スヌーピーミュージアムの最初のお客様として、鶴間小学校の子どもたちがを訪れます

~2020年度から「えいごのまちだ事業」と連携した校外学習が始まります!~

南町田グランベリーパークにオープンする「スヌーピーミュージアム」に、地元の鶴間小学校の児童たちが訪れます。

11月13日にまちびらきを迎えて活気づく南町田グランベリーパークにおいて、まちの中心「パークライフ・サイト」の中心的な施設として、12月14日に、いよいよ「スヌーピーミュージアム」がオープンします。
スヌーピーミュージアムは、町田市が取り組む「えいごのまちだ事業※」と連携します。

原作者チャールズ M.シュルツ氏の貴重な原画や可愛らしいPEANUTSの仲間たちの展示などを通じた子ども向けの英語プログラムを開発し、2020年度から市内全小学校5年生を対象にした「英語の校外学習」を開始します。

オープンに先立って行われる12月13日の内覧会において、鶴間小学校5年生・6年生の児童達が、新しく「町田市の子どもたちが英語を学ぶ場所」となるスヌーピーミュージアムに、最初のお客様として訪れます。

※「えいごのまちだ事業」では、2020年度から全国で小学校英語が教科化されることに先駆け、2018年度から全市立小・中学校で英語教育の充実を図っています。

 

【ミュージアム内覧会 鶴間小学校訪問日程】

■日時
2019年12月13日(金)午前10時~(小学5年生)、午前10時30分~(小学6年生)


■場所

スヌーピーミュージアム(町田市鶴間3-1-1)
 

町田市広報番組まちテレvol.175 「えいごのまちだ」


■ 東京都町田市について
東京都の南端に位置する町田市は、自然と伝統、賑わい、新しいカルチャーが共存する彩り豊かな地域。あらゆるニーズを満たすモノ、コト、場所が集まっている。
11月13日には、町田市、東急株式会社、株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツの3者による、官民連携のあたらしいまち「南町田グランベリーパーク」がまちびらきを迎えた。

https://minamimachida-grandberrypark.com/

○人口と世帯数(住民基本台帳による)
2019年11月1日現在
人口:429,052人
世帯数:197,726世帯

○各種データ

・小田急線の乗降人数:291,802人(/日)※新宿に次いで第2位
・子どもの転入超過数:612人 ※東京都1位、全国4位(政令市含む)


■ えいごのまちだ事業について
「町田ならではの英語教育」を推進することで、町田の未来を支える人材を育成すると同時に、「英語教育で選ばれるまちだ」を実現します。

https://kosodate-machida.tokyo.jp/nenrei/sho_chu/torikumi/6584.html
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 町田市役所 >
  3. スヌーピーミュージアムの最初のお客様として、鶴間小学校の子どもたちがを訪れます