「JAアクセラレータープログラム 第2期」180日間の成果を発表

11月13日よりYouTubeチャンネルで公開

一般社団法人AgVenture Lab(本社:東京都千代田区、代表理事:荻野浩輝、以下:AgVenture Lab)は農業、地域社会が抱える様々な課題解決を目指す「JAアクセラレータープログラム第 2 期」(以下「本プログラム」という。)の成果発表会(デモデイ)を11月12日(木)に、AgVenture Labで開催します。JAグループの資源をスタートアップに提供し事業支援することで、新たなビジネスを共創する本プログラムでは、応募総数161件から採択された企業8社が約6カ月間に亘り、ビジネスプランのブラッシュアップを行いました。
成果発表会(デモデイ)の様子は、11月13日(金)の18時より、AgVenture LabのYouTubeチャンネルで公開いたします。 多くの皆様に成果発表会(デモデイ)をご視聴頂き、スタートアップ企業8社の更なるビジネス発展に繋げたいと考えております。
■  JAアクセラレータープログラムとは
JAグループの資源をスタートアップに提供し事業支援することで、新たなビジネスを共創するプログラム。2 期目の開催となった本プログラムは、前回から引き続き「食と農とくらしのイノベーション」をキーワードに、AgTech、FoodTech、LifeTech、FinTech と関わりのあるビジネスプランを募集し、161件の応募の中から8社のスタートアップ企業が採択されました。

 

 

■  成果発表会(デモデイ)概要
<YouTube公開について>
11月13日(金)18時よりAgVenture Labの YouTubeチャンネルで、成果発表会(デモデイ)の様子を公開( 2020年11月12日(木)にAgVenture Labで実施した様子を配信)します。
アクセスはこちらのQRコードを読み取るか、YouTubeで「アグベンチャーラボ」と検索して下さい。
 

  
<発表企業(※発表順)>
・株式会社シェアグリ / 特定技能人材のスポット派遣で労働力不足を解消
・株式会社トルビズオン / ドローン航行のための上空シェアサービス「sora:share」
・AGRIST株式会社 / 農業の人手不足をAIと収穫ロボットで解決
・テラスマイル株式会社 / スマート農業を見える化し新たな農業経営スタイルを全国に普及
・株式会社グリーンエース / 粉末化技術で野菜不足とフードロスを解決
・株式会社CuboRex / 手押し車の電動化キットで中山間地農業の作業負荷を軽減
・myProduct株式会社 / 地域の体験型観光プランを企画開発し、簡単予約!
・株式会社Agrihub /エンジニア農家発!栽培管理アプリから始まる農業DX

<開催スケジュール>
18:00- 開会の挨拶
18:10- スタートアップ企業8社によるピッチ
19:30- 全体講評
19:50- 閉会の挨拶 

【AgVenture Labとは】 
AgVenture Labは、全国農業協同組合中央会、全国農業協同組合連合会、全国共済農業協同組合連合会、農林中央金庫、一般社団法人家の光協会、株式会社日本農業新聞、全国厚生農業協同組合連合会、株式会社農協観光の共同出資により2019年5月27日に開設されました。 
「次世代に残る農業を育て、地域のくらしに寄り添い、場所や人をつなぐ」をコンセプトとして、AgVenture Labではスタートアップ企業やパートナー企業、大学、行政等と協創し、様々な知見やテクノロジーを活用しながら、新たな事業創出、サービス開発、地域課題の解消を目指しており、JAグループではAgVenture Labでの活動を通じて外部企業との連携を強化し、第一次産業や地方が抱える社会的課題の解決につながるような新たな価値を創出に積極的に挑戦しております。 

≪AgVenture Labの取り組み(イメージ)≫ 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人AgVenture Lab >
  3. 「JAアクセラレータープログラム 第2期」180日間の成果を発表