株式会社ウォーターデザインジャパン、Plug and Play Japan Summer/Fall 2020 Batch IoT 部門にて採択決定!

株式会社ウォーターデザインジャパン(東京都渋谷区、代表 藤田和志、以下:ウォーターデザインジャパン)は2020年6月1日に、Plug and Play Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ、以下Plug and Play Japan)が実施するアクセラレーションプログラム Summer/Fall 2020 Batch IoT部門に採択されたことを発表いたします。

 

世界初、日本の水道管に設置が可能なウルトラファインバブル生成機 『UFB DUAL™』 を提供するウォーターデザインジャパンは、革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを大手企業とともに支援していく世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターである、Plug and Play Japanによるアクセラレーションプログラムにて採択されました。

 


Plug and Play Japanが提供するアクセラレーションプログラムとは、コーポレートパートナー企業とともに、業界などの“テーマ”を主軸として、国内外のスタートアップをグローバルレベルのスタートアップへと支援していく約3ヶ月のプログラムです。
今回採択されたSummer/Fall 2020 Batchは、完全リモートによる慎重な選考プロセスを経て、6テーマ(IoT、Fintech、Insurtech、Mobility、Brand & Retail、Hardtech & Health)合計で、公式パートナーである大手国内企業38社と共に国内外合計104社のスタートアップが採択され、WDJ社は、IoT部門に選ばれました。これから3ヶ月間にわたって様々な可能性を探り、2020年9月末に行われるPlug and Play Japan主催のEXPOにて成果発表を行います。※EXPOの詳細は後日告知いたします。

■UFB DUAL™について
ウルトラファインバブルとは、目視できないほど非常に小さく、長期間液中にとどまる泡で、洗浄効果・農作物の成長促進・ガス溶解効果によるさらなる可能性・洗顔/頭皮洗浄などの美容やナノテク化粧品などで活用されている技術です。
UFB DUAL™は、ウルトラファインバブル生成ノズルとしては世界で初めて、水道機器認証を取得しているノズルです。従来のウルトラファインバブル生成機と大きく異なる点は、①泡の生成法:外気を使わず水の中に存在する空気成分を使用します。その為、外気(空気)に含まれる菌類が混入する心配はありません。②水圧・水量が極力落ちない構造:お客様にストレスフリーに使用していただける様、水圧・水量を極限まで落とさない構造を開発し、製品の構造特許を取得しております。

■ウォーターデザインジャパンについて
ウォーターデザインジャパンは世界初、日本の水道管に設置が可能なウルトラファインバブル生成ノズル『UFB DUAL™』を販売しております。弊社のノズルは全国5,000箇所以上に導入されており、病院の透析機械に導入された事例は、2019年の日本透析協会の学会にて実証効果が発表されています。2020年2月に行われたスタートアップワールドカップ大阪大会にて優勝ならびにサントリー賞を取るなど、今後海外展開を見据えた活動を行なっています。

お問い合わせ先:info@waterdesign.info 
会社URL:https://www.waterdesign.tokyo
弊社の製品について詳しく知りたい方はこちらの製品説明動画をご覧ください。
製品概要ビデオ(日本語):https://youtu.be/Fw1zIFvrK2k
製品概要ビデオ(英語):https://youtu.be/GdZ9BuiyjJg
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウォーターデザインジャパン >
  3. 株式会社ウォーターデザインジャパン、Plug and Play Japan Summer/Fall 2020 Batch IoT 部門にて採択決定!