就職直結型プログラミングスクール「RUNTEQ」、Railsチュートリアルを運営する YassLab 社と業務提携し、さらなるWebエンジニアの拡大を促進へ

就職直結型プログラミングスクール「RUNTEQ」を運営する株式会社スタートアップテクノロジー(代表取締役 菊本 久寿)は、「Ruby on Railsチュートリアル:実例を使ってRailsを学ぼう (以下、Railsチュートリアル)」を運営するYassLab株式会社(代表取締役 安川 要平)と業務提携をし、プログラミングを始めて間もない初学者にも実践形式の学習カリキュラムとキャリアサポートの提供を行うことを発表します。

<業務提携の背景>

RUNTEQのRailsエンジニアコースは実践的な開発スキルを学習することに特化した課題解決型のカリキュラムのため、Ruby on Railsの基礎を理解していることが入学条件の一つでした。今回新たに、学習を初めたばかりのWebエンジニア希望者に対しても、学習とキャリアの両面から包括的にサポートを行うため、Railsチュートリアルの教材を活用した新しいコースを用意しました。(https://runteq.jp/school

 
<新コース概要>

【Rails初学者コース】
身に付くスキル:Railsの基本的な使い方が身に付く
対象カリキュラム:Railsチュートリアル編
対象者:Railsの学習を始めたばかりの方
想定学習時間:約150時間
サービス利用期間:最大2ヶ月間
学習サポート:質問し放題、オンライン面談
就職サポート:なし
価格:100,000円(+税)

【Railsマスターコース】
身に付くスキル:Railsエンジニアとして開発現場で自走できるスキル
対象カリキュラム:Railsチュートリアル編、Rails基礎編、Rails応用編、Vue.js編
対象者:Railsの学習を始めたばかりの方
想定学習時間:約800時間
サービス利用期間:最大8ヶ月間
学習サポート:質問し放題、オンライン面談
就職サポート:あり
価格:348,000円(+税)


※コース詳細と説明会はこちら
https://runteq.jp/school

 
<Railsチュートリアルとは>
Railsチュートリアルは、SNSの開発を題材として、Webサービスの開発から公開までを創りながら学ぶ大型チュートリアルです。
プログラミングの基礎技術を修めた学習者が、実際のプロダクト開発を始める準備として使う教材という位置付けで公開されており、筑波大学や琉球大学、工学院大学やAIITなどの高等教育機関でも正式に採用されています。
企業向けの法人プランは株式会社メンバーズや株式会社システムインテグレータなどにも提供されており、教育界から産業界にかけて幅広く支持されています。


<RUNTEQとは>
RUNTEQ(ランテック)は、システム開発実績の豊富な株式会社スタートアップテクノロジーが、開発現場の声を徹底的に取り入れ、Webエンジニアに本当に必要とされるスキルを学ぶことができる就職直結型のプログラミングスクールです。
課題解決型のカリキュラムを解き進めることによって、開発現場で自走できるスキルが身につきます。また、ローカルでの環境構築やプルリクエストベースで学習を進めていただくため、実際の開発フローを意識した作りとなっています。何かわからないことがあっても、現役エンジニアの講師があなたの学習を徹底サポートします。


 ■会社概要
商号:株式会社スタートアップテクノロジー
代表者:代表取締役 菊本 久寿
所在地:東京都渋谷区宇田川町36-6 ワールド宇田川ビル 5階
設立: 2014年10月2日
企業ミッション: 起業家に機会を。世界に価値を。
URL:https://startup-technology.com/
事業内容:
・スタートアップに特化した月額制サービス開発・デザイン制作事業
・Webエンジニア向け就職直結型プログラミングスクールRUNTEQ(ランテック)事業

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スタテク >
  3. 就職直結型プログラミングスクール「RUNTEQ」、Railsチュートリアルを運営する YassLab 社と業務提携し、さらなるWebエンジニアの拡大を促進へ