視聴者は全員ゴルファー。ゴルフカートナビを利用した新しい広告媒体「GOL(ゴル)チャン」の運用を開始

株式会社テクノクラフト(本社:新潟県新潟市西蒲区、代表取締役社長:栂坂昌業)は、国内約800コースに導入されているゴルフカートナビ「マーシャルナビ」シリーズを利用し、プレー中のゴルファーへ直接広告を届けることを可能とした広告媒体「GOL(ゴル)チャン」の運用を開始しました。


「GOLチャン(ゴルチャン)」は、国内シェアナンバー1を誇るテクノクラフト社製ゴルフカート専用ナビ「マーシャルナビ」および「マーシャルAi(アイ)」「マーシャルX(エックス)」の端末画面を利用して、プレー中のゴルファーへ向けた広告の配信を可能にするシステムです。
 


GOLチャンの広告再生について
ゴルファーがカートで移動する際、例えばホール間のインターバル等で、広告配信位置にカートが差し掛かったタイミングで広告が再生されます。静止画・動画、両方の広告が配信可能で、カートでの移動距離が長い場所には動画広告、移動距離が比較的短い場所には静止画広告が配信されます。
 

※関連特許申請中


◆セグメントが明確
GOLチャンの特徴の1つとして、セグメントが明確な広告媒体であることが挙げられます。富裕層・役職者が多いといわれているゴルファーをターゲティングした広告を打ち出すには、ベストな広告媒体です。


◆現在のゴルフ市場
日本国内のゴルフ場は、2020年4月現在2155施設。
最も多かった2002年の2460施設に比べると、約300施設が減少しています。
しかしながら、ゴルフ場の来場者数は施設数の減少と比例しておらず、ここ10年はラウンド数がほぼ横ばいとなっています。


コロナ禍以降は ”密にならない安全なスポーツ” として、若い方の来場も増加傾向にあり、経営者や有力者の方が集う場所といった側面も併せ持つゴルフ場は、広告の配信先として、訴求力の高い場所の一つであると言えます。


◆広告収入をゴルフ場へ還元
GOLチャンは、広告配信による収益の一部をゴルフ場へ還元することで、これからのゴルフ場の新しい収入の形として、寄与してまいります。

【株式会社テクノクラフト】
1995年に設立し、GPSやインターネットを利用したアプリケーションやASPサービス、各種コントロール端末の開発・製造・販売をサポートしています。 ゴルフカートナビでは、国内No.1のシェアを誇る『マーシャルナビ』を国内約800のゴルフ場に導入。個人ゴルファー向け事業としては、『Aiキャディ』をはじめとするアプリケーションを提供しています。
テクノクラフトの製品が、ゴルフにおけるさまざまなシーンで、ゴルファーのスコアアップやスキルアップ、仲間や家族とストレスなく楽しめるゴルフ環境をサポートしています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社テクノクラフト >
  3. 視聴者は全員ゴルファー。ゴルフカートナビを利用した新しい広告媒体「GOL(ゴル)チャン」の運用を開始