~今年は京都の伝統を映像でつなぐ。京都の地元企業14社による京都応援企画~京都駅の大型サイネージで京都四大行事を放映。

8月17日から放映開始

京都駅ビル開発株式会社と株式会社JR西日本コミュニケーションズでは、京都駅の大型サイネージで京都四大行事の映像を放映。京都の文化の継承に資するとともに京都の人々の気持ちを応援します。
1.目的 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、京都を代表する行事である葵祭、祇園祭、五山の送り
  火、時代祭の京都四大行事がいつものかたちでは行われません。今年は、映像で京都の伝統をつなぐ想いを
  こめて、京都の地元企業14社により、京都四大行事の映像を京都駅の大型デジタルサイネージで放映する
  京都応援企画を実施。京都の文化の継承に資するとともに京都の人々の気持ちを応援します。
2.テーマ

3.放映期間 地元企業版 2020年8月17日(月)~ 2020年9月30日(水)(予定)
 ​(応援企画としては 2020年7月6日(月)~約3ヵ月間放映、ただし一部期間を除く)
4.放映時間 30秒×約200回/日(6:00~24:00)
5.放映箇所・サイズ

6.参加企業(50音順)
  小川珈琲株式会社 京セラ株式会社 京都信用金庫 京都中央信用金庫 株式会社島津製作所
  株式会社GSユアサ 第一工業製薬株式会社 株式会社トーセ TOWA株式会社 
  株式会社ニッセン 株式会社村田製作所 ローム株式会社 吉忠株式会社
  ワタキューセイモア株式会社


​8月17日から放映 京都四大行事 地元企業版

(参考資料)京都プレミアムvision









 

 

 

 

 

 

 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JR西日本コミュニケーションズ >
  3. ~今年は京都の伝統を映像でつなぐ。京都の地元企業14社による京都応援企画~京都駅の大型サイネージで京都四大行事を放映。