With コロナと After コロナ時代における経営・ビジネス戦略

“データの利活用”と“プライバシーテック”を読み解くセミナー 開催

株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役:⻑谷川創、東証一部:6058、以下ベクト ル)の子会社である Priv Tech 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:中道大輔)は、企業 の経営者や幹部の方々を対象に「With コロナと After コロナ時代における経営・ビジネス 戦略 “データの利活用”と“プライバシーテック”を読み解くセミナー」を、6 月 9 日(火) にオンラインで開催いたします。
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、日本国内のビジネスを取り巻く日常にも、過去経験したことのないような大きな変化が巻き起こっています。これまで共有されてきた常識感や、培われてきた経験値が、全くと言っていいほど通用しなくなる環境を前にし、企業は新しい時代に対応できるビジネス戦略を早急に構築する必要があります。

本セミナーでは、『GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略』(日本経済新聞出版社)等の著者としても知られ、この度『2025年のデジタル資本主義「データの時代」から「プライバシーの時代」へ』(NHK 出版)を刊行された、立教大学ビジネススクール教授の田中道昭氏をお迎えし、これから起こるべき変化と、With コロナと After コロナ時代における経営・ビジネス戦略についてお伝えしていきます。

さらに、経営・ビジネス戦略上重要なキーワードである、新しい時代における「データの利活用」と「プライバシーテック」について、各界においてご活躍されている方々をお招きし、海外事例や国内の現状についてディスカッションしながら、これから立ち向かうべき未来を読み解いていきます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

■セミナープログラム
開催日時 2020 年 6 月 9 日(火)15:00〜17:00

第一部 With コロナと After コロナ時代における経営・ビジネス戦略
    〜「GAFA の次に来るもの」を読み解く〜

    登壇者:
    立教大学ビジネススクール教授 田中道昭氏

第二部 パネルディスカッション「データの利活用」と「プライバシーテック」
    〜これからの企業における、CPO(Chief Privacy Officer)の必要性〜

    パネリスト:
    株式会社電通デジタル
    デジタルトランスフォーメーション部門 部門⻑補佐 魚住高志氏

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
    イノベーション統括本部 研究開発局 広告技術研究室 室⻑
    原田俊氏

    Priv Tech株式会社 代表取締役
    中道大輔

    モデレーター:
    立教大学ビジネススクール教授 田中道昭氏

■セミナー詳細
【主催】Priv Tech株式会社
【協力】株式会社 NHK 出版
【定員】1,000 名 ※定員になり次第締め切りとさせていただきます。予めご了承願います。
【参加費】無料(事前登録制) 
【申込み方法】以下のセミナーページからお申込みください。
セミナーお申込み URL: https://privtech.co.jp/news/200609/
【ウェビナーツール】Zoom ビデオウェビナーにて開催いたします。
お申込者にはメールにて事前にオンラインセミナー用 URL をお送りいたします。
開催時間の 10 分前からアクセスいただけます。(予定)

<ご注意>
・同業他社様のご参加は、お断りさせていただくケースがございます。
・お申込みに際してご入力いただく個人情報につきましては、お客様の許可なく本セミナーのご案内以外に利用いたしません。なお、お申込み頂いたと同時に弊社の個人情報取扱い内 容に関してご同意頂いたものとみなします。予めご了承願います。
・内容は予告無く変更される場合があります。予めご了承願います。

■登壇者プロフィール
◎田中 道昭氏
立教大学ビジネススクール教授。シカゴ大学経営大学院MBA。ベクトルグループ戦略アドバイザー、ニッセイ基礎研究所客員研究員、公正取引委員会独禁法懇話会メンバー、テレビ 東京WBSコメンテーター。専門は企業戦略&マーケティング戦略及びミッション・マネジ メント&リーダーシップ。

三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役、シティバンク資産証券部トランザクター(バイスプレジデント)、バンクオブアメリカ証券会社ストラクチャードファイナンス部⻑(プリンシパル)、ABN アムロ証券会社オリジネーション本部⻑(マネージングディレクター)等を 歴任し、現在は株式会社マージングポイント代表取締役社⻑。
小売り、流通、製造業、サービス業、医療・介護、金融、証券、保険、テクノロジーなど多業種に対するコンサルティング経験をもとに、TV・雑誌・ウェブメディアでも発信。主な 著書に『アマゾン銀行が誕生する日 2025 年の次世代金融シナリオ』(日経BP社)、『GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略』(日本経済新聞出版社)、『なぜ女はメルカリに、男はヤフオクに惹かれるのか?』(共著、光文社新書)、『アマゾンが描く 2022 年の世界』 『2022 年の次世代自動車産業』(以上、PHP ビジネス新書)、『ミッションの経営学』『人と組織 リーダーシップの経営学』(以上、すばる舎リンケージ)、『あしたの履歴書 目標をもつ勇気は、進化する力となる』(
共著、ダイヤモンド社)、『「ミッション」は武器になるーあ なたの働き方を変える 5つのレッスン』(NHK 出版新書)がある。

◎魚住 高志氏
株式会社電通デジタル
デジタルトランスフォーメーション部門 部門⻑補佐

現在、電通から電通デジタルに出向中。電通入社後、一貫してクライアントのデジタルマーケティング支援に従事。特にビッグデータとクラウドの可能性に早期から着目し、それらを活用したソリューション開発やコンサルティング、関連する記事執筆や講演も多数。「顧客との関係を維持し続ける仕組みづくり」のコンサルティングやソリューション提供を中心に活動中。

◎原田 俊氏
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
イノベーション統括本部 研究開発局 広告技術研究室 室⻑

2008 年デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社入社。社内システムや広告配信ソリューションのインフラシステム開発・運用業務に携わった後、2012 年より広告技術研究室にて国内外のアドテクノロジーおよび先端技術のマーケティングリサーチ、ビジネス企画業務に従事。また日本インタラクティブ広告協会(JIAA)や Data Driven Advertising Initiative(DDAI)、情報法制研究所(JILIS)にて生活者のプライバシー保護を推進。

◎中道 大輔
Priv Tech株式会社 代表取締役

ソフトバンクや、ヤフーを経て、現職。キャリアを通じて、データビジネス関連事業のビジネス・ディベロップメントに従事。現在は、ベクトルの子会社 Priv Tech にて、プライバシー・ファーストなデジタル社会を目指し、事業を展開。


【株式会社ベクトル 会社概要】
会社名  :株式会社ベクトル
代表取締役:⻑谷川 創
住所   :東京都港区赤坂 4-15-1 赤坂ガーデンシティ 18F
資本金  :2,580 百万円(2019年2月末日現在)
設立   :1993 年 3 月
事業内容 :PR 事業、プレスリリース配信事業、ビデオリリース配信事業、
      ダイレクトマーケティング事業、メディア事業、HRTech 事業、
      デジタルマーケティング事業、インベストメントベンチャー事業 等
URL   :https://www.vectorinc.co.jp

【Priv Tech株式会社 会社概要】
会社名  :Priv Tech株式会社
代表取締役:中道 大輔
住所   :東京都港区赤坂 4-15-1 赤坂ガーデンシティ 17F
設立   :2020 年 3 月 2 日
事業内容 :プライバシーテック分野におけるサービスの提供
URL   :https://privtech.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Priv Tech株式会社 >
  3. With コロナと After コロナ時代における経営・ビジネス戦略