”あなたの応援を価値に変える” eスポーツプレイヤーとファンを繋ぐファンディングサービス「BUFFSTAR」正式版の提供を開始

eスポーツチームに対する応援機能など、eスポーツシーンを盛り上げる新しい応援のカタチを提案

aifie株式会社(東京都港区、代表取締役:萩原大樹、以下:aifie)は、2020年4月6日(月)より、eスポーツプレイヤーとファンを繋ぐファンディングサービス「BUFFSTAR(バフスター)」(https://buffstar.jp/)の正式版の提供を開始いたします。これに伴い、eスポーツチームに対する支援機能などβ版からの機能拡充をいたしましたのでお知らせします。

 

 


■ 正式版リリースに伴うサービスロゴの変更
この度の「BUFFSTAR(バフスター)」正式版リリースに伴いまして、サービス名表記を「BUFFSTAR」に変更すると共に、サービスロゴのリニューアルを行いました。
 

サービスロゴは、「スターを目指すeスポーツプレイヤー、応援するファンが共に勢いをつけて上昇し、同じ方向へ進んで行く。」というコンセプトに基づいており、BUFFSTARがそのプラットフォームとなることを目指していくという思いを表しています。


■BUFFSTARについて

本サービスは、eスポーツプレイヤーとその活動を支援するファンをマッチングする、ファンディングプラットフォームとして、”eスポーツプレイヤーに新たな収益化手段を提供し、継続的な活動を可能とする”を事業ミッションとしてサービス提供が開始されました。

eスポーツプレイヤーは、自身のゲーミングスキルの価値をトークン(BUFF)として発行し、そのトークンを取引し自身を応援してくれる個人スポンサーを集います。eスポーツプレイヤーはトークンの発行を通じて、トークン価格推移による自身のスター性の可視化を行い、新たなファンやスポンサーへのアプローチが可能となります。

応援するファンとしては、トークンの価格上昇によるリターンを受け取ったり、トークン購入のお礼としての特典(リワード)の受け取りを通じたeスポーツプレイヤーとの直接的なコミュニケーションが可能となります。

本サービスを通じて、eスポーツプレイヤーとファンおよび支援者をダイレクトに繋ぎ、eスポーツプレイヤーがスターになる過程をファンと共に歩むコミュニティを創出することを目指しています。


■eスポーツチームへの新たな応援のカタチ

BUFFSTAR 正式版より、eスポーツチームによるトークン(BUFF)発行が可能となりました。

チームとしての総合力が試されるチーム対抗の eスポーツタイトルにおいては、特定のプレイヤーだけではなく、 チームを支えるマネージャーやサポートメンバーを含めて応援したいという声が多くありました。
今回のBUFFSTAR正式版リリースにおいては、そのような課題を解決すべく、eスポーツチームとしてのトークンの発行を可能にし、従来のスターと同様にファンがチームを応援できる仕組みを提案いたします。
 


チームのトークンでは、所属するプレイヤーの戦績には依存せず、チームとしての戦績がトークンの価格に反映されます。 従来のeスポーツプレイヤーのトークン発行と同様に、需給によって変化するトークンの価格推移やトークンを購入しているファンの数によってチームとしての実力・人気が可視化されるようになります。


■今後の展望

今後のBUFFSTARを主軸とした事業展開では、toC向けにとどまらず、toB向けへのサービスの拡充、そしてeスポーツプレイヤー・チーム向けのトータルソリューションを提供するプラットフォームを目指します。
今後とも、eスポーツプレイヤーとファンの両者にとって、そしてあらゆるeスポーツシーンにおいて、一層魅力のあるサービス提供を行って参ります。


BUFFSTAR https://buffstar.jp/

会社名    aifie株式会社
代表者    萩原 大樹
設立日    2019年9月
所在地    東京都港区芝2-1-25
お問い合わせ先  https://aifie.co.jp/#contact
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. aifie株式会社 >
  3. ”あなたの応援を価値に変える” eスポーツプレイヤーとファンを繋ぐファンディングサービス「BUFFSTAR」正式版の提供を開始