札幌市への高純度次亜塩素酸水溶液生成パウダー(8,400リットル相当)及び大型超音波噴霧器の寄贈について

北海道内自治体寄贈プロジェクト 72自治体に

コロナウイルス非常事態宣言が解除されましたが、5月27日13:30より市長応接室で、苦しんでいる札幌市に除菌液8400リットル相当の次亜塩素酸水パウダーと大型超音波噴霧器を寄贈します。
贈呈式の市長応接室には組み立て式「除菌トンネルテント」を持ち込み、除菌トンネルを札幌市副市長と危機管理担当者にも体験してもらいます。
報道で、頑張っているお医者さんや看護師さんが自宅に帰って家族に感染させたくないのでホテルに泊まっているとか車で寝ているとか、悲しいニュースを見ました。
除菌トンネルは感染病棟と一般病棟の隔離バリアとしても使えますが、病院で私服に着替えて帰宅する通用口に設置すれば、除菌トンネルを通って安心して自宅に帰れると思います。
株式会社ES I(札幌市南区)と株式会社あかりみらい(札幌市北区)は、札幌市に新型コロナウイルス除菌対策として有効性が発表(※1)されている次亜塩素酸水溶液を大量に安く生成することができる高純度次亜塩素酸水溶液生成パウダー12箱、次亜塩素酸水溶液(※2) 8400リットル相当(20ppm希釈の場合)と、24時間空間除菌用超音波霧化機AT-45  2台および、毎時1.6リットルを噴霧する業務用大型次亜塩素酸水溶液噴霧器1台(合計66万円相当)を寄贈いたします。

当日は贈呈会場にて毎時14リットルという超大型次亜塩素酸水溶液噴霧試験機による「除菌トンネル」を設置し実演を行い医療機関や高齢者福祉施設、感染者隔離ホテル、避難所での集団感染防止などでの活用に向けて市当局者にも体験して貰います。

非常事態宣言が解除された後も新型コロナウィルスと共生していかなければならない「新たな生活」の中で新たな除菌の方策として、札幌市にも活用いただきたく寄贈します。
ぜひご取材ください。

また、3月25日の沼田町に始まった北海道内自治体への寄贈は先週時点で72市町村に広がり、住民への配布や防災備蓄として活用されています。全住民全戸配布の動きも広がり、避難所の集団感染防止への取り組みも進んでいます。こちらもご関心のある方はご取材ください。

札幌市への寄贈式
日時 2020年5月27日(水)13時30分より
場所 札幌市役所10階 市長応接室
寄贈する商品の特徴や噴霧器による除菌トンネルの様子などはあかりみらいホームページ解説動画にてご覧ください。https://akarimirai.com/jititai/

(※1)次亜塩素酸水溶液の新型コロナウィルスへの殺菌有効性は5月に北海道大学及び帯広畜産大学の研究チームから相次いで発表されており、経済産業省と製品開発試験機構による試験結果も近日中に発表される見込みです。
(※2) 「次亜塩素酸水溶液」は次亜塩素酸を含む殺菌効果のある液剤全てを示し、特定の製法によるものに限定する事はありません。過去に食品添加物として申請した際の製法(電解法)、名称を持って「次亜塩素酸水」を限定的に定義解釈する団体がありますが、同一濃度PH値で出来上がった水溶液の効果、性質は同じものですので報道においてはご注意ください。

また厚生労働省が推奨している「次亜塩素酸ナトリウムの希釈液」と混同して視聴者がこれを空中噴霧した場合には危険ですので報道においてはご注意ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社あかりみらい >
  3. 札幌市への高純度次亜塩素酸水溶液生成パウダー(8,400リットル相当)及び大型超音波噴霧器の寄贈について