自社に必要な機能だけをピックアップして、短期・低コストでスタート可能なクラウド型サプライチェーン管理ソリューションを本格展開

先行企業では、製販同期化、在庫・供給の最適化を可能にするサプライチェーン管理のフルモジュールを10か月で本稼働

ザイオネックス株式会社(千代田区霞が関)は、グローバル製造業・流通業向けにこれまで多くのグローバル企業に利用していただいていたサプライチェーンマネジメントソリューションの T³(ティーキューブ)のクラウド版である「T³SmartSCM™(ティーキューブ スマートエスシーエム)」を開発し、提供を開始いたしました。

市場や生産拠点のグローバル化によって、大企業のみならず中規模の製造業・流通業でも、効率的な需要供給計画、在庫や生産の最適化など、サプライチェーン管理の重要性はますます高まっています。しかしながら、従来、サプライチェーンマネジメントのようなエンタープライズソフトウエアの導入においては、コンサルティングに加えて、高価格なソフトウエアを利用した大掛かりな開発やカスタマイズが必要とされてきました。


T³SmartSCM™は、需要予測・販売計画・在庫補充計画・供給計画のようなサプライチェーン計画に必要なほぼすべての機能を、9つのモジュールに分けて、年間サブスクリプションでご提供しています。お客様の課題に応じて必要な機能だけを組み合わせることで、最小のコストでサプライチェーンマネジメントを始めることができます。 
さらに、ユーザ数とモジュールを追加することで、複数拠点への展開やSCMのステップアップを実現します。

http://www.zionex.co.jp/t3smartscm/

■T³SmartSCM™の9つのモジュール

・BF 需要予測

 統計的時系列ベースの需要予測、AI(機械学習)を利用した需要予測
DP 販売計画
 営業階層マスタごとの販売計画の策定、合意プロセスの支援
SR 販売補充計画
 販売法人の発注リクエストのシミュレーション
IM 在庫管理
 拠点別の最適在庫の提示、在庫ポリシー別シナリオの比較分析
RP 補充計画
 在庫補充計画の策定、発注量確定、将来在庫シミュレーション
MP 供給計画
 供給計画の策定、生産能力(キャパシティ)などの供給における各種制約を考慮した、生産、出荷/輸送計画のシミュレーション
FP 生産計画
 キャパシティなどの様々な生産制約を考慮した日単位の詳細生産計画の策定
DF 納期回答
 需要優先順位管理、DPおよびRPモジュールに‘供給割当量‘の提示、納期回答
SA 分析&レポート
 上記のモジュール別レポートと統合分析レポート、ダッシュボードの提供

 ■T³SmartSCM™のモジュール関連図

T³SmartSCM™では、 販売・生産拠点、供給ネットワーク、リソース制約などお客様のサプライチェーンモデルをマスタやパラメータの設定で行います。これにより、導入時のみならず、運用後のお客様のサプライチェーンの変化に柔軟に対応可能となっています。 

システム設定で言語や用語を自由に変更できるほか、列や行などを画面ごとにパーソナライズする機能により、ほぼコーディング無しでお客様ごとの要件に対応します。

机上での要件定義を行う従来の方式と異なり、実際のパッケージを利用したBoot-Upプログラムによる要件確認と弊社の設定作業を経て、早い段階かつ充分な期間、ユーザによる評価をしていただくことができます。
これにより、全体の期間の短縮とともに、本番稼働の時期を早められることが期待されます。

■従来の導入方法との比較


日本での展開に先立って、韓国ではすでに食品・化学メーカーなどに導入されており、フルモジュールを10カ月でオープンし、欠品率の87%減少や長期滞留在庫割合の44%減少などの効果が徐々に現れ始めています。


■ザイオネックスについて
ザイオネックス株式会社は、米国マサチューセッツ工科大学の博士課程を修了し数年のビジネス経験を経た3人のメンバーにより2000年に韓国のソウルで設立されました。

サプライチェーンマネジメントのソフトウェア「T³(ティーキューブ) シリーズ」は、サムスン、LGをはじめとした韓国、台湾、日本のグローバル製造業約400社以上に採用いただいております。現在、ソウル、釜山、台北、東京、US(New Jersey)の5個所にビジネス拠点があり、販社の需要計画、工場内の生産スケジューリング、物流も含めたグローバル拠点間の需要供給最適化、SCM分析などグローバルオペレーションのコンサルティングからシステムの導入まで手掛けています。

また、PLMソリューションにおいては、米国Aras®社の提供するAras Innovator®をプラットフォームとしたプロジェクトマネジメントのアドオンソフトウエア「DTM(Dynamic Task manager)」を提供しております。
「DTM(Dynamic Task manager)」とは、製品企画から設計開発・試作など量産前のプロセスや受注生産型の設計生産・設置など、国や組織を横断して進められるプロセスをプロジェクトとして捉え、計画や進捗・リソース負荷・コストなどを管理するとともに、タスクにおける成果物や技術情報の共有、調達・承認依頼などのオペレーションを支援する統合管理基盤です。

URL:http://www.zionex.co.jp/
所在地:東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル4F
代表者:代表取締役 藤原 玲子
事業内容:SCMソリューション、PLMソリューションの開発、販売
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ザイオネックス株式会社 >
  3. 自社に必要な機能だけをピックアップして、短期・低コストでスタート可能なクラウド型サプライチェーン管理ソリューションを本格展開