渋谷・神泉にある取り壊しが決まっている6F建ての一棟ビルを舞台に、取り壊し直前の2月23日、一日限りのアートプログラム「遊園地都市の進化ーースクワット作戦会議 in 渋谷」を開催

「RELABEL Shinsen」にて、一日限りのアートプログラム「遊園地都市の進化──スクワット作戦会議 in 渋谷」を2020年2月23日に開催し、ビル自体の運営を終了致します。

 

プログラムには、秋山佑太、トモトシによる共同キュレーションであり、映像作家9人が参加、豚汁がふるまわれる企画展「内見フロア」や、CHERRYによる参加型展示「新しい保健体育」、渡邉洵によるパフォーマンス「原発ジプシー」といった展示から、南島興による、シチュアショニスト・インターナショナルの理論書、ギー・ドゥボールの『スペクタクルの社会』を9時間かけて精読する「夜まで生読書会」、イタリアでのタトゥー留学から帰国した現役の東京藝大生である佐藤はなえによるタトゥーショップ、また、KCN(kitchen)による実験音楽ライブのほか、 SIDE COREの高須咲恵や、先日、喫茶野ざらしをオープンさせた中島晴矢などが参加する、都市の再開発やオルタナティブスペースの現状についてトークイベントなど、多彩なラインナップが並びます。

本企画は、スクラップアンドビルドが繰り返される現在の都市中心地にて、“空間の動産化” を目的としたワークインプログレスな実践を始動させることを目的におこなわれる企画。

 

企画者、西田編集長によるステートメントには、島田雅彦による文学『ロココ町』にはじまり、前衛集団シチュアシオニスト、大友克洋、ジェイン・ジェイコブズからの引用が並んでおり、既存のアートの枠組みを超えた視点で都市を捉えるプログラムとなります。

 

 

参加アーティスト

渡辺志桜里, イナタウツボ, 藤田直希, アーの人, 三原回, 杉野晋平, 南島興, 湧水, 渋家, 佐藤はなえ, 久保田智広, Taka Kono, 竹田壮一郎, 小宮麻吏奈, 青柳拓, 秋山佑太, 今井新, 海野林太郎, 金藤みなみ+VJ.曽根安代, 齋藤はぢめ, 高田冬彦, トモトシ, 宮野かおり, 曽根安代, べるりん, スナックその, 渡邉洵, FABULOUZ, 間庭裕基, 大塚諒平, CHERRY, Yaaaz, αβ≠MR, 副島泰平, 大瀧裕也, TKA4, SUGINO RYUKI, 青木理紗, 濵田明李──参加階順/KCN(kitchen)──杉野晋平, 村上裕, 吉田山/Aokid, 光岡幸一/高須咲恵, 風間美希, 竹沢徳剛, 吉田尚弘, 中島晴矢, ayano_chan

 

開催概要

日時:2月23日 (日曜・祝前日) 14:00-23:00
会場:RELABEL Shinsen (東京都渋谷区神泉町20−21)
[渋谷駅・渋谷マークシティ道玄坂上方面出口 徒歩6分/京王井の頭線・神泉駅 徒歩2分]

 

企画   :  渡辺志桜里, 西田編集長
協力   :  株式会社NOD

                      コーポレートサイト:https://nod.jp.net/

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NOD >
  3. 渋谷・神泉にある取り壊しが決まっている6F建ての一棟ビルを舞台に、取り壊し直前の2月23日、一日限りのアートプログラム「遊園地都市の進化ーースクワット作戦会議 in 渋谷」を開催