BeeXが「AWSマネージドサービスプロバイダプログラム」認定を取得

株式会社BeeX(本社:東京都中央区日本橋、代表取締役社長:広木 太)は、アマゾン ウェブ サービス(以下:AWS)のグローバルパートナープログラム「AWS パートナーネットワーク(以下: APN)」の「AWSマネージドサービスプロバイダ(以下:MSP)プログラム」認定を取得いたしました。
AWS MSPプログラムは、APNの中で、AWSへの移行スキルや運用管理の自動化技術の高いパートナーをAWSが認定するものです。認定取得にあたりましては、弊社の強みである高い技術力をもったメンバーがご提供する高品質の運用保守サービス、および数多くの実績が高く評価されました。

​【代表取締役社長 広木太のコメント】
「AWS が提供する幅広い俊敏性のあるサービスを活用したシステムの積極的なモニタリング、オートメーション、管理を通じてお客様に価値を提供し続けるとともに、当社が得意とするSAP BASIS運用保守サービスとあわせて、さらなるお客様のイノベーションをより強力に支援していきます。」

【AWS マネージドサービスプロバイダ(MSP)プログラムとは】
クラウドインフラストラクチャおよびアプリケーションの移行のスキルを持ち、お客様の環境の積極的なモニタリング、オートメーション、管理を行うことで、お客様に価値を提供する APN コンサルティングパートナーを認定するプログラムです。

URL:https://aws.amazon.com/jp/partners/managed-service/

【エンドースメントのご紹介】
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 執行役員 パートナーアライアンス本部 統括本部長 渡邉 宗行のコメント

「アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社は株式会社BeeX様のAWS MSPプログラム認定取得を歓迎いたします。BeeX様が得意とされるエンタープライズ企業の基幹システムはAWSへの移行が進んでおり、安定したクラウドの運用が求められています。BeeX様のサービスを通じて多くの日本のお客様がAWSの先進的なテクノロジーを安心してご利用いただけることを期待しております」

【株式会社BeeXについて】
株式会社BeeXは、SAPなど基幹システムを中心としたエンタープライズシステムのクラウドインテグレーションを専業として、2016年3月に設立した新しい会社です。基幹クラウド基盤構築とシステム移行から運用保守、クラウドネイティブアプリ開発までワンストップでサービスをご提供します。弊社にはSAPシステムをはじめとるするエンタプライズシステムのクラウド化黎明期からこの分野に携わってきた「クラウド」と「SAP」に精通した技術コンサルタントが一同に集結しており、特に SAP環境を含めた基幹システムのオンプレミスからクラウドへの移行に関しては、業界でトップクラスの技術力と実績を有しています。

所在地 :東京都中央区日本橋2-11-2 太陽生命日本橋ビル16F
設立 :2016年3月1日
資本金 :10,971万円(2019年3月1日現在)
代表者 :代表取締役社長 広木 太(ひろき まさる)
U R L :https://www.beex-inc.com

※アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web ServicesおよびAWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BeeX >
  3. BeeXが「AWSマネージドサービスプロバイダプログラム」認定を取得