ファッションアパレル会社「レイズラボ株式会社」マスク販売の収益の一部を新型コロナウイルス感染症危機対応募金に寄付

社会貢献の一環としてマスク販売を一時的に開始いたします。

寄付先:特定非営利活動法人国境なき医師団日本(新型コロナウイルス感染症危機対応募金)
寄付日:2020年5月中旬(詳細の寄付内容はHPで公表予定)
予約販売受付開始:4月6日(月)~
出荷予定日:4月24日(金)~
販売特設サイト:https://www.raiselab.net/mask
アパレルOEM事業を展開するレイズラボ株式会社(本社:京都市右京区 代表取締役社長:近藤 雅俊)は新型コロナウイルスの影響で深刻なマスク不足が発生している現状を受け、4月6日(月)から数量限定(20万枚)でマスクの予約販売を特設サイトにて受付開始しております。(4月下旬から随時発送予定)
アパレル生産などで培った輸入ノウハウを活かして中国のマスク生産工場と連携して在庫数20万枚を確保いたします。
販売価格は1箱/50枚入で2500円(税別)、必要な人が購入できるように1人3箱までの購入制限を設け、マスク販売での収益の一部を特定非営利活動法人国境なき医師団日本(新型コロナウイルス感染症危機対応募金)に寄付いたします。
この危機的な状況を世界中が連帯し乗り越えられるよう、微力ながら支援したいと考えております。

 

 

【マスク概要】
■三層不織布マスク(1箱/50枚)
¥2,500(税抜)
https://www.raiselab.net/mask
※転売品ではございません。中国政府指定のマスク専門生産工場から仕入れています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レイズラボ株式会社 >
  3. ファッションアパレル会社「レイズラボ株式会社」マスク販売の収益の一部を新型コロナウイルス感染症危機対応募金に寄付