マンション管理業務を効率化するSaaS「管Ciel住(カンシェルジュ)」を発売開始

〜 各種管理業務をリモート化 し、対人対面時間を大幅削減〜

Alianza株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:西野充浩)は、マンション管理業務を効率的にリモート化するシステム「管Ciel住(カンシェルジュ)」を2020年6月1日(月)より発売いたします。同時に、かんべ土地建物株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神戸雄一郎)の品川区のマンションでシステム第1号物件として運用開始いたしました。このシステムは、マンション以外にも、エントランスのあるアパートや集合住宅、リゾート物件、その他不動産物件など、様々なシーンで活用いただけます。
2020年6月1日
Alianza株式会社


「管Ciel住(カンシェルジュ)」の3つの特徴
1.リーズナブルな運用費用で、管理会社、管理人、住人の3方にメリットが生まれます。
2.リモート化により、対面対人時間の削減を実現し、時間効率化による管理会社の利益アップにつながります。
3.不動産業界で、SaaS活用のデジタル化に取り組む姿勢が、企業価値の向上につながります。


「管Ciel住(カンシェルジュ)」の使い方・利用シーン
管理会社:日々の管理業務を効率化し、住人向けサービスをリモート化でき、現場回数を大幅に減らせます。



管理人:事務作業の効率化によって、清掃や点検作業の時間に集中できます。



住人:管理会社への問い合わせや、共有施設の予約を効率的に行えます。



「管Ciel住(カンシェルジュ)」誕生の背景
管理人不足や高まる賃金、住人からの様々な要求増に、これまでと同予算で答えなければならない管理会社は今、厳しい状態にあると考えます。煩雑な業務をコストをかけずにデジタル化できる最適解を求め、このシステムは企画・開発されました。

また、昨今の新型コロナウィルスの影響で、対人対面時間の削減は必至となっており、システム導入により、管理会社・管理人・住人の不安を解消できると考えています。今回の発売開始以降も、様々な意見を取り入れ、より良いシステムを目指します。


【「管Ciel住(カンシェルジュ)機能詳細
住人や管理人は、建物エントランス(通常:管理人室前)に設置された専用の通信端末を使用します。管理会社(担当者)は、各種ブラウザ(PCやスマホ)で業務を行えます。

管理会社モード(ブラウザ):住人の問い合わせ管理、リモート掲示板、管理人勤怠・日報管理、共有施設予約管理、<後日対応予定>住人へのSMS配信と各種日程調整機能

管理人モード(専用端末):住人の問い合わせや共有施設予約作業の回避、作業日報などの事務作業、物件取り扱い電子マニュアル閲覧

住人モード(専用端末):管理会社への問い合わせ、共有施設の予約、物件情報の閲覧、<後日対応予定>各種ブラウザでの利用

費用:1棟月額5000円から(端末通信費込み、初期費用別途)

詳細情報【URL】https://alianza.co.jp/service/can-ciel-j/


Alianza株式会社について
親会社の株式会社FORMULAで培った各種IoT製品の企画・開発の経験を生かし、各種IoT機器を住宅や不動産向けにシステム化する企業です。提携する協力企業と共に、不動産関連業務のデジタル化促進に力を入れています。


【会社概要】
会社名:Alianza株式会社
所在地:東京都渋谷区道玄坂2-19-3-301
代表者:西野充浩
設立:2019年2月
URL:https://alianza.co.jp/
事業内容:不動産関連事業者向けIoTサービスの企画・開発・運用


【お問い合わせ先】
Alianza株式会社
e-mail:info@alianza.co.jp

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Alianza株式会社 >
  3. マンション管理業務を効率化するSaaS「管Ciel住(カンシェルジュ)」を発売開始