株式会社yett、ビジネス向けオンラインクラウドストレージサービス『Everidays』のβ版をリリース、セキュリティと生産性の両面から企業様のテレワーク・BCP対策を後押しします。

2020年7月の正式リリースに向け、ご利用を希望された限定ユーザー様向けに提供を開始

株式会社yett(本社:福岡県福岡市、代表取締役CEO:髙橋航太)は、ビジネス向けオンラインクラウドストレージサービス『Everidays(エブリデイズ)』のβ版提供を2020年5月7日(木)より開始したことをお知らせします。


◆Everidays公式サイト:https://everidays.com/

 
  • Everidays(エブリデイズ)とは
Everidaysは、ビジネスに必要なセキュリティを完備し、社内・社外のメンバーとワークスペースを共有したチーム作業(ファイル共有)が可能な、『国内ビジネス向け』オンラインクラウドストレージサービスです。

また、Everidaysは、企業に求められる「セキュリティ」と「生産性」の両面を考えてうまれたサービスで、
現在対応が急がれる「働き方改革のテレワーク(リモートワーク)」、「BCP対策」を強力に後押しします。
 
  • Everidaysの8つの特徴
(1)ローカル同期しないため、重要資産を知らぬ間に持ち運ぶリスクが無くなります

(2)Everidays上のすべての操作ログ(4W1Hのログ)が残ります(※1)
 ・4W1H:いつ,誰が,どこで,何を,どうした

(3)ファイルはクラウド上で(※2)、安全に保管されるため、BCP対策としてご活用いただけます
 ・利用可能な最強のブロック暗号の1つである『AES256』を用いて安全に保管されます
 ・SSL/TLSを利用した通信の暗号化により、第三者による通信内容の盗み見や改ざんの心配もありません
 ・クラウドベンダーのSLAで99.999999999%のオブジェクト持続性が保証されており、ファイルが無くなる心配もありません
 ・クラウドベンダーのSLAで99.9%の読取可用性が保証されており、サービスへの接続も安心です

(4)ファイルの所有権、知的財産権はすべてお客様に帰属します

(5)プライバシーへの配慮も万全です
 ・お客様の個人情報は、国外に持ち出しません
 ・日本国内のサーバー内で安全に保管されます

(6)快適で安全なチーム作業
 ・ワークスペースを使ったファイル共有を採用しており、フォルダの共有解除忘れの心配はありません
 ・業務ミッションに合わせたワークスペースを作成することで、チームでの共同作業がすぐに始められます
 ・社内に限らず、社外のメンバーもワークスペースに招待する事ができるため、社内外のメンバーとチーム作業が可能です
 ・ファイルの編集機能(ロック機能)で他のユーザに更新ファイルを上書きされる心配もありません

(7)分かりやすく快適な操作性
 ・Windowsエクスプローラー、MacのFinderの操作性が実現されており、操作に不安を感じる事はありません(※3)
 ・ファイルの履歴を最大10世代保持しているため、誤って上書き更新しても前の内容に簡単に復元できます
 ・ファイルを誤って削除してしまった場合でもEveridays内のごみ箱から簡単に復元できます
 ・よく使うファイルを『お気に入り』登録することで、ワンアクションでお気に入りのファイルにアクセスできます

(8)充実の外部サービス連携(もちろん標準でご利用いただけます)
 ・ビジネスチャット(Chatwork(※4)、Slack(※5))と連携でき、Everidays内のファイルのリンクURLをメッセージと一緒に送信できます
 ・既存のGoogleドキュメントやスプレッドシート(※6)などをEveridays内に取込み管理することができます。もちろん、編集することも可能です
 ・Youtube(※7)内の動画を、Everidays内にファイルとして保存することができます。もちろん、クリックで再生することも可能です
※外部サービス連携機能は、今後も継続して順次追加していきます

※1:操作ログ取得及び、ログのお届けは『ビジネスプラン』の機能となります
※2:Everidaysは、Microsoft社が提供するクラウドサービス『Microsoft Azure』を使用しております
※3:矢印キーの操作、Ctrl+Cによるコピー、Ctrl+Vによる貼付けなどお馴染みのキー操作がご使用になれます
   また、右クリックなどのマウス操作も普段使いのままご使用いただけます
※4:Chatwork株式会社が提供するクラウド型ビジネスチャットツール
※5:Slack Technologies Incが提供するチームコミュニケーションツール
※6:Googleが提供するウェブブラウザ内で動くオフィスソフト
※7:Googleが提供する動画共有サービス

機能、特徴の詳細はEveridays公式ホームページをご参照ください。
 
  • Everidayの7つのセキュリティ
(1)ファイルの安全性
 ファイルは、利用可能な最強のブロック暗号の1つである『AES256』を用いて暗号化されます

(2)通信の安全性
 SSL/TLSを利用した通信の暗号化で、第三者による通信内容の盗み見や改ざんの心配はありません

(3)安全で信頼性の高いデータセンター『Microsoft Azure』による運用
 障害発生リスクの分散、冗長性、可用性、スケーラビリティなど、基盤面からお客様に安心してご利用いただけます。

(4)2段階認証
 認証時のセキュリティを高めるため、2段階認証に対応しております。

(5)脆弱性検査
 第三者による脆弱性検査をクリアし、検査証明書を取得しております。

(6)国際的なセキュリティ基準に則った運用体制
 国際規格ISO27001(ISMS)認証を取得(※)し、厳格なセキュリティ基準に則ったサービスの運用を行っております。
 ※一般財団法人 日本品質保証機構(JQA)様の厳正なる審査のもとISO/IEC 27001:2013(JIS Q 27001:2014)の認証を取得しております。

(7)お客様情報は国内で管理
 お客様の情報は日本国内のサーバで管理・保管し、プライバシー情報を国外に持ち出しません。
 
  • Everidaysの料金プラン

料金はユーザごとではなく、ディスク容量ごとでのお支払いです。ディスク容量を必要な分だけ選べるようなプランをご用意しております。また、ユーザ数無制限で1ユーザからご利用可能です。もちろん、ユーザの増減があっても、料金は変わりません。


◆ご利用時の料金シミュレーション例
ご利用料金を「お一人様あたりの金額」でシミュレーションすると以下となります。
現在ご検討中の他のサービスがあれば、是非比べてみてください。

お一人様あたりで金額を比べると、他との違いが明白です。お一人様あたりで金額を比べると、他との違いが明白です。

他にも、100名の組織様が「2TB」を導入いただく場合、お一人様あたり 約396円の計算となります。

また、ご利用人数が少ないお客様は、ビジネスプランの「スターター(ストレージ『200GB』)」がおすすめです。
 ・10名の組織様の場合:お一人様あたり 約760円(月額)の計算となります
 ・20名の組織様の場合:お一人様あたり 約380円(月額)の計算となります

◆月額利用料金以外の料金は発生しません。
  1.  初期導入費用はいただきません
  2.  最低ご利用人数の設定もございません(1名様からご利用いただけます)
  3.    保守サポートなどの追加費用は発生しません
  4.    ディスクIO回数などにかかる追加費用も発生しません
  5.    APIコールによる追加費用も発生しません
  6.    監査費用なども発生しません
  7.    その他オプション費用など設けておりません

◆Everidaysについて
サービス名:『Everidays(エブリデイズ)』
正式版のリリース:2020年7月頃を予定
WEBサイト:https://everidays.com/

【株式会社yettについて】
社名:株式会社 yett(イエット)
代表者:代表取締役CEO 髙橋 航太
設立:2018年7月
本社:福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目4-25 アクロスキューブ博多駅前2F
URL:https://yett.co.jp
事業内容:WEBサービスおよび基幹システムの企画・開発・運営
クラウドを⽤いた開発環境構築サービスの提案・提供
顧客要求仕様に基づくソフトウェアの設計・開発・保守

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 yett >
  3. 株式会社yett、ビジネス向けオンラインクラウドストレージサービス『Everidays』のβ版をリリース、セキュリティと生産性の両面から企業様のテレワーク・BCP対策を後押しします。