成田の観光農園が食用バラを使った「バラ薫るプリン」を6月20日(土)より期間限定で発売

~農園内のバラ園が満開中。19日の県外移動自粛解除に合わせて新商品を発売~

千葉県成田市で株式会社成田ファームランド(代表取締役池見 勝広)は、展開する観光農園成田ファームランド内のバラ園が満開を迎えている今、季節限定商品として食用バラを使ったプリンを6月20日から、併設するプリン工房にて製造販売することとしましたのでお知らせします。


■ベリーいっぱいの観光農園、成田ファームランドとは
観光農園成田ファームランドは農業生産法人有限会社秀じい農場の子会社である。有限会社秀じい農場は、2004年の設立以来、自社のグループ会社で製造している堆肥を使って農作物の栽培と販売を行っている農業生産法人である。近年では六次産業として、いちご狩りやバラ園など観光農園化を目指し、また自社農場で収穫した農作物を使ったプリンやバウムクーヘンの商品を展開するため、新たに株式会社成田ファームランドを設立しました。成田ファームランド オフィシャルサイトはこちら https://narita-farmland.com/

■100種5000株のバラ園が7月中旬頃まで見頃

成田ファームランドでは当社独自の農法によりいちごを栽培しておりますが、その過程において「バラ科の(である)いちごに良いのであれば、バラにもこの農法が通用するのではないか」と確信し研究を始めました。2018年7月に初めてバラを植え、購入した地元のバラ屋より「夏に植えると半分は枯れる」と言われましたが、結果1割にも満たない数しか枯れず、本格的にバラ園の開設を決めました。成田ファームランドが大事にしているのは「鮮やかなバラ」です。当社独自の農法によって色抜けや黒点のない健康的な色づきのバラをお客様に見せたい。その思いでバラを育てております。
敷地内は中央のドーム型アーチにカクテルやピエールドゥロンサールといったつるバラが覆い、周りの区画には100種類もの直立木立性のバラが植えられております。

■食用バラを使った「バラ薫るプリン」

「バラ薫るプリン」は成田ファームランドの店舗内のカフェ「バラ薫るカフェ」にちなみ命名した、見た目・味・香り全てをバラの花をイメージした逸品です。バラのジュレとエディブルフラワー(食用ばら)も使用し、自家製ローズ風味のジュレに、バラの花びらを交ぜ込んだ「バラ薫るプリン」は、可愛らしさだけでなく、ほのかなバラの香りを感じる本格的で美味しい商品に出来上がりました。昨年オープンしたプリン工房は、全国トップクラスのプリンの味を生みだす所シェフに商品開発や製造指導などをお願いしています。夏の青空に映える色とりどりの薔薇を、バラ園全体が見えるカフェでローズプリンを食べながら鑑賞するのも、この時期のみの醍醐味です。

■2021年1月グランドオープンの成田ファームランド今後の展開

成田ファームランドは、2021年1月予定を目指し、いちご狩りや、バーベキュー、クラフトビール、農産物販売などを展開する予定です。東京都心から1時間弱、東関東自動車道大栄インターから5分程度のアクセスの場所で総面積2500坪の農業に触れる、体験する、感じる場を提供し、年間20万人の来場を目標としています。

バラ薫るプリンバラ薫るプリン


バラ薫るプリン商品バラ薫るプリン商品

成田ファームランドバラ園1成田ファームランドバラ園1

成田ファームランドバラ園2成田ファームランドバラ園2

成田ファームランド店舗成田ファームランド店舗


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社成田ファームランド >
  3. 成田の観光農園が食用バラを使った「バラ薫るプリン」を6月20日(土)より期間限定で発売