伝統工芸・木目込みの手法で制作した「IWATSUKI-HAT」 3 種類を発表。WEB EXHIBITIONを3/3まで開催中。

人形の町 埼玉県岩槻にて、木目込みの技術を用いてフォーマルな場で身に着けていただくハットを製作いたしました。

岩槻人形協同組合(所在地:埼玉県さいたま市、理事長:新井久夫)は、木目込みの技術を用いてフォーマルな場で身に着けていただくハット「IWATSUKI-HAT」 3 種類を発表し、WEB EXHIBITIONを以下URLにて3/3(水)まで開催しております。
https://iwatsuki-hat.com/presentation/


■ 概要
江戸木目込人形は、岩槻人形と並んで、お雛様に代表されるような節句人形や贈答用の人形として、製造・販売されています。このたび、その木目込みの技術を用いてフォーマルな場で身に着けていただくハットを製作いたしました。正装のアクセントとして和とモダンなデザインが調和した美しい商品となっております。シルクの光沢や木目込みの温かみ、しっとりとした質感をぜひお確かめください。
株式会社小鳥来・古庄デザイン事務所(所在地:東京都豊島区、代表:古庄良匡)は、ディレクションにて参画しております。

■WEB EXHIBITION
2021年3月3日(水)までの期間限定で、WEB EXHIBITIONを開催しております。
https://iwatsuki-hat.com/presentation/

「IWATSUKI HAT」についてのアンケート全てにご回答頂いた方の中から、抽選で 20 名の方に「人形のまち岩槻テーブルセンター」1枚と「岩槻人形博物館閲覧券」2枚入りのセットをプレゼントさせて頂きます。ぜひご覧くださいませ。

期限:2021年3月3日(水)まで
質問数 8問 / ご意見記入欄 1問 / 目安 4分

※ アンケートはWEB、FAXでの回答が可能です。
※ 当選品の送り先として住所・氏名を明記して頂く必要が御座います。
※ プレゼント品発送のため以外に個人情報の使用は一切いたしません。
※ 当選者の発表は当選品の発送をもってかえさせて頂きます。
※「テーブルセンター」の絵柄はこちらで選択させて頂きます。

■ モデル
【 御空 - MISORA - 】
空の意味を表す日本語です。「み・御」は神や自然などの神聖なものをあらわす場合に使われる接頭語で主に尊称として 使われる音です。神聖で清らかな大気の流れる大空をイメージしたデザインです。
参考価格:78,000円

 

御空(みそら)。カラーは左から金茶、月白。御空(みそら)。カラーは左から金茶、月白。


【 花影 - KAEI - 】
月の光などによってできる花の影。特に桜の花の影を意味する言葉です。頭に乗せるといったヘッドドレスの定番から耳に当てるイワツキ・ハットオリジナルデザインのシリーズです。
参考価格:45,000円

 

花影(かえい)。カラーは左から茜、白百合。花影(かえい)。カラーは左から茜、白百合。


【 八千代 - YACHIYO - 】
日本の国歌にも「千代に八千代に」とうたわれる言葉で、永遠、もしくは長い月日を意味する言葉です。
日本的な柔らかな菊の形をモチーフに連続性のある形から永遠に続いてゆく生命をイメージしております
参考価格:47,000円

 

八千代(やちよ)。カラーは左から黄櫨染、白兎、古代紫。八千代(やちよ)。カラーは左から黄櫨染、白兎、古代紫。


■ 詳細
【販売対象】
「世界の女性へ。 世界スタンダードな正装を日本の伝統工芸から華を添える」
20代から70代までの女性向け装飾品になります。若い方は成人式や結婚式、パーティなどの場面で。大人の女性は冠婚葬祭からイベントなど、様々な正装する場面に華を添えます。

【コンセプト】 「伝統」×「異分野」
フォーマルな場で身に着けるヘッドドレスを江戸木目込人形の製作 技法を用いて仕上げた、新しい商品です。

【強み】(WONDER) 「見たことのない商品」
□江戸木目込人形とIWATSUKI-HATの比較

 

比較表 江戸木目込人形 IWATSUKI-HAT
誕生(歴史) 江戸末期頃 令和2年度
用途 日常生活の中で飾るものお節句、
新築・結婚等のお祝い贈答、
趣味の人形など
フォーマルウェア成人式、結婚式、
お祝いのセレモニーなど
技法 木目込み技法 木目込み技法
材質(頭&胴体) 桐塑(とうそ)&胡粉(ごふん)
(顔など補正)
ウレタン樹脂(ボディ)
材質(着物) 正絹・綿・麻など 正絹(初代)
価格 趣味の人形:3,000円~
節句人形(セット):10万円~
御空:参考価格 78,000円
花影:参考価格 45,000円
八千代:参考価格 47,000円
※税抜
 

■ 参画者
問合わせ窓口 : 岩槻人形協同組合
プロデューサー :(株)小鳥来 古庄デザイン事務所 古庄良匡
デザイナー :戸村亜紀
コーディネーター:公益社団法人埼玉デザイン協議会 影山和則

■ 株式会社小鳥来・古庄デザイン事務所 について
古庄デザイン事務所は地場産業と環境共生をテーマにデザインワークを行っています。

■ 岩槻人形協同組合について
岩槻の人形づくりの歴史は、江戸時代初期に始まり約380年の伝統を有します。
現在、「江戸木目込人形」・「岩槻人形」が経済産業大臣から伝統的工芸品として指定され、全国的に名高い人形のまちとなっています。毎年、四季を通して、人形協同組合が関わる伝統行事が盛りだくさん行われております。春のまちかど雛めぐりと流し雛、夏の岩槻まつりでは仮装による人形パレードとジャンボ雛壇、そして秋の人形供養祭など様々な活動を通じ、節句文化の啓発と地域興し、まちづくりに貢献させていただいております。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小鳥来 >
  3. 伝統工芸・木目込みの手法で制作した「IWATSUKI-HAT」 3 種類を発表。WEB EXHIBITIONを3/3まで開催中。