9月24日(木)&10月16日(金) 13:30-15:30~社会貢献型企業(理念経営×SDGs)へのシフト~【オンライン】ウェイアンドアイフォーラム開催 

サスティナビリティ・マインドセットが私たちの未来を創る

新型コロナは、私達にどのような問いを投げかけているのか。今まで当たり前だったことができなくなってしまった状況の中で、これからの時代にどのような企業経営が求められてくるのか。CSR、サスティナビリティ経営研究の第一人者の神戸大学副学長國部教授とSDGsアワードで第二回最優秀賞を受賞された株式会社日本フードエコロジーセンターの代表取締役の高橋社長と共に、これから求められる企業の在り方を探究します。

新型コロナウィルスによって、企業を取り巻く環境は様変わりしてしまいました。経済優先か安全優先かなどの選択に迫られています。一方で、様々な環境問題や社会問題も噴出してきており、今回のようなウィルスの問題も、今後も起こりうるということが言われています。
私達は、岐路に立っています。そのような中で、企業がどのような考えや価値観に基づいて判断していくべきなのか、今迄の「当たり前」を手放し、根本から考え直す良い機会です。キックオフのフォーラムです。ぜひご参加ください。

●プログラム概要  
理論編 2020年 9月24日  13:30-15:30 
神戸大学副学長経営学研究科 國部克彦教授「創発型責任経営」     

実務編 2020年10月16日 13:30-15:30
  株式会社日本フードエコロジーセンター 代表取締役 高橋巧一社長 「食の循環によるSDGs実践経営」
  株式会社ウェイアンドアイ 代表取締役 粟野智子「SDGsと理念を活用したイノベーティブな組織づくり」

ご参加料  ¥20,000(税別)/1名  ¥40,000(税込)/3名
お申込みURL→https://peatix.com/event/1585820

5/17に開催したフォーラムでは、私たち一人ひとりにとっての幸せとは何かを見つめ直しました。そこで、語られた意見としては、「今迄当たり前にできていたことがいかに幸せだったのか気づいた」「家族の大切さをしみじみ感じた」「人と話ができることができて、ほっとした」など、日常の当たり前なことがいかに「幸せ」につながっていたのかに気づいたという声がほとんどでした。
次世代に「当たり前」のことができる幸せを継承していくためにも、企業として、何にどのように取り組むべきなのかを語りあう機会となれば幸いです。

8月7日~12日まで開催された世界最大規模の経営学会(Academy of management)では、環境問題や社会問題などを取り上げ、企業経営の変革やSDGsなどに関するセッションが数多く実施されました。そこでは、「脱成長(Degrowth)」や「持続可能なマインドセット」など従来の考え方とは大きく異なるテーマが話し合われました。
実践編では、そこで話し合われた内容も踏まえて、これからの時代に必要となる持続可能なマインドセットのフレームワークやプログラムの紹介もさせていただきます。

ウィズコロナ、アフターコロナのこれからの時代に、どのような経営や事業を行っていくべきなのか、どのような人財を採用し、育成すべきなのか。この機会に自分や自社を見つめ直し、今後の方向性について語り合いましょう。ぜひ、お気軽にご参加ください。


株式会社ウェイアンドアイ 会社概要 
「人と組織のハピネスの最大化」を企業理念として、ワークショップ事業、イベント事業、マインドフルネス&カウンセリング事業の三つの柱を基に組織と個人のご支援をしています。
ウェイアンドアイフォーラムは、理念経営×イノベーションというテーマで、2014年から継続しているフォーラムで、理念経営やイノベーションに関心のある皆様がご参加されています。お気軽にご参加ください。

HP: www.wayandi.co.jp
本リリースに関するお問い合わせ: info@wayandi.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウェイアンドアイ >
  3. 9月24日(木)&10月16日(金) 13:30-15:30~社会貢献型企業(理念経営×SDGs)へのシフト~【オンライン】ウェイアンドアイフォーラム開催