。

地元中高生女子チーム“トラクト”が19才以下の「ユース女子」に、同じく地元 三好市のラフティングガイドチーム“シリウス”が「オープン女子」に、“R6マスターズ”が「マスターズ男子」に、各チームが世界選手権への出場権を獲得し、三好市の『奇跡の川』吉野川の大歩危・小歩危で練習を重ねて世界へ挑戦します。

本年11月28日に、世界へのキップを掴んだ地元チームが三好市の黒川征一市長を表敬訪問し、世界大会への抱負を報告しました。
選手たちから黒川市長に日本代表選手に選ばれた喜びや、世界大会への意気込みを述べ、それを受けた市長からは「健康には十分気をつけて、東京オリンピックを吹き飛ばすような開成報告を期待しています。」と激励の言葉が贈られました。

小さな地方都市からラフティングという競技に青春をかけるアスリートたちのチャレンジにご注目ください。

チーム“トラクト”の小井出美月さんは「始めたばかりのメンバーもいますが、練習を頑張って中国では優勝したいと思います」と抱負を述べた。チーム“トラクト”の小井出美月さんは「始めたばかりのメンバーもいますが、練習を頑張って中国では優勝したいと思います」と抱負を述べた。

三好市公式HP、Facebook、Instagramは以下をご覧ください。
【三好市公式HP】https://www.miyoshi.i-tokushima.jp/
【FaceBook】https://www.facebook.com/MiyoshiTokushima/
【Instagram】https://www.instagram.com/miyoshicity/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三好市 >
  3. 小さな町から世界へチャレンジ! 地方創生最先端の町「徳島県三好市」