恋愛支援で九州地域の経済活性化AILL、九州経済連合会と「婚機創出事業」開始

株式会社AILL(エール)(東京都港区港南1-9-36 代表者:豊嶋千奈 /以下AILL)は一般社団法人 九州経済連合会(事務局:福岡県福岡市、会長:麻生泰、以下 九経連)と共同で、九州地域の経済活性化を目的とした「婚機創出事業」を2020年9月17日より開始します。AILLは本事業に向け、AI・人工知能を活用した恋愛(AI)ナビゲーションアプリ「Aill(エール)/以下Aill」を提供します。

 

【婚期創出事業について】
九経連加盟企業間で、社外の独身社員の出逢いの場(アプリ)を提供し、AIがコミュニケーションアシストを行います。

九州の経済活性化のためには、人口減少の抑止が不可欠です。
九州における人口減少の原因は、「自然減少(未婚者増加)」と「社会減少(若者都心移住)」です。
そこで、本事業を通して、魅力的な働き口として、九州・山口において九経連加盟企業が率先してアピールをしていくこと、合わせて加盟企業が安心・安全な出会いの場を提供することで、人口減少ひいては地域経済の後退を抑止する姿勢を示していきたいと考えています。

また、近年では、仕事の忙しさや、恋愛に能動的になれないなどの様々な要因を背景に、正社員でしっかりと収入を得ている未婚の方や、恋人がいないフリーの方が増加しています。さらに、テレワークなど勤務場所を選ばない働き方が拡大しています。人と人の距離がおのずと開いていくことで、未婚やフリーの方の増加をいっそう加速させるのではないかと懸念されます。
しかし、どんな状況であっても誰もが「仕事だけでなく私生活も充実させたい、幸せになりたい」という想いを秘めているはずです。 

「婚機創出事業」はこういった個人の実情そして企業、九州の課題を解決に貢献します。


【「Aill」(エール)ついて】
AILL では、「人と人とのコミュニケーション方法」のアルゴリズムを設計し、人と人をつなぐコミュニケーションアシストができるAIの開発を行っています。


「Aill」は、福利厚生に導入いただいた企業の独身社員のみが利用できる世界初のAI恋愛ナビゲーションアプリです。出逢いからお付き合いまでを、AI・人工知能がナビゲーションします。

AI・人工知能を活用し、紹介ナビゲーション、会話ナビゲーション、好感度ナビゲーションという3つのナビゲーションを利用者に提供することで、男女のコミュニケーションのすれ違いを緩和、出会った後の関係進展をサポートします。

「Aill」は2020年9月7日より正式リリースし、現在、首都圏を中心にNTTグループやみずほグループなど信頼できる企業282社に導入頂いています。
ホームページ: https://aill-navi.jp/  

 

【九経連 観光サービス課 参事 宮城純のコメント】
25歳~34歳の男女における結婚できない理由は「適当な相手にめぐり会わない」が男性45.3%、女性51.2%と其々トップになっている。男女の出会いは、古くは親や親類の紹介から時代の変遷とともにネット上の世界へと多様化してきた。親や親類の紹介は相手方の素性や人となりについてある程度の安心感を与えるが、今時の若者とっては余計なお節介である。

一方、ネット上の世界はしがらみが無く自由である。その分、何でも有りである。中には危険なサイトもある。AILLさんのアプリはネット上の世界に居ながら、所属企業が事実上の身元保証人となる。時にはAIがお節介をやく。若者にとってはこれが受け入れられているようだ。九州経済連合会は婚機創出事業としてAILLさんと提携した。AIのお節介により多くの良縁が生まれる事を期待する。



【AILL 代表 豊嶋千奈のコメント 】
結婚は強制されるものではありません。さらに、働く男女にとって扶養控除など制度的なメリットも少ないのが現状です。相思相愛の人がいて、結婚、家族に繋がります。同時に仕事と私生活が両立できる環境が必要です。

この環境を創るには企業との連携が必須でした。その中で、九州の経済を支える企業経営者団体である九経連様と事業を立ち上げることができ、とても嬉しく思っています。九経連様と一緒に、仕事と私生活を両立し、幸せな人生を愛する人と歩める社会の実現に貢献して参ります。 
 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Aill >
  3. 恋愛支援で九州地域の経済活性化AILL、九州経済連合会と「婚機創出事業」開始