【商号変更のお知らせ】起業家とともに、社会課題の解決に挑むオプトベンチャーズはBonds Investment Groupへ

スタートアップへの投資活動を実施している、株式会社オプトベンチャーズは(本社:東京都渋谷区、代表取締役 野内 敦)は、2020年7月1日付で商号を「Bonds Investment Group株式会社」(以下「Bonds」)に変更することを、お知らせいたします。商号変更に伴い運用中の1、2号ファンドの名称も変更致します。
<コーポレートロゴ>

Bonds Investment Groupは、2013年よりスタートアップへの投資を行っているベンチャーキャピタルファンドです。これまでに2つのファンド等で、累計140億円を運用し、55社以上のスタートアップ企業への投資を実行、15社以上をイグジットに導いてきました。「IT×産業」をテーマに掲げ、医療・ヘルスケア、建設、不動産、金融、HRなどの各種産業分野において「日本の社会課題解決、社会変革」に挑戦する、IT領域での豊富な事業経験を活かしたハンズオン型ベンチャーキャピタルとして、スタートアップ経営者・企業を引き続き支援しています。


●新社名の由来

商号「Bonds Investment Group」(読み「ボンズ インベストメント グループ」)は、Bondsは絆という意味を持ち、常に起業家に寄り添い、チーム・起業家・投資家 全ステイクホルダーがOne teamのGroupとして、大きな社会課題に挑み、起業家とともに大きな事業を創造するという意味を込めました。

また、新しいロゴでは芯があり、誠実でブレない存在であることを表現しました。シャルル・ド・ゴール空港のサインとして誕生したフルティガーを使用し、遠くからでも視認性が高いのが特徴で、大胆で力強いイメージを強調しました。

 
●リブランディングにあたり強化するポイント

1、社会課題の解決にフォーカス
リブランディングに際し、以下の投資哲学を定めました。

誠実か 大義があるか 創造的か

 当社ではこれまでも「日本の社会課題」を解決するスタートアップへの企業を中心に、投資を行ってきましたが、今後はより一層、社会課題の解決にフォーカスし、投資活動や支援を行ってまいります。

2、ワンチームで社会課題の解決に挑戦
今回のリブランディングに合わせて、コーポレート・ミッションを以下の通り刷新しました。

ミッション
ともに、挑戦する。
ともに、創造する。


当社の投資担当者の多くは、事業創出に携わった経験を持ちます。自らも事業家であるというマインドを持ち、起業家やステークホルダーとともに、ワンチームで社会課題の解決に挑みます。

3 、バディ制で起業家を支援
当社では創業以来、ハンズオンでスタートアップを支援してきましたが、今後は、バディ制(主担当、副担当の2人体制)を敷き、さらに手厚い支援を行ってまいります。


 リブランディングに当たっては、クリエイティブ・ファームのKESIKI(本社:東京都港区、代表パートナー石川俊祐)とともに、上記を議論し、定めました。本日リニューアルしたウェブサイトも公開いたしました。
(https://bonds-ig.com)

なお、7月1日にオフィス移転も実施し更なる飛躍を目指します。
新住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-3-32‐302

【概要】                                      
・社名:Bonds Investment Group株式会社
・ファンド名称:BIG1号投資事業有限責任組合、BIG2号投資事業有限責任組合
・パートナー:野内敦、細野尚孝、日野太樹
・URL:https:// bonds-ig.com

■本件に関するお問い合わせ
 Bonds Investment Group株式会社: info@mg.bonds-ig.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Bonds Investment Group株式会社 >
  3. 【商号変更のお知らせ】起業家とともに、社会課題の解決に挑むオプトベンチャーズはBonds Investment Groupへ