【国内初】憧れのアーティスト、クリエイターと1on1で直接話せるオンライン握手会サービス『Tetote』を提供開始!

リアル握手会のユーザー体験をオンラインで実現!オンラインだからこそできるメリットで、アフターコロナの新たなファンサービスツールに

エレビスタ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石野 拓弥)は、先行してiOSのβ版を国内で初めてリリースしていたオンライン握手会サービス「Tetote」につきまして、この度iOS(Safari)/Android(Chrome)に対応した正式版の提供を開始しましたことを、お知らせいたします。

 

 


  世界中でパンデミックを起こしている新型コロナウィルスにより、音楽ライブや、握手会といったあらゆるファンイベントの開催をストップせざるを得ない状況が続いています。
ファン、アーティスト、本人達の気持ちとは別の外的要因によって、コミュニケーション機会が失われてしまっていることに、ファンコミュニケーションの新たな仕組み、ならびに事務所、アーティストサイドへの経済面の課題解決が早急に求められています。
 

 


◉Tetoteとは
 この度提供開始させて頂くオンライン握手会サービス『Tetote』は、1on1握手会のオンライン化を実現します。ファンにとっては、これまでの1対大勢といった配信サービスでは得られなかった握手会独特の独占感、プレミア感を享受でき、アーティスト側としてもファン1人1人とより強固なエンゲージメントを築くことが可能です。

 また、リアル握手会を踏襲しているため、シリアルコードでの実施や、グッズ販売に近しい機能を提供しつつ、オンライン握手会ならではのセキュリティやフェイスフィルター機能等を提供し、リアルとオンラインの良さを活かしたサービスにアップデートを重ねていきます。


※主に解決する課題
  • ライブ、握手会などのファンイベントが中止・延期
  • ファンとのエンゲージメントが低下 → 固定ファン化率の低下
  • 収益面での貢献
  • 今後も求められる"密"を避けたイベント展開
  • 地方ファンなど構造上参加できないファンの獲得
  • 握手会開催コストと労力の大幅な削減


◉特徴1:「構造的に高い収益性」と「開発技術」
 大きな違いの1つは「プラットフォーム依存をしない」という点です。通常、アプリプラットフォームに依存するため、売上が発生したタイミングで30%が強制的に差し引かれ、残りの70%をサービス事業者と芸能事務所様ならびにアーティスト様で分け合う構図です。
『Tetote』では「PWA技術」でシステム開発を行い、プラットフォーム非依存を実現、これにより構造上最大30%の報酬を追加で分け合うことが可能となります。


◉特徴2:配信者の負担を減らす配信仕様
 回数を重ねることで、アーティスト側への負担が大きくなることが推測されます。そこで、1人あたりの配信秒数、休憩タイム、事務所様などトラブル回避のための第三者による閲覧、といった様々な細部にこだわることでアーティストへの負担を減らしていきます。


◉特徴3:PWA技術による開発
 PWA(プログレッシブウェブアプリ)とは、アプリのユーザー体験を損なわずwebサイトにネイティブアプリのような機能性をもたせる技術です。アプリプラットフォームに依存しないためアップデートの審査不要で即座に反映できる点や、デバイス毎に開発する必要もないため柔軟且つ短期間での開発(アップデート)が可能となってます。


【Tetoteご利用に関するお問い合わせ】
 ※ご興味ある芸能事務所様や企業様、クリエイター様は下記よりお気軽にお問い合わせください(エンジニアの方も募集中です)
https://bit.ly/TetoteContact

【Tetoteサービスページ】
https://bit.ly/TetoteApp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エレビスタ株式会社 >
  3. 【国内初】憧れのアーティスト、クリエイターと1on1で直接話せるオンライン握手会サービス『Tetote』を提供開始!