部数減に悩む地方新聞の挑戦!今こそ、地元で働く・暮らすことを考えてみよう!高校生の地元就活を地域住民と一緒に考えるプロジェクトを始動。

群馬県東毛地区を配布エリアとする「桐生タイムス」は、購読者減少に悩む地方新聞社のひとつです。2020年7月より、創刊75周年の挑戦として、「#桐生で働くって」と名付けた、桐生エリアで学ぶ高校生に対して、地元で働く・暮らす・生きてゆくことを改めて考え直し、地域の大人たちと共に考え、発信する情報空間を提供するプロジェクトを始動しました。
まず、Youtube公式チャンネルを開設し、「#桐生で働くって」問題提起動画を公開。新聞でも同タイトル特集コーナーを連載開始。メディアミックスでの広範囲な意見配信の場を創設しました。
Youtube公式チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCfheAKb7yZa-6v6AA_eRxHQ

若年層の都市部流出、新型コロナショックでの経済停滞などにより、地方都市の衰退は加速するのでしょうか?
一方では、新しい働き方や生き方が求められているなか、地方への移住希望者が増加していることも事実です。
また、情報伝達チャネルが多岐にわたる現代では、購読者減少に悩む地方新聞が多数存在します。同様な状況に直面している、私たち「桐生タイムス」では、SNSで情報収集する若い世代にも対応し、このSNS世代が、地方エリア(地元)で働くことにテーマを絞り、老若男女様々な方々の声を集めながら、地域の未来を皆で語り合うステージを創生することを、創刊75周年の挑戦として始動します。
桐生エリアに住む皆さんが、自分たちの地元をどのように思っているのか?まとめ上げてみて、配信し、語り合う場を創ることにしたのです。それこそが、地元に生きる普通の人々の普段の情報を届けることで、地域に支えていただきながら存続してきた、地方新聞の新たな使命と考えるからです。
 

 

 

 

 

 

7月1日 社告7月1日 社告

7月3日 特集記事第1回7月3日 特集記事第1回




















 



桐生とはどのようなエリアか

 

桐生は、京都西陣と並び称される、1300年続く、織物の町として有名です。江戸時代より家内制手工業が盛んとなり、昭和中期までは群馬県最大人口の市として栄えていました。企業数も多く、「10人集まれば、社長が1人いる」と言われるほどでした。そのため、プライドも高く、自らを「群馬県人」ではなく「桐生人」と呼び、桐生市内では、群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」よりも桐生市のマスコットキャラクター「キノピー」を多く見かけます。個々人が強いので、エリアとしてのまとまりが弱い部分もありました。消滅可能性都市リストにも入っています。

 


50名以上の想いがつまった動画完成

 

「#桐生で働くって」問題提起動画撮影では、桐生エリアの100名以上にお声がけし、「桐生で働くってどうですか?」と質問してみました。そして出来上がった2分50秒の動画には、50名以上の桐生エリアの方々が登場し、「桐生で働くことに対する想い」を語ってくれています。


「#桐生で働くって」プロジェクト
  1. 7月1日(水)に、YouTube公式チャンネルを公開し、「#桐生で働くって」問題提起動画を配信。同時に、桐生タイムス本紙では、社告によるプロジェクト始動を宣言。
  2. 7月3日(金)発行の桐生タイムス本紙に「#桐生で働くって」特集コーナーを掲載し、動画出演者や他の方々に、より深く取材した記事の連載を開始。
  3. YouTube公式チャンネルへのフリートーク欄コメントや特集コーナーでの意見掲載によって、より多くの意見が活発に交換される環境創りを実行。
  4. 今後は、オンラインセミナー開催や他のエリア活性化プロジェクトとの連携も検討しています。新聞本紙だけでなく、多くのチャネルを活用し、桐生エリアが元気になり、就活を控える高校生たちが、地元で働くことを考えるきっかけ創りを実現します。
桐生エリアだけでなく、地方都市の今後を考える皆さんのご参加・ご意見もぜひお待ちしています!
まずは、「#桐生で働くって」動画をご覧になってください!
現在の桐生タイムス公式チャンネルは、まだ1本の動画が収容されているのみですが、ここに集まる皆さんのフリートーク欄コメントにより、多くの活発で意義ある意見交換の場になることを願っています。より深いご意見を述べたい方は、「取材希望」とコメントください。新聞特集コーナーでの取材候補とさせていただきます!
 
*桐生タイムス
「東毛の一角に政治、経済、文化の理想郷を…」桐生タイムス社は1945年(昭和20年)12月10日、戦後の荒廃した郷土を憂えた木村貞一によって創刊されました。以来、中立・公正をモットーに市民とともに歩み、考える地域紙としての地位を確立しています。
お問い合わせ先 桐生タイムス 小澤 矢口
〒376-8528 群馬県桐生市東4-5-21 TEL.0277-46-2511(代表)
E-Mail koukoku@kiryutimes.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社桐生タイムス社 >
  3. 部数減に悩む地方新聞の挑戦!今こそ、地元で働く・暮らすことを考えてみよう!高校生の地元就活を地域住民と一緒に考えるプロジェクトを始動。