昨年の大型台風で被災した14都県の魅力を発信する「FUKKO ONE TEAM」で展開する企業連携プロジェクト「FUKKO市場」ローソン/三菱地所/ヤフー/伊勢丹などと連携して順次展開


一般社団法人 FUKKO DESIGN(所在地:東京都渋谷区)は、昨年の大型台風で被害を受けた14都県の魅力的な産品を買ったり食べたりすることができる企業連携のプロジェクト「FUKKO市場」(ふっこういちば)を展開いたします。

「FUKKO市場」は、昨秋の大型台風で被害のあった14都県(岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県)の魅力を“ONE TEAM”で応援する「FUKKO ONE TEAM」の活動のひとつとして展開する、企業連携のプロジェクトです。
連携するのは、株式会社ローソン、三菱地所株式会社、ヤフー株式会社、株式会社三越伊勢丹ホールディングス(順不同)などの企業で、被災地の商品を購入したり食べることができ、現地に実際に行かなくてもできる被災地の支援を創出いたします。
 

 

 


FUKKO市場 @LAWSON 展開内容

「FUKKO ONE TEAM」とコラボした限定店舗を都内に展開し、被災地商品を販売
【日程】2020年2月18日(火)~3月9日(月)
【会場】ローソン ゲートシティ大崎アトリウム店  東京都品川区大崎1-11-1 ※営業時間:07:00~22:00
【内容】「FUKKO  ONE TEAM」に賛同し、14都​県の中から厳選された産品を販売する専用の棚を用意し、販売いたします
【販売商品】 ※リストご参照ください

■イベント

【内容】  今回取り扱う予定の長野県と栃木県の  ご当地キャラクターが参加したイベントを開催します。
【登場キャラクター】 
・アルクマ(長野県)・さのまる(栃木県佐野市)

*詳細はFUKKO ONE TEAMのWebサイト
 https://fukko-oneteam.jp/ をご覧ください。

 




FUKKO市場 @三菱地所 展開内容


①大手町・丸の内・有楽町地区の「バスあいのりマルシェ」※で被災地商品を販売
【日程】  2月25日(火)~2月28日(金)
【内容】  被災地の商品を大手町・丸の内・有楽町地区で展開する「バスあいのりマルシェ」にて販売します

 

②「FUKKO ONE TEAM」を代表するご当地キャラクターと、 
チコちゃんが参加するグリーティングイベントを開催

【日程】 2月29日(土)
会場:有楽町 micro FOOD & IDEA MARKET(東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル1F)
時間:11:00〜18:00

3月1日(日)
会場:東京交通会館 1階ピロティ(東京都千代田区有楽町2-10-1)
時間:11:30〜17:30
【内容】 マルシェイベントを実施しながら、FUKKO ONE TEAMを代表するご当地キャラクターや、NHK番組「チコちゃんに叱られる!」でおなじみのチコちゃんも参加するグリーティングイベントを開催。会場内では被災地にメッセージを書いてオリジナルプロップスを作るワークショップも行います。

③丸ビル1Fマルキューブにて実施する「グラムマルシェ」にて被災地商品を販売

【日程】  3月2日(月)~ 4日(水)各日11:00~19:00 (予定)
【内容】  “都市における食のあり方”を考える「食育丸の内」プロジェクトの一環として、株式会社寺岡精工の協力のもと“はかり売り”をテーマとしたマルシェイベントである「grammeMarché2020」を丸ビル1階マルキューブで開催。
「バスあいのりマルシェ」のブースにて、被災地の産品を販売します。


※「バスあいのりマルシェ」とは・・・
全国のバス会社と協力し、貨客混載によって全国各地の希少な農産物や伝統野菜、新鮮でみずみずしい朝どれ野菜などを販売しています。
(HP:http://www.ainoribin.com/)
企画運営:全国農業協同組合中央会、農林中央金庫、三菱地所株式会社、
一般社団法人大丸有環境共生型まちづくり推進協会、株式会社アップクオリティ

FUKKO市場 @ヤフー 展開内容

 

 

ヤフーが運営する「エールマーケット」内での被災地産品販売
【日程】 2月20日(木)〜
【内容】 ヤフーが運営する、人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディア「エールマーケット」内に特設サイトを設置し、ヤフーの公式キャラクター「けんさくとえんじん」とともに、14都県の産品を応援、販売します
【URL】  https://yellmarket.yahoo.co.jp/

【販売する主な産品(例)】

FUKKO市場 @伊勢丹 展開内容
 

伊勢丹新宿店にて、被災地産品の売場展開と生産者来店によるご紹介

【内容】大型台風で被災した地域やその生産者たちが、生鮮品を売る手助けになることに、伊勢丹は 取組んで参ります。会期中は、復興地域の商品を集積展開するとともに、生産者に来店して いただき、お客さまとの交流を深め、産地や産品をより知ってていただく機会を創出します。
【日程】 2月26日(水)〜3月3日(火)
【場所】 伊勢丹新宿店本館地下1階=食品/フレッシュマーケット(生鮮食品)
【展開予定産品】
  ◆野菜コーナー
「茨城県つくば市 まもるベジ ベビーリーフ 」※茨城県つくば市生産者 2月26日(水)に来店予定
「千葉県山武郡 まもるベジ サニーリーフ、グリンリーフ、人参ほか」
※さんぶ野菜ネットワーク生産者 2月27日(木)に来店予定

  ◆魚勢
「宮城県塩釜市 間宮塩蔵 干物など」※生産者が2月26日(水)に来店予定
「宮城県気仙沼市 横田屋本店 海苔など 」※生産者が2月27日(木)に来店予定

  生産者の来場日には、試食などを交えて、産品のご紹介を予定しております。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人FUKKO DESIGN >
  3. 昨年の大型台風で被災した14都県の魅力を発信する「FUKKO ONE TEAM」で展開する企業連携プロジェクト「FUKKO市場」ローソン/三菱地所/ヤフー/伊勢丹などと連携して順次展開