【コロナ禍のテレワーク支援と、地域での新たな働き方提案】 瀬戸内海に面した自然豊かなロケーションでテレワーク

高まる「地域移住への関心」に応えるサービス

​瀬戸内ワークス株式会社(香川県三豊市、代表取締役:原田佳南子)は、主に都市部で働く人を対象にした『GATEテレワーク』と、それを契機に地域とのつながりを深める『weekend works』の募集を開始します。

■『GATE』とは 

 香川県三豊市で2020年2月にオープンしたシェアレジデンスで、滞在者に「住まい」「仕事」「コミュニティ」の3つを提供する新しい概念の施設です。(https://swr-gate.jp/


顧客ターゲットは、都心部で働き暮らしながらも、自然豊かな地域での生活に関心を持つ方。

代表の原田自身、東京からIターンで三豊に入り、地域と関わりながら事業を展開してきた経験を生かし、自然あふれる香川県三豊市の地域にコミットしながら、地域と繋がりがない状態からでも、チャレンジができる環境を提供する場として開業しました。


■『GATEテレワーク』とは
 コロナウイルス感染拡大により企業におけるテレワークの導入が進み、100%テレワークで働くことができる仕事は増加傾向にあります。また、テレワークを経験した人の実に25%が「地方移住に対する関心が高まった」という調査結果も報告されています。(※内閣府「新型コロナウイルス感染症の影響下における 生活意識・行動の変化に関する調査」より)
 こうした働き方に関する潮流を捉え、今回新たに募集するテレワークのプログラムです。
 
 これまでのGATEは、滞在者に三豊地域の仕事を紹介してきましたが、今回の『GATEテレワーク』では、現職の仕事を続けていただくことを前提にし、主に移住に関心を寄せる方々を対象に、自然豊かな三豊でのテレワーク環境をリーズナブルな価格で提供します。

費用     45,000円/月 
含まれるもの 住居(シェアレジデンス)
水道光熱費
駐車場
施設内コワーキングスペース、wifi無料利用
オプション レンタカー貸出 軽自動車22,000円(税別)/月
諸条件 週末を活用して地元の企業でのアルバイトを検討できる方(他、詳細は本文末)
入居開始は、2020年9月1日〜(応相談)


 

■GATEテレワークの魅力

 最大の魅力は、リーズナブルな滞在費で、自然に恵まれた立地環境のなかで仕事ができること。近年『日本のウユニ塩湖』と呼ばれ知名度が上がっている瀬戸内海の海岸「父母ヶ浜」は目の前。遠浅で静かな瀬戸内海に沈む夕日を眺めるのは、何ものにも代え難い経験です。
 他にも、浦島太郎の伝説が残り、瀬戸内海の美しい景観を高台から望むことができる荘内半島や、瀬戸内芸術祭の開催地の一つである粟島もすぐそばの環境にあります。


■地域と滞在者をつなぐ新たな働き方としての『weekend works』
 一般に「地方は仕事がない」と思われがちですが、地元のパワーが溢れる三豊地域ではそのようなことはなく、地元企業は慢性的に人材不足の状況下にあります。
 働く側も、前述の調査結果にある通り「地方移住への関心」が高まってきていますが、とはいえ、いきなり縁もゆかりもない地域でのIターン就業を促することは、企業にとっても働き手にとっても障壁も多く、容易ではありません。
 そこで、今回の『GATEテレワーク』では、滞在者はテレワークで現職を維持しつつも、休みの日を使い地方で働くことのプチ体験をしていただく機会を合わせて提供することで、将来的な三豊地域との関係作りの契機としていきます。

 ▼『GATEテレワーク』モデル

 具体的には、滞在者の経験や希望を考慮しながら、地元企業2〜3社での週末のアルバイト・weekend worksを紹介していきます。「三豊地域の内外をつなぐ役割を果たす」ことをミッションとして掲げる当社にとって、滞在者には単なる地域でのテレワークでは得られない地元の人との深いつながりや経験を感じていただき、また地元企業の人材不足への一助になれば嬉しく思います。


■瀬戸内ワークス株式会社について
 香川県三豊市を拠点に、地域内外をつなぐ様々な事業を展開しています。讃岐うどんとその文化について学べる体験型の宿泊施設『UDON HOUSE』(https://udonhouse.jp/)や、仕事とコミュニティを兼ね備えたシェアレジデンス『GATE』の他、様々な形で関係人口を生み出す事業プロデュースを地元企業と行なっています。(https://setouchiworks.jp/project/
 
  • 本件に関するお問い合わせ先
▼メディア関係者さまからの取材に関して
担当:原田
e-mail:info@setouchiworks.jp
tel:0875-89-1362 

▼個人の方からの応募に関して
担当:原田
e-mail:info@setouchiworks.jp
応募フォーム:https://forms.gle/oV6w9REWjc4JrB7S8
 
  • 募集に関する詳細条件
●GATEの居室は、男女別最大定員6名のドミトリータイプのため、共同生活に協力できる方が対象となります。
 ※GATEでの暮らしの様子
 https://swr-gate.jp/news/ 利用者インタビュー
 https://swr-gate.jp/#main 居室の様子
●3ヶ月程度以上の滞在を予定している方が対象となります。
 ※2週間以下の滞在が2ヶ月続く場合、2ヶ月で家賃1ヶ月分となる割引適用も可能です。
●weekend worksは、基本的にはアルバイト勤務を予定しているため、現職における副業に関する規定をご確認の上ご応募ください。(内容・状況次第で、ボランティアとしての活動も相談可)
 ※weekend worksの体験事例
 https://mainichi.jp/articles/20200408/dde/012/040/029000c
●応募者は全員オンラインでの面談を行います。また入居開始は、9月1日〜を予定しています。
●感染症予防対策のため、入居前の2週間は体調管理を徹底し、毎日検温のうえ結果を正しく報告いただきます。 問題がない方のみ実際に入居開始となります。

★★ご応募は、以下のフォームにて受け付けております★★
 https://forms.gle/oV6w9REWjc4JrB7S8
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 瀬戸内ワークス株式会社 >
  3. 【コロナ禍のテレワーク支援と、地域での新たな働き方提案】 瀬戸内海に面した自然豊かなロケーションでテレワーク