『Soul』アプリが展望する未来~今超人気な完全匿名SNSアプリ、入手しましたか?~


孤独から始まり、孤独を解決する
 




「”ソウルメイト”な友達を見つける(Find Your Soulmate)」、『Soul(ソウル)』のスローガンはどこか”文芸チック”です。沢山のユーザーはまさにこのスローガンに惹きつけられ、このアプリにやってきました。ユーザーは心理テストに基づいてユーザー像(“User Portrait”、ユーザーの様々な属性や動向、特性をもった人物像)を生成し、『Soul』はそれに基づいてユーザーの”ソウルメイト”をマッチングします。

 

『Soul』の”ソウルメイト”は、必ずしも恋愛関係を指しません。『Soul』では、ソウルメイトは「非常に話が合う2人の「Souler」(『Soul』ユーザーが友達に対する呼び名)」を指します。Soulerをソウルメイトに設定するには、チャット画面の「Soulmate」の標識をクリックすると、”ソウルメイト関係”が確立されます。(この機能は今後のアップデートで追加される予定です。)

 

『Soul』には2つの使命があります。1つ目は、ユーザーがありのままの自分を自由に表現できる様にすることです。2つ目は、ユーザー同士で深いレベルのコミュニケーションができる環境をつくることです。この2つの使命の最終目的は、人々が抱える「孤独感」を軽減させます。

 

 

『Soul』の誕生はまさに「孤独感」から始まっています。なにか表現したいコトがあって、LINE等の友達には相談しづらいし、ツイッターのメインアカウントで発信するにも知り合いが多すぎるので、裏アカウントを作って、どこにも発信できない悩みをこっそり投稿することはありませんか?実は多くの人が、このような経験があるのではないでしょうか。しかし今のSNS市場には、このような完全匿名で自分の思いを自由に表現できるアプリがまだ少ないです。

 


 



「孤独感」とは対照的に、理解してもらえる人とコミュニケーションすることは「幸福感」をもたらします。これを理由に『Soul』アプリは誕生し、ユーザーが「共感」や「幸福感」を見つけることをお手伝いします。

 

 

 

 
“ソウルメイト”を見つけるには、ありのままの自分を表現することが必要

 

ユーザーは話の合う友達を見つけるため、『Soul』は複数のマッチング機能を導入しています。まずは心理テストに基づいた「ソウルマッチング」、その後は「音声マッチング」、「声の郵便局」などの機能を順に導入する予定です。声や音声を通して交流することは、コミュニケーションの心理ハードルをある程度下げることができます。

 

沢山のユーザーにとって『Soul』はチャットする場です。しかし、より多くのユーザーは『Soul』を自由に自己表現する場所として利用しています。一部のユーザーはプロフィールページで、『Soul』を一瞬の出来事や感情を表現する場として利用し、交流する場として使用していないと明言しています。『Soul』自身としても、ユーザーの自己表現に重心を置いています。なので、ユーザーの投稿を表示する「タイムライン」こそが、『Soul』アプリの根幹となります。

 

この中のロジックは、まずユーザーに自分に正直なコンテンツを投稿してもらい、その内容に基づいて生成されたユーザー像を用いて、他のユーザーをマッチングするというものです。これによって、人と人との深いコミュニケーションを低コストで実現でき、『Soul』ユーザーも孤独感を軽減し、幸福感を得ることができます。『Soul』の設計によれば、自分をありのままに表現すればするほど、よりソウルメイトが見つかりやすくなります。

 

もし自分を正直に表現できなければ、人と共感することが難しくなります。「正直」というのは、情報が真実であることだけじゃなく、自分の心にも正直である必要があります。ユーザーはバーチャルプラットフォームを通して、自分の本当の趣味嗜好を表現することができ、同好者と知り合い、より一層本当の自分に近づけます。なので、知り合いとコミュニケーションするアプリ(LINE、Twitter)や出会い系アプリに飽きた若者世代にとっても、『Soul』は良き”生息地”と言えます。

 

『Soul』では、ユーザー達の思いや喜怒哀楽は真実そのものです。現代社会の若者の魂や表現欲は『Soul』の中で楽しく満たされることができます。

 

 

今のSNS傾向の中で、LINEやツイッターで形成された複雑なフォロー関係が、大きな人間関係のストレスをもたらしています。コンテンツを投稿する時には慎重に考えなくてはなりませんし、逃げたくもなります。ツイッターは機能改善を通して、徐々にたくさんの権限(表示する相手の設定、ミュート機能等)をユーザーに与えています。それによって、ユーザーは人間関係をコントロールできるようになります。それが今のSNS傾向でもあります。

 

非知人社交の良いところは、知人社交の大きな人間関係のプレッシャーを軽減できる点です。商品設計の観点から、『Soul』はアイコンに自分の写真を設定することはできず、システムのテンプレートからアバターを生成することのみ可能です。このような細部の設計からも、ユーザーの自由な表現やコミュニケーションを促進することができます。しかし、俗にいう「匿名社交」と違う点は、『Soul』は元が辿れる非知人社交アプリです。


 

 

 

俗にいう「匿名社交」は独立したIDを持たないので、ユーザープロフィール(元)を辿ることができません(例:Secret)。『Soul』はこのようなアプリではなく、IDは独立かつ特有のもので、一つ一つの投稿やコメントからユーザーのプロフィールページに辿りつくことができます。これにより、『Soul』は正直な自己表現が可能な環境を構築すると同時に、投稿内容の監視も行なっており、匿名社交の一部リスクを排除しています。

 

非知人社交プラットフォームにとって、リスクコントロールは長期的発展の前提です。『Soul』も当然例外ではありません。監視体制の下で、『Soul』は業界ベンチマークの審査体制を保有し、厳格な多重監査体制(「アルゴリズム監査+人工監査+巡査+報告」)を通して、色情やグレー産業等の不適切コンテンツの露出を阻止し、ユーザーの社交アプリ利用の安全を保護します。

 

『Soul』は今後、ACG·ポップカルチャー·音楽·Vlog·学習·写真撮影·絵画などのソウル系領域で、ユーザーの持続的な高品質コンテンツの創造を促進し、利用ユーザーの定着を図ります。現在計画中のプロジェクトには、ユーザーが自身で撮影した作品を投稿しやすい環境を構築し、選ばれた作品は『Soul』のオープン画面に設定されたり、より多くのアクセス量獲得や、キャッシュ等の形式で奨励されます。『Soul』ではこれらの機能や仕組みを、今後順に展開する予定です。

 

なお、『Soul』の定位置は”非中心化”の社交アプリなので、『Soul』自身はインフルエンサーを支援することはありませんが、Soulerは誰もが持続的に高品質コンテンツを投稿することによって、そのコンテンツ領域のインフルエンサーになることができます。

 

――――――――――――――――――――――――

■SOULの概要
アプリ名:SOUL(ソウル)

 

対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語/英語/韓国語/中国語
公式サイト:https://www.soulapp.me

公式Twitterアカウント:@soulappofficial

公式Instagramアカウント:@soulapp_jp

公式YouTubeアカウント:Soul Japan
販売価格:基本無料(アプリ内課金あり)
開発・運営:Soul Egg Holdings Limited


▼App Store    https://apps.apple.com/jp/app/soul/id1472322409
▼Google Play https://play.google.com/store/apps/details?id=com.soul.android.international

※Android、Google Play は、Google Inc.の商標または登録商標です。
※iPhone、iTunes およびApp Store は、米国およびその他の国々で登録された Apple Inc.の商標です。
※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

 
  1. プレスリリース >
  2. SOUL EGG HOLDINGS LIMITED >
  3. 『Soul』アプリが展望する未来~今超人気な完全匿名SNSアプリ、入手しましたか?~