国土交通省「令和2年度住宅生産技術イノベーション促進事業」で採択されました

株式会社適正地盤構造設計(本社:大阪市北区、代表取締役:大山雅充)と国立大学法人 大阪大学(大阪府吹田市、宮本裕司教授)・株式会社ウィズ建築設計(大阪市都島区、代表取締役:松井隆幸)の共同提案の「AI活用による木造構造計算と地盤改良の設計及び作図の自動化」が、国土交通省「令和2年度住宅生産技術イノベーション促進事業」で採択されました。


【令和2年度住宅生産技術イノベーション促進事業について】
「令和2年度住宅生産技術イノベーション促進事業」は、国土交通省による、住宅建築分野における生産性向上に向けて、住宅・建築物の設計・施工・維持管理等に係る生産性向上に資する新技術・サービスの開発・実証等(以下「技術開発等」という)の取組について、優れた提案を応募した者に対して、国が当該技術開発等に要する費用の一部を補助する事業です。

国土交通省のプレスリリースは下記をご覧ください。
https://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000953.html

■株式会社適正地盤構造設計 一級建築士事務所について

事業内容:建築設計事業での住宅地盤の地盤補強設計、既成杭・場所打杭・鋼管杭等の杭の設計、杭のセカンドオピニオン、住宅の構造計算を行なう一級建築士事務所です。

運営理念:「私たちは建物に関わる全ての人のために、適正な構造と地盤を設計します」

建物を支える地盤は、震災を経験した今でも知られていないことがたくさんあります。建築士が公正で適正な方法と費用で、安全な建物となる構造設計と地盤設計を提供します

https://tekiseijiban.jp/

■受賞歴
2019年3月 スタ★アトピッチ関西2019 ファイナリスト(日本経済新聞社主催)
2019年8月 大阪府経営革計画承認企業に認定
2019年9月 和歌山県 認定創業者に認定
2019年9月 “LEAP OVER” 準優勝 (三菱UFJ&コンサルティング主催)
2019年10月 未来Smart City Challenge  ファイナリスト
      (日本総合研究所・三井住友銀行主催)
2020年2月 Osaka SDGs Business Meet-Upファイナリスト(大阪府主催)
2020年2月 AIビジネス創出アイデアコンテスト2020優勝
      (国立研究開発法人 産業技術総合研究所・大阪商工会議所)
2020年8月 令和2年度住宅生産技術イノベーション促進事業 採択(国土交通省)


▼お問い合わせ窓口
(株)適正地盤構造設計 一級建築士事務所
大山雅充
E-mail:info@tekiseijiban.jp
TEL:06-6940-6523

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社適正地盤構造設計 >
  3. 国土交通省「令和2年度住宅生産技術イノベーション促進事業」で採択されました