Blue Challenge(ブルーチャレンジ)レポートを発刊しました。

リケンテクノス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員: 常盤 和明)は、このたび、Blue Challengeレポート(サステナビリティレポート)を発刊しました。

リケンテクノスグループは、サステナブルな社会への貢献を目指し、様々な活動を行っております。2020年4
月から、リケンテクノスグループの「サステナブルな社会への貢献」に関わる活動全体を「Blue Challenge(ブ
ルーチャレンジ)」と総称し、SDGsを軸とした活動を活発化させています。「Blue Challenge」のBlueは、当社
のロゴマークにあるRIKENブルーや地球、海、空などを表し、Challengeはリケンテクノスウェイのミッション
にある「チャレンジメーカー」に由来しています。「Blue Challenge」は、サステナブルな社会への貢献を目指す
リケンテクノスグループの挑戦です。本報告書より「Blue Challengeレポート」と名称を変更し、ステークホル
ダーの皆様と共に持続可能な社会を目指していくための取り組みを報告いたします。「すべての生活空間に快適さを提供するリーディングカンパニーを目指して」リケンテクノスグループが取り組んでいる内容をご理解いただければ幸いです。


特集では、感染症対策製品である「リケガード」ついてご紹介します。「リケガード」の抗ウイルス・抗菌・防虫機能が社会に存在する様々な感染症のリスクを低減させます。感染症に起因する社会不安が世界を席巻する状況下で、リケンテクノスが事業を通じて社会に貢献していくために大切なことは何か。抗ウイルス・抗菌製品である「リケガード」の開発・販売に携わった3人の本部長が一堂に会し、感染症対策製品を通じた社会課題解決への想いを語りました。
 

 


Blue Challengeレポート(サステナビリティレポート)は以下URLからご覧いただけます。
https://www.rikentechnos.co.jp/csr/report/

さらに、社内でも「Blue Challenge」を浸透させるため、リケンテクノスグループ全社員向けに社員教育用の「Blue Challenge」冊子を配布しています。ステークホルダーの皆様に対し、当社の取り組みをしっかりと答えられるよう社内教育を進めてまいります。第1弾は、海洋プラスチック問題へのリケンテクノスグループの取り組み、そしてSDGsへの取り組みについて紹介しました。

社内用Blue Challenge社内用Blue Challenge

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リケンテクノス株式会社 >
  3. Blue Challenge(ブルーチャレンジ)レポートを発刊しました。