ビジネス・アソシエイツが機械販売業向けのビジネスシナリオパッケージをリリース

ERPパッケージベンダーのビジネス・アソシエイツが、自社開発の中堅・中小企業向けERPパッケージ「Plaza-i」をベースに、豊富な業務ノウハウをビジネスシナリオ化。第一弾として、「機械販売業向けビジネスシナリオパッケージ」の販売を開始

 

 株式会社ビジネス・アソシエイツ(本社:東京都港区、代表取締役:公認会計士 齋藤 毅)は、1999年に開発した中堅・中小企業向けのオリジナルERPシステム「Plaza-i」を販売しています。この度、長年にわたって培ってきた業務ノウハウをビジネスシナリオとして標準化し、特定業種向けのパッケージを整備しました。その第一弾として、「機械販売業向けビジネスシナリオパッケージ by Plaza-i」をリリース、販売を開始します。

【Plaza-iとはどんなシステムか?】>> https://www.ba-net.co.jp/

 Plaza-iは、ERP(Enterprise Resources Planning:統合基幹業務システム)専業メーカーのビジネス・アソシエイツが創業以来30年以上の歳月を掛けて開発・販売してきた、50名~500名規模の中堅・中小企業様をメインとしたERPパッケージです。
海外進出企業、機械商社をはじめとする輸出入貿易商社、会計事務所、外資系企業等で使用され、特定の業種・業態の取引慣行を深く取り入れたところに特徴があります。

【機械販売業向けビジネスシナリオパッケージの特徴】

 >> https://www.ba-net.co.jp/lp/01/

 この度、発売する「機械販売業向けビジネスシナリオパッケージ by Plaza-i」は、長年、機械販売業のお客様向けにサポートしてきたノウハウをもとに、業務フローを標準シナリオとして用意。高度に標準化、効率化されたビジネスシナリオに基づいて、基幹システムを短期間に構築し、業務改革・改善の実現をサポートします。

一般的なERPパッケージの導入では、要件定義に始まり、Fit&Gap、アドオン開発、データ移行、トレーニングなどを行い、動作検証結果によっては、アドオン開発の手戻りが発生するなどして、膨大な時間とコストをかけます。したがって、導入作業開始から本番稼働まで1年以上かけて立ち上げていくことが通例です。
 これに対して、ビジネスシナリオパッケージでは、予め用意されたビジネスシナリオを用いて、オリエンテーションに続いて、業務フロー・操作の確認を行えば、あとはデータ移行、トレーニングを行うだけでシステムを立ち上げることができるため、非常に短期間でシステムの立ち上げまでを行うことができます。
 また、Plaza-iで拡張した機能も、標準版に取り込みますので、バージョンアップだけで使い続けられるなど、将来にわたって安心した運用を可能としています。
 さらに、クラウドにも対応しており、オンラインでのトレーニングにも対応。場所を選ばず、どこからでも立ち上げ、在宅勤務でも利用できるなど、TCOの削減、運用負荷軽減にも貢献します。

ビジネス・アソシエイツでは、このビジネスシナリオパッケージをシリーズ化して、機械販売業に続いて、ITサービス業向け、専門サービス業向けなどを第二弾、第三弾のパッケージとして、今後、展開していく予定です。

【会社概要】
■ 会社名 株式会社ビジネス・アソシエイツ
■ 代表者 代表取締役・公認会計士 齋藤 毅
■ 創 業 1987年11月
■ 資本金 1億円
■ 所在地 東京都港区芝4-3-5 ファースト岡田ビル7F
■ TEL 03-5520-5330(内線80)
■ URL https://www.ba-net.co.jp/lp/01/
■ E-Mail bsp@ba-net.co.jp
■ 事業内容
1. ERPパッケージ(統合基幹業務システム)Plaza-iの企画開発・販売
2. Plaza-iを利用したシステムコンサルティング、導入支援、サポート
3.ビジネスシナリオパッケージ by Plaza-i の企画開発・販売

【本件に関するお問い合わせ】
■ 会社名 株式会社ビジネス・アソシエイツ
■ 担当者 同前、吉松、五木田、中島
■ TEL 03-5520-5330(内線80)
■ E-Mail bsp@ba-net.co.jp

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビジネス・アソシエイツ >
  3. ビジネス・アソシエイツが機械販売業向けのビジネスシナリオパッケージをリリース