JIFF とMSOL が共同事業開発チームビルディング研修プログラム「無⾔語コミュニケーション研修」提供開始


2019年12月23日
株式会社マネジメントソリューションズ
一般社団法人日本障がい者サッカー連盟

 

 

 

 ⼀般社団法⼈⽇本障がい者サッカー連盟(会⻑︓北澤豪、以下 JIFF)と株式会社マネジメントソリューションズ(代表:⾼橋信也、以下MSOLエムソル)は共同で、”体験型”の企業向けチームビルディング研修プログラム「無⾔語コミュニケーション研修」の提供を開始いたします。

 この研修は、デフサッカーまたはデフフットサル競技者(監督・コーチ・選⼿)が講師またはサポーターを務め、⾔語を使わないコミュニケーションでグループワークを⾏う体験型研修です。JIFF 加盟団体で国内におけるデフサッカーおよびフットサルを統括する⼀般社団法⼈⽇本ろう者サッカー協会にJIFF およびマネジメント研修のノウハウを持つMSOL が協⼒することで開発されました。
MSOL は、「マネジメントの⼒で社会のHappiness に貢献する」ことをミッションとし、サッカーを通じた共⽣社会の実現を⽬指すJIFF の活動に共感し、2018 年11 ⽉よりJIFF のパートナーとして⽀援を⾏なっております。両者の強みを活かしたこの研修プログラムを企業向けに提供することで、聴覚障がい者の活躍の場を増やし、社会の理解を促進することで共⽣社会の実現に貢献します。

 

■ 研修概要
デフサッカー※/デフフットサル競技者(監督・コーチ・選⼿)を講師またはサポーターとし、⾔語を使わないコミュニケーションを、グループワークを通して実体験いただきます。それにより、情報を伝える側は“懸命に伝えようとする”、受け取る側は“注意深く相⼿の意図を読み取ろうとする”といった基本原則の重要性を実感することができます。お互いをよりよく知り、チーム内の⾒えない壁を取り除くことで成果を出すチームを作ることができます。

(※デフサッカーとは、聴覚障がい者のサッカーであり、競技中は補聴器を外すことが義務付けられていることから「⾳のないサッカー」の愛称で呼ばれています。)

■ 研修の⽬的
- チームの繋がりを強化する 
- 伝える⼒を養成する 
- 共⽣社会を理解する

■ 想定対象者
 -新⼊社員研修
 - 新組織のチームビルディング
 - プロジェクトのキックオフ

 

■ 推奨⼈数 
15 名〜30 名 


■ 実施時間
120 分程度

■ 費⽤
⼀研修(120 分)40 万円〜
※事業収益は、諸経費を除き全てJIFF を通じて障がい者サッカーの活動費に充てられます。


■研修のお問い合わせ
株式会社マネジメントソリューションズ 担当︓⼈財本部 キャリアマネジメント部トレーニング 村松
TEL︓03-5413-8808  FAX︓03-5413-8809  E-mail:training@msols.com

 

■⽇本障がい者サッカー連盟(JIFF)について
「広くサッカーを通じて、障がいの有無に関わらず、誰もがスポーツの価値を享受し、⼀⼈ひとりの個性が尊重される活⼒ある共⽣社会の創造に貢献すること」を理念に掲げ、7 つの障がい者サッカー団体*をサポートする中間⽀援組織です。公益財団法⼈⽇本サッカー協会の関連団体として2016 年4 ⽉に設⽴され、組織基盤強化、コミュニケーション推進、フットボール連携等の活動を⾏っています。
*7 つの障がい者サッカー団体=⽇本アンプティサッカー協会、⽇本CPサッカー協会、⽇本ソーシャルフットボール協会、⽇本知的障がい者サッカー連盟、⽇本電動⾞椅⼦サッカー協会、⽇本ブラインドサッカー協会、⽇本ろう者サッカー協会

(PDF)【ニュースリリース】JIFF_MSOL_無言語コミュニケーション研修

https://prtimes.jp/a/?f=d52085-20191223-3369.pdf

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マネジメントソリューションズ >
  3. JIFF とMSOL が共同事業開発チームビルディング研修プログラム「無⾔語コミュニケーション研修」提供開始